花舞~寧~

bs_zuho01c
今回の旅行最後の食事は「京都の鴨だろう」ということで、鴨料理を検索した。最初、「桝富」という所に行ったのだけど、こちらのお店は蕎麦屋さんで、鴨を食べるには予約が必要なお店だったらしく、断念。お店の人はいろいろと工面しようとしてくれたんだけど……申し訳ない!
ぶぶ漬け食いなせって言われなくて良かった(マテ

で、次に行ったのが「舞花~寧」というところ。
ところがカーナビに住所を入れようにも、まずその住所の読み方が解らないwww
漢字は「先斗町」。「せんと?」「さきと?」「まず?」と、いろいろ最初の音を入れてみるのだが、サッパリ出てこない。しかもこの「先斗町」は現在では住所としては存在していないことが判明。うひょう!? どゆこと!? じゃぁ住所に書くなよー。きっとなんか歴史的に書くことになっているのであろう。
次にバイクを止めるところがない。この先斗町は鴨川にそって存在していて、ここがかなり狭い繁華街になっていて、バイクを止められそうな余地がないのだ。こちらは通りの人に尋ねて、バイク用の駐車場が同じ町内にあることを教えてもらい、解決。
ようやくご飯にあずかれることとなった。

席についてまずびっくり、メニューが巻物! カッコいい!!
食器なども統一されていて、細かいことにも気配りが聞いている感じ。で、今、日記を書いてて知ったんだけど、なんと Google Street View で店内を覗ける。こういうのって、Google さんから依頼が来るのかなぁ、それともお店側からお願いするんだろうか。なかなか興味深い。

鴨鍋はおそらく鶏の骨を白くなるまでにつめたものだと思われる。豚のそれ(豚骨)に較べて淡泊で、クセもない。ボクがかつて贔屓にしていた「いたや」は油を抜いていたのに対し、こちらは油を残してあるようだ。
鴨は凄く柔らかく、食べやすかった。あとお野菜が美味しい。たぶん、そこそこお高いお野菜なのではないかと。

1405061449 1405061423 1405061425
1405061427 1405061435 1405061444
1405061430 1405061432 1405061447
1405061438 1405061439 1405061442

伏見神社と清水寺

bs_yasu01a
GW 最終日、今日の目的は京都観光である。とはいえ、京都は広い。一日で回れるようなものではない。そこで生きたいところの希望を募り、「伏見稲荷大社」と「清水寺」という回答を得た。途中、京都駅近くのイオンモールにソフマップが入っているらしいので、そこでエロゲの棚の状況を確認することにする(コース)。

まずは敦賀→滋賀である。国道 8 号から 161 号に入り、マキノという道の駅で朝食。さらに南下し、琵琶湖に接続すると、琵琶湖の畔を走るのだが、ここでひたすら県道を走る。この湖畔の県道と平行して 161 号が走るのだが、こちらは湖西バイパスとなっており、125CC 以下のバイクは通行禁止。
そうなのだ、今回 110cc のカブと一緒に旅をしているのだが、有料道路やまたオーバーパス・アンダーパスにおいてけっこう 125cc 以下通行禁止の道路があるのだ。最初ボクはそれに気付かずにがんがん進んでしまい、あとから「そこはいけねーって」と秀吉に突っ込みを喰らうという事態が何度か起きてしまっていた。
それ以降、ボク自身が標識に目を光らせ、気をつけるようにした。
ただこの湖西バイパスを使えないおかげで、県道を走ることになったのはいいのだが(この県道はおそらく、かつては国道 161 号線だったと思われる)、こちらは生活道路でもあり、わりと渋滞気味だった。

ようやく大津に抜け、見覚えのある景色に。2 年前、大津が例のいじめ問題で揉めていた頃、ここの「三井寺力餅本舗」にわざわざ買いに来たことがあるのだ(爆)。このときは愛知~岐阜城巡りというのをやったのだが、日記には記載されていない。ちょうど日記システムの更新を行っている時期で、日記に出来なかったのだ(汗)。

大津を抜ければ国道一号に入り、京都はもうすぐそこである。

京都では稲荷も清水も東側なので、なんだか回る場所が偏ってしまった。とはいえ、土地勘はあまりなく、今自分がどこにいるのかよく解らなかった。写真は大量に撮ったが、ここにそのまま載せるとページがものすごく縦長になるので、わけてみた。

この日は快晴で、気温も 25 ℃を越えようかというような暑さであったが、伏見稲荷はものすごく涼しい風が吹いていて、汗だくにならなかった。しかし GW ということもあり、稲荷も清水もどちらも凄い人であった。入れ食いだな、京都。儲かりまくってるな。羨ましい……。

最後、京都の鴨料理を食べ、共の旅行はここまで。秀吉は京都の夕闇へと消えていった(マテ

写真はマキノの道の駅で撮った秀吉のカブとボクの車、その隣は道の駅から望んだ琵琶湖。下のソフトクリームは豆腐のソフトクリームで隣はせんべいである。伏見稲荷でいただいた。動画は敦賀を出てすぐ、国道 161 号を走り、道の駅まで。
1405061261 1405061264
1405061358 1405061359
1405061368 1405061367

(MP4 / 720p / 24fps / 717MB / 12min23sec / iPhone4S)

福井のグルメ事情(やっこと笑兵衛

bs_ruri01b
金沢→敦賀の移動中で入ったお店の紹介。朝食は旅館で食べたので、お昼と晩御飯である。お昼は蕎麦を食べようと言うことで(福井は越前蕎麦で有名である)、福井駅近くで昼食、そして敦賀で夕食という感じである。福井の蕎麦屋は食べログを便りに捜した。最初は「やす竹」という所に行ったんだけど、ここは行列が出来てて、1 時間待ちと言われたので、すごすご退却。
もう一つの「やっこ」という所へ。

やっこ

こちらは混んではいたものの、待つほどではなかった。
だが、入った瞬間「細麺はもう終わってしまって、太麺しかない」と言われてしまった。くわっ! ここも人気店か!? まぁ、それでも食べられるならいいですって、席についてメニューを選ぶ。そしたら程なくして「10 分くらい待ってくれれば、今から打ちます」と店員さんが。大歓喜! さっそくお願いする。

というわけで、出てきましたよ。
やはり細麺の方が美味しい。蕎麦の割合は解らず。二八か……? 十割ではな気がしつつも、つるつるしていてコシもあって、それでいて固すぎず、喉を通る感覚も心地よい。一方の太麺はソバソバしている。かなりそば粉の味はするものの、ぼそぼそして食べにくい。それでも、もちろん東京で食べるよりも美味しい。
そばつゆも八分付けがちょうどよいしょっぱさ。箸でつかんでる部分はつゆにつけないので、蕎麦の味がしつつ、つるつるっと行くとだし汁の味がしてくる。うーん、いいねぇ。東京の蕎麦は何故か八分付けするとあんまり美味しくないんだよなー、なんでだろ。
1405051191 1405051193 1405051194
1405051195 1405051197 1405051199
1405051202 1405051203 1405051204
1405051205

笑兵衛

敦賀の夜は早く、22 時過ぎに敦賀に着いたボクらは店を探すところから始まった。食べログで美味しい店を探そうとか、そんなレベルじゃないのだ。商店街だって真っ暗だもの。
屋台がそこかしこにあるものの、落ち着いて食事がしたかったので、屋台は最後の手段とした。
ぽつぽつやってるお店はどこもバーとかで、食事が期待できそうにない。
で、鉄板焼き屋を見つけたのでそこに入ることにする。が、店の前に来たところで、外のパッと電気が消えた。がーん! って顔をしていると、お店の人が出てきて「どうぞ」と言ってくれた。ありがたや~。
味はあんまり期待してなかったんだけど、これがけっこう美味しかった。メニューも豊富で、どれも味がそんなに濃くないのもびっくり。どれももりもりと行けてしまった。
あと個人的に気に入ったのが、チェーン店っぽいのに、けっこうお皿とかがオシャレで統一感があったこと。こういうお店で珍しいなぁと思ってしまった。
1405051234 1405051236 1405051238
1405051240 1405051242 1405051244
1405051246 1405051248 1405051250
1405051253

金沢→敦賀

bs_hina03h
5/5、当初は一人で旅をする秀吉を励まして帰ろうという計画で、この日はボクは帰る気だったのだが、まぁいろいろとあり、その後、GW 中は旅をすることになった。今日目指すのは敦賀である。途中、一乗谷東尋坊を見ていこうと言うことで、話がまとまる(コースはこちら)。

まずは旅館で朝食。えーと、冷えてて固かったです!(ぁ
本当に愛想もない、すごい変な旅館だった……。
1405051155 1405051157

それから R157 を福井に向かって南下。一乗谷を目指す。この日はあいにくの雨。秀吉はバイクでボクのあとをついてくることになるが、雨の中なのでカッパ装備。
峠を一つ超え、福井県に入ったところで温泉を発見。ここで朝風呂とする。勝山温泉。勝山と言えばムーディ勝山しか思い出せず、お風呂に入っている間ずっとムーディ勝山の「右から左へ受け流す」が脳内で再生されていた(汗)。

というわけで、一乗谷へ。ここは朝倉家の城下町。雨の中だというのに、それなりにお客さんがいて、びっくりした。
1405051158 1405051160 1405051159
1405051161 1405051162 1405051163
1405051164 1405051165 1405051168
1405051167 1405051170 1405051171
1405051173 1405051174 1405051176
1405051179 1405051182 1405051186
1405051184 1405051185

それから、福井でエロゲを売っているショップへ。もともと秀吉の旅の目的の一つが、地方のエロゲショップを回ると言うのがあるらしいのだ。秘密基地セレンタルというお店なのだが、店員がこれまた凄い無愛想で……とりあえずエロゲ売り場を見る。1/2 summer は売っていたが、Timepiece Ensemble は売ってなかった(汗)。これが現実か………!
1405051207

次に東尋坊を目指す。火サスで有名な(?)っていうか、火サスに本当に出てきたのかどうかは定かではないが、ここで火サスごっこをするのが目的である(ウソ)。ボクが刑事役で、秀吉が自殺を決意した殺人犯(ぇー。
冗談はさておき、ここはずっと来たかった場所なのだ。
来て思ったのだが、ボクの想像より遥かに小さい場所だった(汗)。もっと巨大なのを想像していた。高さも、もちろん見下ろせば怖いけど、もっと高いものだと思っていた。それでも、六角形の柱状節理を見ることができて感動である。
写真の電話ボックスは心霊スポットにもなっているもので、記念にとっておいた。
霊的なものは強く感じられなかったが、多少の圧迫感はあった。ただこれも気のせいだろう。
1405051210 1405051214 1405051215
1405051217 1405051219 1405051221
1405051224 1405051226

(MP4 / 720p / 24fps / 1min48sec / 106MB / iPhone4S)

東尋坊を堪能したあとは、芦原温泉でひとっ風呂。確か硫黄泉だと聞いていたのだが、塩化物泉であった(入った温泉施設)。

ひとっ風呂浴びたあとは一路、敦賀を目指す。国道 8 号線をひたすら、南下。
この道路、海岸線沿いはコーナーが多くて面白い。
22:00 頃、敦賀到着。ここで、ホテルにチェックイン。
さて、晩御飯だ! と、敦賀の町に繰り出すも……真っ暗でどこもやってねぇ……。
とりあえず鉄板焼きのお店を見付けたのでそこで夕食をとった。敦賀、こんなに夜の早い町だとは思わなかったよ。だってどんな田舎でも 24 時間やっているマクドナルドが、20 時で閉まるんだもの……。
面白いのが、屋台のラーメン屋が多いこと。そして夜中で歩いている人も多かった。彼らの目的は解らないけど、夜やっている店が少ないので、屋台が凄く繁盛していた。それと道路脇に市が整備した駐車場がいくつもあった。東京だとそもそも車が多いからこんなの作ってもあんまり意味ないけど、なかなかいいアイデアだと思った。
1405051227 1405051232
1405051256 1405051258

 

 

山下(金沢の和食居酒屋

rural_yn02f
金沢で何か美味しいものを食べようということで、ネットで検索。最初は何故かステーキ屋を目指すも、ネットで見つけた店が見つからず、日本海の美味しいものを食べるべきではということで、周辺で創作和食料理屋を見つけたので、入ってみた。

名前は山下

このお店、以前は肉の店だったらしい。何故か知らんが、海産物のお店に。
謎だ。

目玉は「いしる料理」。北陸の出汁らしいが、魚醤の一種らしい。このいしるをつかった料理がいろいろあるのだが、鍋収めの意味も込めて、いしる鍋を頼んだ。これがもー、なんて言うんだろうね、薄いんだけど濃い、しょっぱくないんだけどちゃんと塩味がする、すごい絶妙な時なのよ。
東京でもこの出汁を味わいたいなぁ。

あと面白かったのがクマの刺身。写真に脂身だらけの切り身があると思うけど、それがクマ。正直、油が多すぎてあまり美味しくはなかった。が、臭いということはなかった。

さらにサザエの釜飯。これもすごい美味しかった。
残念だったのは刺身。ちょっとイマイチ。なんでだろう、金沢なら新鮮な魚介類が手に入るはずなんだけどなぁ。
1405041126 1405041128 1405041129
1405041130 1405041133 1405041134
1405041136 1405041138 1405041139
1405041143 1405041140 1405041144
1405041146 1405041149 1405041151
1405041152

初めての北陸へ…!

rural_sy00e
GW 前、秀吉がカブで西日本を回ってくると言って旅に出た。今、富山にいるらしい。
ボクは旅好きだが、けっこう行ってないところも多い。北海道、北陸、山陰、宮崎・熊本・鹿児島・長崎、そして沖縄である。これは北陸に行くチャンスではないのか!? ということで、何も考えずに車に乗り込んだ。時間は朝の 5 時だ。
いくら GW とはいえ朝の 5 時に出れば、混み出す前に東京は脱出できるだろう。

と、思ったが、甘かった……orz

なんと、調布インターで事故。さらに八王子付近でも事故……orz
うがー!! GW に事故なんか起こしてるんじゃねー!!!
と言うわけで、八王子 JCT を抜け、神奈川県は相模湖に抜けた時点で 10:30 を越えていた……。いや、マジ勘弁してよ……この二件の事故がなければ、絶対 1 時間で東京は抜けられたって(T_T)

でもそれ以降は特に渋滞はなく、中央道長野道と抜け、松本 I.C. でおり、そこからひたすら富山を目指してたんだけど、秀吉本人はボクが渋滞でモタモタしている間に石川県入り。なので、金沢で落ち合うことにする。
ところが、松本から R158R471R41 がけっこうトラックやバスが多くて、渋滞ほどではないにせよノロノロ運転。結局富山に抜けたのが、14 時を回っていた。なんだかんだで金沢に到着したのは 15 時も回っていた……(通ったコース)。

念願の金沢!
とはいえ、金沢である。「金沢いい街よぉ」(c)鈴井
キレイな街で、しかもオシャレというのも何となく解る。とにかく好印象だったのは、みんなマナーがいいこと。交通マナーが非常に良い。土地勘に関しては全くないので、正直、駅周辺と城跡周辺しか走ってないので、よく解らない……(汗)。それよりも、金沢に来られたと言うだけで満足。

しかし、宿がない!!
秀吉と合流して晩御飯を食べたあと、当然、泊まらなければいけないわけだが、GW である。ネットで検索して片っ端から電話するも、どこも満室。びっくりするのが、ビジネスホテルまで満室! えー、予想はしていたけど、ここまでひどいとは。
宿泊場所を石川県全域に広げるも、これがまた満室! マジか。
で、いろいろ電話していると白峰温泉の「白山苑」という所が、狭い部屋が一つ空いているという。そこでいいじゃん! と、頼み込むが、なんか色々理由をつけてなかなか取らせてくれない(汗)。ペット同伴の棟だから臭いがどうとかとか、使ってないとか……。あとで思ったんだけど、ひょっとして開かずの間だったんじゃなかろうか!? だとしたら、ぜひ泊まりたかった……!!
でね、その白山苑が「かわおくさん所、空いてると思いますよ」と、別の旅館を紹介してくれた。ふむふむ、と言うわけで「民宿かわおく」へ電話すると、なんと空いているという。そこでさっそく、かわおくへ! 場所は手取湖のほとりらしい。
旅館に着いたのは 23 時過ぎ……(汗)。す、すみません……。
女将さんはずっと仏頂面だった(爆)。
だが用意された部屋は、八畳間 x 2。うひょう! 広い!! っていうか、他にお客さんいないのか!? GW に!?
なんともはや、不思議な旅館であったが、なんとか車中泊にならず、布団で眠ることが出来た。

1405041115
日記ではふれなかったが、渋滞回避で高速を降りたときに見かけた、松本零士みたいなバン
1405041117
憧れの金沢駅!
1405041119
そしてアニメイト金沢店
1405041122
片町交差点