大型アップデートがだんだんこなれてきた件

Fall Creatros Update がリリースされたのでアップデートした。
なんの話かというと、Windows 10 の定期大型アップデートである。一年に二回ある。
昔は大型アップデートのたびにいろいろ問題がおきたりしてたけど、今回はあっさりとアップデート出来てしまった。しかも、前まで初期化されてしまっていた設定もちゃんと残っていた。
回を追うごとに、確実に大型アップデートそのものも経験値を積んできているようだ。
過去の大型アップデートに関する日記は以下の通り。

今回のアップデートはかなり色々なものが改善された、Bluetooth の不具合やタッチパネルが動かなくなってしまった ASUS のタブレットが直ったり。一番大きいのは Edge の速度が格段に上がったことだ。特に新しいタブを開くとき、すごい時間がかかっていたのだが、一瞬で開くようになった
しかし Edge ではボク的に改悪されてしまったこともあった。

インターネットでの住所に相当する部分を URL と言うのだが、ここに最近は日本語を使うようになった。ウチのサイトでもそうである。「http://amatsukami.jp/tag/秋葉原/」なんてアドレスがあるのだが、この「秋葉原」の部分を URL の一部だと処理するアプリがまだまだ少ないのだ。だから「http://amatsukami.jp/tag/秋葉原/」っていうアドレスを Twitter に貼り付けても、「http://amatsukami.jp/tag/」までしか認識してくれないのである。通常のアプリで反応させるには、「http://amatsukami.jp/tag/%e7%a7%8b%e8%91%89%e5%8e%9f/」としてあげないといけない(この%で始まる変な文字列を、パーセントエンコードという)。
今まで Edge は自動的にそうしてくれていたのだが、Fall Creators Update からしなくなってしまった……orz 不便だよー。

下の写真は多奈可家のもりそばと他人丼(開花丼)。僕の中での定番メニュー。

自宅で使っているディスプレイと同型の新品が手に入る

9/30 に机の上に乗るくらいサイズのメタルラックを買い、デスクの半分を占有している MIDI 機器をメタルラックの上に乗せて、その下にディスプレイを置こうと画策した。ディスプレイは以前知人に貸していたもので、引っ越しの時に壊してしまったヤツがずっとダンボール箱にしまわれておいてあった。NEC の LCD-PA241W というヤツだ。
知人から返してもらった時、ボクは忙しかっただかなんだかでちゃんと内容も確認せずに、箱にしまわれた状態でそのまましまいっぱなしになっていた。どうせスタンドが壊れたとか、なんかそんなにひどいことにはなってないだろうなんて高をくくっていたのだが、開封してみたら、あらあらこれはボクでは直せないwww


(MP4 / 1080p / 24Mbps / 00’37” / 107MiB / iPhone 7)

ちあらさんがところどころ緑色に……。しかもこのディスプレイ、スタンドの高さ調節をする金具が完全にぶっ壊れていた。ロックを解除せずにムリヤリ高さを一番低くしてしまったのが一発で解る。もう高さ調節機構はロック機構を噛んでしまってピクリとも動かない。しまったなぁ、返してもらった時にすぐに見ればよかった。壊れたのが運送屋の所為だというのがすぐに解る壊れ方だから、弁償を請求できた可能性が高い。まぁ、後悔先に立たず。

でね、もうディスプレイ置く気満々になってしまったわけですよ。いっそのこと 4K でも買ってやろうかと思うのだが、ボクが欲しいディスプレイは 10 万くらいする(ちなみに壊れたのは買った当時で 6 万くらいだったかなぁ?)。
とりあえず手っ取り早く WUXGA の映像用のディスプレイって手に入らないだろうか……などと思っていたら、ボクがメインで使っている NEC の 2490WUXi の未開封品が 18,000 円でじゃんぱらで売っているのを見つけた。
新品で未開封ということは在庫がそのまま残ったか、もしくはドット欠け保証で戻されたものだと推察される(ドット欠けで戻されたものはは未開封ではない?)。まぁでも元々 18 万円もするディスプレイだ。それの新品が 1/10 で手に入るならというわけで買ってみた。

本当に新品だった。そして映りも問題ないしドット欠けもなし。色も同じにできるかなと思ったんだけど、やっぱり今まで使ってきた方がかなりヘタれていて同じ設定しにても古い方がけっこう暗かった。経年劣化はどうしようもない。それでも色々調節して、だいたい同じ色にすることができたので良しとしよう。というわけで、偶然にも自宅は同じディスプレイが二枚となった。ちなみに会社では自宅のヤツの後継である 2490WUXi2 を使っている。

下の写真は磯丸水産のマグロ刺身定食。この店は手頃な値段でそこそこの刺身が食えると思う。1000 円行かないし。しかもうどんや揚げ物も付いてるしって思ったけど、これらを付けることによって逆に安く済ませてるんだろうなとも思う。同じ分、刺身を用意したらもっと高くなるんだろう。

9 月の燃費、まとめ

今月の燃費は 9/1 が飛び抜けているが、これは和歌山からの帰りの高速での移動が含まれているためである。それ以外は基本、都内移動であり、燃費はひどいものである。でもまぁ、こんなもんかとも思う。

ガソリン代は 9/28 にドンと値上がっているのが気になる。10 月はこの値段を引き継いでいるのだろうか?

車種:トヨタ エスティマ アエラス 3.5L 2WD(Estima GSR50W)
Date 走行距離(km) 給油量(L) 単価(\) 燃費(km/L) メーカー 給油地
9/01 652.5 58.14 134 11.223 昭和シェル 東京都練馬区高野台
9/11 405.6 56.99 133 7.117 ENEOS 東京都杉並区井草
9/23 626.3 14.93 134 7.128 ESSO 東京都杉並区井草
9/26 15.15 132 ESSO
9/28 56.69 138 ESSO
まとめ 1684.4 201.9 134.2 8.342 —- —-

ボクの自宅のデスクにはディスプレイと MIDI 関連の機械が置いてある(シンセサイザーとか)。このおかげで長いことデュアル ディスプレイができないでいた。一応、1920×1200 の Android 端末でデュアル ディスプレイを実現しているが、ふとウチには壊れた NEC のディスプレイがあるなぁと言うことを思い出し、机の上に乗るくらいの大きさのアルミラックを買ってきた。
ここに MIDI 機器を全て収納し、その下にディスプレイを置けるなと思ったのである。

しかし、その作業は非常に大変であった。電源ケーブルを全て抜いて整理し、さらにつなぎ変えて行くという作業をしていたのだが、なんだかんだで 4 時間もかかった……orz
しかも途中で AC アダプタが、どれがどのアダプタなのか解らなくなり……正しく使われているか自信がない。まぁ、とりあえず動いているからいいか……??」<ヲイ

壊れた NEC のディスプレイの話はまた別の日に。

HERMES E2

渋谷の出向から戻ってきてから、ずっと使わないでいたキーボードの Enter キーがおかしかった。押しても反応しないことがあるのだ。それでもなんか時々だしいいかなぁなんて思って使ってたんだけど、いい加減ダメになってきたので新調することにした。
ボクはメカニカル キーボードじゃないとダメな人で、伝統的に FILCO を使ってきた。自宅も FILCO のキーボードである。ちなみにテンキーはない(と言うか不要)。で、ゲーム用キーボードというのを買ってみた。青軸らしい。ちなみにこの軸による差異は、実はボクはそんなに気にならないという……<なんだよ

使ってみた感想は、音がチャチい(ぉ
すごく軽い音。これは青軸だからなのか、それともこのキーボードからなのかは、解らなかった。が、とりあえず反応速度は問題なし。てきとーにどばーっと入力してもおかしなことにはならなかった(ボクのキータイプはトタン屋根の上に豪雨は降ってきたかのような音がするらしい)。

伊集院のラジオで聞いた話。国税局も風俗店の調査とかするんだ? ああいうところってみんな税金払ってないのかと思った。もしちゃんと税金払ってるなら、もうちょっと尊敬されてもいい仕事だと思うんだけどなぁ<そういう問題か?

下の写真はわかきのステーキ。安くて大きい、赤身中心のステーキ。うまいわ~

クラウドとアフターピル

最近のコンピュータ(PC やスマートフォンを含む様々なコンピュータ)はクラウドなしではなり立たなくなりつつある。もちろんスタンドアロンでも使えないことはないのだが、ネットワークがここまで普及した今、膨大な容量と計算力を持つクラウドの力を借りない手はない。

とはいえずっと昔から自分専用のサーバを運用してきた者にとっては、このクラウド対応が非常に問題になることも多い。特に 2000 年はじめの方からサーバを持っていた人間からすると、情報の集約(どの端末、どの場所に居ても同じ情報がとれる)や、データをネットワーク上に預けておいて端末にはデータを持たせないといったことはとっくの疾うに実現していることで有り、今更クラウド上の容量とか提供されても困る。
しかしクラウドを提供するソフトウェアは OS と綿密に絡み合っているのでとても便利だし、シームレスにつながっっていたりするので、この機能を自分のサーバとやりとりできたらなぁと思うのだが、これらのソフトはクラウドを提供する会社のサーバにしかアクセス出来ない。ユーザのデータはクラウドを提供する側にとっても財産なので、別のサーバも使えますよとはやってくれないのだ。
仕方がないので既存のテクノロジを使ってやりとりするしかない。まぁ別にいいっちゃぁいいんだけど。

ただこうやってサーバを自前で持っておくのも、いずれはできなくなるだろうと思っている。
と言うのも、先ほども書いた「膨大な計算力」という部分に関しては個人の力ではどうしようもないからだ。さらに「情報収集力」や「企業間のデータ コネクション」もクラウドの大きなアドバンテージとなる。
膨大な計算力が必要なことって個人利用ではないのではと思うかもしれないが、AI がどんどん身近になりつつある。AI を使おうと思ったらクラウドの力に頼らざるを得ないだろう。
情報収集力とはビッグデータなどを筆頭とするサーバが収集する様々なデータである。これらのデータは未来予測や過去の統計などに使われ、クラウドを運用する上でも重要なデータとなる。またもしこれらのデータが個人で使えたとしたら、そこから何かを導き出したり、未来を予測したり、不測の事態に備えたりなんてことも可能だ。しかしもちろん、これらは個人では集めることのできないデータだ。
そして様々な企業が持つ様々なデータを相互接続して活用する(例えば Google Map とか)ことも個人ではできない。

そんなわけでボクもいつかはクラウドに依存していくんだろうなぁ、と漠然と思ってる。
ただ AI なんかは今後、ワンチップでも実現していくかもしれないから、そっちは自前のサーバに装備なんてこともできるかもしれない。

ちなみにちょっと amatsukami.jp の歴史を調べてみたが、amatsukami.jp の運用は 2001 年 7 月からであった。それ以前は別のドメインを間借りして運用されていたのだが、いつからかは記録が見つからなかった。

アフターピルって便利じゃんって漠然とだけど思ってたけど、それを薬局で買える医薬品レベルにまで解禁すると、それはそれで色々な問題があるのねっていう話。

ただこれに関しては男性用ピルとかどうなんだろうね。そっちの開発もあっていいと思うが……。

戻ってきて早々、OS を飛ばす

今日から浅草橋勤務に戻った。ほぼ 7 ヶ月ぶりに、開発機の電源を入れる。
ただいまと挨拶しつつ、Windows Update をかます。
長い長い Update の後、再起動を求められたので再起動する。
その後、「更新しています、電源を切らないでください」の表示が出たあと、ずっとこのまま。
HDD のランプを見るが、どうも光っているようには見えない。
んー? 飛んだか?

まぁ、もうしばらく待ってみよう。
と、iPhone でニュース記事なんかを横断しながら待つ。
どれくらい待ったかサッパリ解らないが、ふと画面を見ると、まだ同じ画面のまま。

ありゃー、こりゃやっぱり飛んだか……。しかしこの状態で飛ぶのはヤな感じだなぁ。
もー、なんて思いながらリセットボタンを押す。

Windows が起動しなくなったwwww

OS のしかもわりと大事な箇所を更新中だったっぽい。
というわけで、OS 入れ直し(ぁ

まぁいいのだ、この開発機は Windows 7 → Windows 8 → Windows 8.1 → Windows 10 とアップグレードして使ってきた機械だから、Windows 10 をクリーンインストールしないとなぁとは思っていた。とはいうものの、やはりめんどうくさい(ぁ

そんなわけで、入れ直したよ!
OS なんてのは、入れ直すのなんてすぐなんだよね。問題はここから。
元の使っていた状態に戻すのが大変……orz
あぁもう。

浅草橋復帰最初に食いにいったのは、かつお拳であった。
ここでガツンと一発、醤油のパンチをいただいて仕事に気合い入れるぞ、みたいな。
いや、別に深い意味はないけど。次の仕事も決まってないし(ぁ

頭の悪い IME を使っていると、自宅 PC の IME も頭が悪くなる

今の出向先の開発マシンは管理者権限をもらえない。そのおかげで僕が普段使っている様々なツールが使えないでいるのだが、その中の一つに Atok がインストール出来ないという問題がある。ボクは Atok をすでに 20 年以上使っており、その辞書も同じく 20 年以上かかって培われてきた。なのでボクの文章入力に関する様々なクセが記憶されている。

しかし、出向先では MS-IME を使わなければならない。まぁそれはべつによかったんだけど、意外な問題が浮上したのだ。

IME は Atok に較べると、ちょっとお馬鹿だ。それも別に運用でカバーできるのだが、この運用がくせ者だった。ボクは Atok では自動連文節変換という設定にしているものだから、そもそも変換キーというのを押さない。ドバーッと入力して、あとは Atok が勝手に変換するのに任せている。ある程度文章を入力すると、前の方が確定し始めるのでその時に誤変換がないか見ながら文章を入力していくのである。

なのでボクの文章というのは非常に誤字脱字が多い<ヲイ
ボクの文章はそのまま Atok の精度と言って良い。

ところが MS-IME はお馬鹿なのでこの技が使えない。どういうことかというと、上と同じやり方で入力すると変換ミスが多すぎてイチイチ直さないといけないのだ。なので最初の 1 ~ 2 ヶ月目でこの入力方法はあきらめて、ほとんど文節変換に近い形で入力していた。

するとどうだろう、家に戻ってもつい文節変換をしてしまうのだ。
そのおかげで Atok にも変なクセが付いてしまい、変な学習がなされてしまった。一連の長い文章として変換するとおかしなことになるのだ……orz

くそー……こんな罠が仕掛けられていたとは。
おかげで小説とかすげー書きづらくなった。

バカに合わせるとこっちもバカになるというのは、人間だけでなくコンピュータでもその通りのようだ(マテ