銀座カレーのばかうけと辛シビラーメン

鬼金棒のカップラーメンと、鬼金棒をパクったカップラーメンがあると言うことを聞いて、コンビニに行った。残念ながら鬼金棒のカップラーメンは手に入らなかったが、パクリの方は売っていたので買ってきた。
しかし今頃うる星やつらですか(笑)。まぁ、いいけど。

で、食べてみた。
カラシビの部分はよく出来てると思うが、残念ながら味噌ラーメンの風味とコクが死んでいて、まったくダメであった(笑)。

1603139089 1603139083 1603139088 1603139092 1603139094 1603139099 1603139096 1603139102

こちらは薬局で発見した銀座カレー風味のばかうけ。銀座カレーと他のカレーとの味の差は出せるのかと思って食べてみたら、なるほど、確かにコクと言うかなんというか、もや~っとしたカレー味のついたばかうけだった(笑)。カレー!って感じじゃなくて、カレーがあとから柔らかく来る感じ?

1603139105 1603139107

鬼金棒

神田の味噌ラーメン屋、鬼金棒へ。日記に書くたびに言ってるけど、ここでしか食べられない味噌ラーメン。でも、池袋店が出来るらしい。
ここはメニューは一種類しかないと言っても過言ではない。
あとは、唐辛子と山椒をどれくらい入れるかである。
が、これが全部違うメニューくらい味が変わるので、辛いのが得意な人でも、辛いのだけ頼まずに一番辛くないものも頼んでみるべし。

ボクはチャーシューを入れてるんだけど、チャーシューが甘辛いので、少々辛くしても大丈夫だ。あと辛くてご飯も進む(ぁ

アルファードの写真は、Docomo の車。測定中ってことは、電波を測ってるのかなぁ? それにしてもアルファードである必要があるのか!? こんなところにお金を使ってどうするんだ!? とか思いつつ、なんでアルファードにしたのか気になるw

1409053133 1409053126 1409053131
1409053125

鬼金棒

今日はニコ動の放送があった。で、だいたいニコ動のある日は、鬼金棒のラーメンを食べに行くことが多く、今日も鬼金棒に。いつもの通り鬼増・シビ増しを注文したのだが、一緒に行った人で食べきれなかった人がいて、その人は逆に鬼とシビを一番抑えたヤツを頼んでたのね。
で、その人のを半分もらったんだけど、アレだね、味噌の風味がすごくして、これはこれで美味しかった。鬼金棒ってどうしても辛いの(唐辛子)と痺れ(山椒)に舌がもっていかれがちだけど、下地はちゃんと出汁のしみた味噌ラーメンなんだよなぁ、と改めて思った。
今度はわざと辛さとしびれを抑えたものを頼んでみようかなぁ。

1407182345 1407182346

鬼金棒と圏央道

前日がニコ生で、それが朝まで続き、朝に仮眠を取った。
そしてお昼頃起きて、ご飯を食べに行く。お店は「鬼金棒」。味噌ラーメン屋なんだけど、唐辛子と山椒を使った独特な味に仕上がっている店だ。辛いものが苦手な人でもやみつきになってしまうと言う不思議なラーメンである(現に一緒に行った人は、辛いモノが苦手である)。

今回は普通を頼む。前回、一番辛くて一番痺れるヤツを頼んだのだが(唐辛子と山椒の量を調節できる。唐辛子が「辛」、山椒が「痺」と言われている)、スープはまったく飲めなかったからなぁ……。そして普通だと、やっぱり物足りなかった。
ボクは今のところ、増し・増しがいいのかなぁ……。
1406282178 1406282182

それから帰路につき、ディーラでオイル交換をしてもらう。
そして、今日開通したばかりの圏央道へ向かう。念願の中央道と東名がつながったのだ。ボクは西東京市という東京の北の方に住んでおり、東名高速に乗るのが凄い大変なのだ。中央道もそれなりに大変だったのだが、今では R20  に直でつながる道路が出来たので、中央道はかなり楽になった(それでも渋滞するので、時間はかかるが。下の動画では、実際に自宅近くから中央道に乗るまでも納められており、実際に渋滞しているのが解る)。

動画は自宅近くから中央道→圏央道→東名高速→海老名 S.A. までを録画してある。
中央道に乗るのは、39’23” から、圏央道に乗るのは 58’54” である。つまり半分以上が、中央道に乗るまでの下道である(汗)。高速に乗るのに 40 分もかかってるんだから、困ったものである。

(MP4 / 720p / 30fps / 8Mbps / 1:19’46” / 4.52GiB / iPhone 4S)

鬼金棒の鬼辛・鬼シビ

なんだかんだで、食い物の話題が続きます。
ここでしか食べられない不思議な味噌ラーメン屋「鬼金棒」に行ってきた。読みは「きかんぼう」。
今回は一大決心をしてやってきた。それは「鬼辛」「鬼シビ」を頼むというものだ。それぞれ 100 円かかる。
店員には 2 度注意された。本当に大丈夫か、と。
がんばりますと答えて注文。

さて、結果だが、食えなくはない。しかしこの辛さを楽しむ余裕は、ボクにはなかった。
悔しい!
これが 20 代だったら、たぶん平気でうまいっていって食べただろうなぁ……。
写真見ると解ると思うけど、とにかく山椒の量が半端ない。写真にある、ラーメンにかかっている粉状のものがすべて唐辛子と山椒である。で、口の中の感覚が麻痺するんだけど、それでも痛みはがんがんやってくるので、結局スープは飲めず。中の具は完食出来た。ボクにとっては鬼金棒の味を楽しむには、一段階下じゃないとダメなようだ。
130928DSCF5550

鬼金棒(神田のラーメン屋

あの憧れの鬼金棒に行ってきた! やっといけた~~~~。「鬼金棒」と書いて「きかんぼう」と読む。味噌ラーメン専門店で、基本的に辛いラーメン。とはいえ山椒の量も指定出来、辛いながらもすーっとする冷たい辛さもある(お店では「シビレ」と呼んでいる)、ここでしか食べられない不思議な味のラーメン。
ここはお昼時間を過ぎても並んでいるくらいの人気店。なんだけど、16 時頃行ったらボクらしかいなかった。おおお、この時間帯が狙い目なんだなぁ。ちなみに過去の記事はこちら

店に入ると、いつも置いている金棒がなかった。
辛みと痺れは「増し」を選択。
いやー、うまい。ちゃんと味噌と出汁の味もしつつ、唐辛子の辛みと山椒の辛みがくるんだよね。うまく他に例えようがないのだけど……ただスープを全部飲む勇気はなかったなぁ。もっとも最近ラーメンのスープはなるべく残すようにはしてるんだけどね。
一緒に行った知人が「カラシビ スパイス」を買っていた。これがあれば、自分で作ったラーメンも鬼金棒味に!?
1307050718 1307050719