ビックカメラに妹が売ってないと iPad の動画がずれる

メイドカフェができたように、メイド電気屋とかあっていいと思うんだ。さらにそれを発展して、妹電気屋とかいいと思うんだ。っていう、素晴らしい発想。客は妹の言うことなら何でも聞いてくれるから、売上げも伸びるはず!

キリスト教会の日曜礼拝を録画して、それを YouTube にアップするという作業を請け負っているのだけど、牧師の説教というのがだいたい 60 ~ 70 分くらいある。録画には iPhone を使っているのだが、この録画データを Premiere で読み込ませると音声と映像が時間と共にズレていくという現象に、ずっと悩まされている。
Premiere のバージョンは CC 2016、なんだけど iPhone を 7 にしたら、ズレは起きなくなった。

ところがボクが教会に出られてる日は iPhone 7 で録画できるので問題はないのだが、行けなかった場合は他の誰かが録画することになり、録画する機械は異なる。今回は iPad(世代不明)で録画されたデータだった。

持ち主に型番を教えてもらって調べてもらった所、世代的には iPhone 6 と同じことが解った。と言うわけで、前から書いてはいるが、やはり Premiere が悪いのではなく、iPhone 側のデータに問題があるのではないかという思いを強くした。

この現象で悩んでる人、他にいないのかなぁ??

iPhone でエロゲをプレイする

まぁ、表題の通りなんだけど。
事の発端は、1/2 summer をプレイした方が、PSP で出した 1/2 summer+ を高解像度でプレイできないかという質問だった。ボクの手元には 1/2 summer+ の開発環境がそっくりあるのだけど、これは PSP として作られたものではなく、PC として作られている。
これを移植会社さんが PSP で動くようにして 1/2 summer+ 発売されたのだ。

つまり 1/2 summer+ は PC 版も存在していることになる。

じゃぁ PC 版も出せばいいのにと考える人もいるかもしれないが、そもそも需要があるのか解らない上に、越えなければならないハードル(声優の二次使用料など)がいくつかあるため、コレはこのままお蔵入りになると思われる。

さて、それでなんで iPhone でエロゲをプレイする話になるのかというと、このユーザさんに PC 版 1/2 summer+ をプレイしてもらうには、ボクと友達になって、たまたまボクん家に来て、ボクの PC でプレイするってのがグレーゾーンだなぁって思ったんだけど、その考えをさらに発展させて仮想マシン上に 1/2 summer+ をインストールし、それを遠隔でプレイする(データは全く持ち出さずにプレイしてもらう)という方法があるなと思いついたのである。

まぁこれでもスクリーン ショットはとれちゃうんだけどね~。

でもネットでアクセスする以上、その仮想マシンはネットに出られてしまうのでは? そうなったら、1/2 summer+ のソフト自体をどこかにアップロードできてしまうのではと懸念する人もいるだろう。そこは Windows、ネットカフェでも利用されているとおり、様々なアクセス権をユーザごとに設定することができる。
通信関係は RDP と呼ばれる遠隔操作のための通信しか通さない設計にし、さらに管理者権限を与えないということで、コレを実現した。

こうして「ボクん家に来てゲームで遊ぶ」というのを世界全体に広げた環境ができあがった(爆)。要するに Playstation や XBOX でやってるリモートプレイというヤツだ。

でね、ということはさ、RDP さえ使えればどこからでも Windows のゲームが遊べるんじゃないかってことで iPhone でつないでみた。iPhone にも Android にも Windows をリモートで操作するアプリが存在するのだ。

Timepiece Ensemble も入れて動かしてみた。バッチリ動く。
ただし、動作はかなりもっさり。原因は通信環境かと推測はされるものの、WiFi 環境でもわりともっさり。同じ WiFi 環境でも PC からつなぐと普通にプレイできるので、やっぱり iPhone の問題かなぁ。
ただ仮想マシンを動かしているサーバにも問題がある。なにせ 6 年前のサーバに無理矢理 Windows 8.1 をインストールしているものだから、そもそもサクサクとは動かない(汗)。
あと Direct X べったりなゲームとかは無理そう。

今発売されている Windows 10 ベースの Wiondows Server では XBOX のリモートプレイとかもできるようになっていて、ビデオカードをちゃんと使ってリモートでゲームをプレイすることが可能になっているらしい。さっさとサーバを新しくせねば……。

ThinkPad X200 に Creators Update を適用してみる

Windows 10 の話。
その昔どこでも開発ができるように持っていたノート PC、ThinkPad X200 が今は枕元にたてかけてあって、寝る前とかに動画見たりするのに使っている。2008 年発売なのですでに 9 年が経過した機械なのだが、スペックは開発に使っていただけあって負けてない。メモリは 8GB だし SSD には 512GB を積んでいる。
今でも枕元で使う分には特に困ったことはないのだが、さすがに無線 LAN が遅い。54Mbps までしか出ないからなぁ……。iPhone の方が速い。

で、Windows 10 の大型アップデート Creators Update をこの老体に入れてやろうっていう話。まぁこの日記ではある意味定番のネタかもしれない。

今までの経験上、バージョンが上がるにつれてアップデートの不具合は減ってきている。ただ、X200 がそもそも正式に Windows 10 に対応しているわけではないので、特にドライバ周りは不安を抱えたままだ。その中でも無線 LAN は不安定で、スリープや休止状態から復帰すると使えなくなることがあるという現象に悩まされている(一度無効にして有効にすると使えるようになる)。これは Windows 10 にしたときから起きており、原因はドライバが休止やスリープに対応していないわけだが(おそらくドライバがハングアップしている)、そもそも無線 LAN のチップ(おそらく Intel の 5100 か 5300)が Windows 10 には対応してないことが原因だと思われる(Windows 7 時代のドライバを無理矢理入れている)。

さて、Creators Update へのアップデート自体は簡単で、でてきたダイアログに OK と押すだけである。あとは放置。なのでアップデートにどれくらいの時間がかかったのかは測ってない(汗)。

気がつくと拍子抜けするくらいに、何事もなく終わってた。
ただ X200 では以下の二つは必ずやり直さなければならない。

  • 指紋認証の再設定
    コントロールパネルから指紋認証を呼び出して、再設定する。と言っても、指紋を登録し直す必要は無く、ログオンとして指紋認証を使うようにするだけである。
  • トラックポイントのドライバを指定し直す
    何もしなくても動きはするのだが、新しい Windows の UI や Edge ではスクロール機能が動作しないので、ドライバを指定し直す。

これで何もかも元通り。
しかし Creators Update は、今までに較べて重い事が解った。どの辺が重いかというと、まず起動とログイン。起動時間が数秒延びたほか、ログイン画面が出るまでにも時間がかかるようになった。前のバージョンでは画面が切り替わって Windows 10 の背景が表示されたと同時にログインもできたのだが、Creators Update では背景が表示されたあともしばらく砂時計状態になっていて、すぐにログオンすることができない。これは休止やスリープから復帰したときも同様である。休止やスリープからの復帰では、画面がついた瞬間にもうログオン画面だったのだが、Creators Update ではしばし待たされる。

良いこともある。これはただの偶然というか、おそらく Creators Update のドライバの扱いがより安定したからだとは思うのだが、無線 LAN が使えなくなるという現象が出なくなった。今この日記を書いているのは 10/12 なのだが、4 月から今まで一度も発生していない。
有難い限りである。

まぁ、雑談よね

ボクは一太郎Atok を 2 年ごとにバージョンアップしてるんだけど、そういえば今年はバージョンアップの年だ! ってのを思い出して、バージョンアップした。
その時は Atok2015 と色々変わった所とかに気付いたので、日記のネタにしようなんて思ってたんだけど、半年以上経った今、もう何も憶えてない。Atok2015 の環境もないので、何が違うのか今から見つけることもできない。

一太郎は個人的に嫌なバグがあったんだけど、それが治っているかも検証してないや(ぁ

駅とかサービスエリアの洗面台に備え付けてある液体石鹸。あいつすげー泡立ち悪くてイライラして、つい何回もプッシュして使ってしまうのだけど、最近ようやくアイツは手を濡らす前に使うモノだってことに気付いた。

つまりアイツを掌に垂らし、まずそれで手を洗うのだ。洗い終わったら、水で流せば良いのである。あの石鹸はすでに水と混ざった状態なワケだ。

知らなかったのボクだけ!?

そうなのよ! かわいかったのよ!
で思ったんだけど、車掌や駅員さんがメイドとかいいじゃない! どこかやって!

まぁ、もうゲームじゃないんだし、なんて言うんだろね、テキスト エディタみたいな感じでメッセージは自由に見られていいんじゃないかね、っていう。忙しい人向け(ぇー

Timepiece EnsembleVita 版が発売されたんだけど、それにバグがあったって話。Vita 版をどうやって作ったのかボクは関わってないので解らないのだけど、1/2 summer+ と同じ作り方だとすると、そのバグは PC 版でも出るんじゃないかと思ってチェックしたら、新しいバグを見つけてしまった……orz
これは当然 Vita 版でも発生する。あ~も~。

Timepiece Ensemble は表情も直したいところいっぱいあるんだよねー。
そのセリフで何でその表情? みたいな……。

Aipo と PC & モバイル環境

Aipo っていうグループウェアがある。
で、これをボクは一人で使っている(笑)。
備忘録とかスケジュールとかを前はテキスト エディタでメモってたんだけど、今ボクの情報端末環境がけっこう変わったって言うか無節操って言うか、なんていうか、場所によって色々機器が変わるので、スケジュールの確認等をすべて Web 上でやる必要が出てきた。
ちなみにボクを取り巻く情報端末は以下の通り。

  • 自宅開発機(Windows 10)
  • 会社開発機(Windows 10)
  • ゴロ寝用 ThinkPad X200(Windows 10)
  • いつも持ち歩いている iPhone 6(iOS)
  • いつも持ち歩いている VAIO Duo 11(Windows 10)
  • 自室以外で使ってる ASUS Vivo Tab Note 8(Windows 10)

外出先での打ち合わせなどは主に VAIO Duo 11。VAIO を持ち出すのを忘れた場合 iPhone でメモを取っている。
会社では会社の開発機でメモを取る。
わりと複雑なのが自宅で、自分のデスクに座っているときは自宅開発機、ベッドとか床でゴロゴロしている時は ThinkPad X200、自分以外の部屋にいるときは ASUS の Vivo Tab Note 8 を持ち歩いているというような状況である。

これら 6 つの機械から、スケジュールやらメモやら ToDo やらをすべてテキスト エディタでやってて、自宅サーバにあるメモ ファイルを入れるフォルダにどんどん入れてた。けどね、これ、あとで見返さないのよねww メモ取ったっきり。で、〆切とかやることとか忘れることが多かった。

ので、ボク一人しか使わないけど Aipo を入れているのだが、それが 7.0.1 だったので 8.1.1 にアップグレードした。といってもこれは簡単で、EXE を叩くだけである。そうすると勝手にアップグレードしてくれる。

次に SSL である。ウチはオレオレ証明書で運用しているのだが、自分で使う機械にはウチのサーバの認証局を信用する認証局として登録してあるので、ブラウザなどでエラーが出ることはない。しかし、Aipo の SSL は独自設定のため、アクセスするたびに「信頼できない証明書」って表示されていた。この Aipo 独自の証明書をウチのサーバの認証局で認証するようにした。
これは Aipo に入っている Keystore というコマンドラインを使って csr ファイルを作成し、そいつをウチのサーバの認証局で認証させるという方法でできた。
こんな感じで今はメモやスケジュール、ToDo なんかを全部 Aipo に任せて、どの端末からでも参照できるようにした。

Sakura エディタから秀丸に戻した…(汗

以前、秀丸エディタからサクラエディタに移行したと日記に書いた
その理由は、当時出向していて、シェアウェアが使えない状況だったからだ。今まで秀丸で作った様々なマクロもサクラエディタ用に作り直したりしていたのだが、ボクにはどうしてもサクラエディタに馴染めない部分があった。

それが、文字列検索である。秀丸に慣れてしまうと検索ダイアログを表示した状態でもキーボードのショートカットキーが効いたのだが、サクラエディタはそれができない。で、これができないと何が困るかというと、上から下に検索する分にはそのまま Enter キーを押せば検索してくれるのだが、上に向かって検索をかけたい場合、秀丸だと Shift + F3 で実行してくれるのだが、サクラエディタの場合はキーが使えないのでダイアログで検索方向を指定してから Enter を押すか、いったん Enter を押して下方向へ検索をかけてダイアログを消してから Shift +F3 で上方向へ検索しなければならない。

これがもー、面倒で面倒で。
まぁ他にも改行を含む検索で秀丸と大きな違いがあるというのも大きいが……。

そんなわけで、結局また秀丸エディタに戻してしまった(汗)。
まぁまた出向案件とかでシェアウェアが使えないような状況になったら、考えよう。

パンチョ

秋葉で買い物をしたので、お昼にパンチョに寄った。
ナポリタン専門店。

とはいえ、色んなナポリタンがある。カレーとかホワイトとか辛いのとか。あとトッピングが色々。ベーコン、ハンバーグ、目玉焼きなどなど。そして 600g までは追加料金ナシ。

というわけで、全部乗せの 600g を頼む(ぁ
味は辛いヤツ。

600g もあると飽きるかなーと思ったんだけど、トッピングがたくさん載っているのと、辛いヤツのおかげで飽きずに最後まで食べられた。パルメザンチーズもかけまくったし。ただ全部乗せは非常に食べにくい。具を一時的に避けておくスペースが必要だ。
まぁでも腹一杯食えたので良しとしよう。

しかしこの店、並ぶほど人気だ。解せぬww

1610271933 1610271936 1610271937

ところで秋葉原へはいろいろ消耗品とか小物を買いに行ったんだけど、実はビデオカードを新調したくて、ビデオカードの値段も調べてきた。欲しいのは GeForce GTX 1060 というチップを使ったビデオカードが欲しい。チップとしては最新の世代のものだ。予算は 3 万円くらい。
で、GeForce GTX 980 という世代としては一つ前になってしまうが、最上級のチップが今 3 万円くらいなんだよね。
ベンチマーク見ると、性能はほぼ拮抗。どっちを買ってもイイ感じだ。

なおビデオカードの使い道だが、3D ゲームではなく、ビデオのエンコードだ。
今、720×480 ドットの H.265 の圧縮に実時間の 83% かかっている。つまり 120 分の動画の圧縮に 100 分くらいかかる感じだ。しかし僕がメインで使いたい画素数は 1920×1080 ドットである。さらに今後 4K(3840×2160 ドット)も見え始めている。
となると、今のマシンでは全然計算力が足りないのだ。できれば 1920×1080 を実時間ぐらいで圧縮したい(2 時間の動画を 2 時間でエンコードする)。

まぁそれがビデオカードを買い換えただけで実現できるかどうかは解らんのだけどね……。
マシンごと買い換えないとダメかなぁ……。