H.264

最近、Toutube に動画を置くようになった。アップしてあるのはエロゲとまったく関係なくて、ドラレコの動画(汗)。
ドラレコのデータは 5 分ごとの Quick Time 形式になっている(30fps, 18Mbps)。
これを Adobe Premiere でつなげて、一本の MP4 にしている。
この時、H.264 の 2 パスでリエンコードしているのだが、この時に吐いているデータは 16Mbps なんだけど……これが結構汚いのよね。特に夜の車のヘッドライトがとどいてない真っ暗な部分とか、昼間の木々の葉っぱとかがひどい。例としては、この高縄山の動画とかかなぁ。
枝や葉っぱが荒れまくり。

これはパラメータの調節だけで回避出来るのかなぁ?

ちなみに iPhone の動画も載せることがあるんだけど、iPhone は 30fps の 17Mbps のようだ。結局画質を落としたくなければ、18Mbps よりも高いフレームレートを設定しないとダメなのかなぁ?

たとえば 20Mbps の動画は 1 時間で 9GiB にもなってしまう。

実は動画を Youtube に上げるようになったのも、このファイルサイズが少し関係している。bps が高いのでウチの回線ではだいぶ圧迫してしまうのと、ファイルもでかいので HDD も圧伏してしまうため、Youtube に上げているのである(汗)。
サーバを新調したら、HDD の圧迫については解決すると思われる。

下の写真はお昼に食べたボンゾのチーズロールカツカレーと、おそらくではあるが申請ではなく運輸省からもらった 1 のナンバー。チーズロールカツカレーは、最近のお気に入りである。ボンゾでカレーを食べるときは必ず乗せてるかも(汗)。
ナンバーはドライバーが申請したものではなく、偶然に振り分けられたのではという根拠は、地名の横の 数字が 400 だからってだけ(^^; 申請した場合ここが 430 以上の数字になることが多いので……。

1606160555 1606160554

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。