電子マネーとやきとん

今日のランチはトリ&ハイというお店に行ってみた。
同僚がチラシ(5 枚目の写真)をもらって来たので、言ってみようと思ったのだ。

特色はなんと言っても現金が使えないこと。
クレジットカード、電子マネー、PayPay オンリーのお店だ。
そして先払い。

キャッシュレスにする意味って、個人店だとメリット少なそう……って思うんだけど。どうなんだろう? 売上げとか税金とか正確に把握されちゃうし(ぇ
しかも、店員さんがあまり機械に慣れてないせいか、決済に時間かかったしw

そして味のほどは!?
ボクが頼んだのは鶏南蛮なんだけど、これすごい。すごいよ!
なにがすごいって、お肉がふわっふわなの。
ナニコレ?
柔らかくて、ジューシーで、さらに口溶けがよくて、不思議な鳥肉。
なんか国産銘柄鶏らしいが……思わぬあたりでした。

しかしながらカレーは外れとのこと(笑)。
カレーとボクの頼んだ鶏南蛮が値段が一緒なのはおかしいと同僚はしきりに言っていたw

焼き豚が食べたくなった。食べたくなったのは昨日なんだけど(ぁ
っていうか食べたいものたくさんあるのにwww
本来は今日、車で来て、帰りに浅草橋に行く予定だった。でもわけあって、昨日車で行ってしまったので、今日は電車で来たのだ。電車で浅草橋に寄るのかー。でも、やっぱり食べたい。それに浅草橋は三田から一本だ。

というわけで会社が終わってから、浅草橋に向かった。

目的の店はいつ行っても混んでる。案の定、いっぱいだった。
人を書き分けて中に通して貰う。
といってもそんなに食べる気はなかったんだけど……。

お目当ては三枚目の写真にある豚の軟骨だ。
ボクはこれが大好きなのだ。
あと意外な当たりが 7 枚目の写真のイカの塩辛とジャガイモ。バターと塩辛がこんなに合うなんて! いやーおいしかった。

持ち帰りに豚の軟骨を 10 本頼んだ。土日は楽しく過ごせそうだ。
帰りの電車の中で、焼き鳥のタレ臭をまき散らしてしまったかもしれない(汗

東京ソラマチなだけに、そら待ちますわな

今日は午前中、コミケに参加するサークルの手伝いをした。
久しぶりに早起き(笑
外は 0 ℃だった。

コミケ会場から帰るとき、西館と東館を貫いている道路が市場前駅で途切れてたんだけど、いつの間にか出来てたので通ってみた。道の名前とかよく解らない(汗)。時々 TV のニュースでやってた環状二号線とかいうやつか? まぁとにかく立派な橋が出来てたんだけど、すぐに片側一車線になって渋滞に巻き込まれた(笑)。
ノロノロと海を渡り、埋め立て地を渡ると築地市場が見えてきた。高架だから上から見るとよくわかる。たぶんこの道路は築地市場の一部を利用するんだろう。
結果的に汐留に出た。

午後はコミケのために東京に出てきた知人と会う。合うのは数年ぶりだ。
飯だけのつもりだったのだが、夕方には合流できたので東京観光でもするかということでスカイツリーに行った。もう予約入れなくても登れるはず……と思ったからだ。
まず、駐車場がよく解らない(汗)。とりあえず導かれるままにいくと、超巨大な地下駐車場が……。そしてすごい人だ。予想はしてたんだけどね。ただ年末だからみんな郷里に帰ってるんじゃないかという希望もあったんだけど……その希望は見事に打ち砕かれた。

受付に行ってみると 50 分待ちとのこと。
あんまり来られないんだから 50 分くらい待つ? と聞いたら、べつにいいと言われた(汗)。
というわけでスカイツリーに昇ることはせず、東京ソラマチを散策することに。
東京ソラマチだけでもけっこうな広さあるからなぁ。
しかしやはり大手企業の店が多い。即ち、どこにでもある店が多いということだ。ということは別に東京ソラマチに来なくても買えるものばかりということになってしまう。こんなんでいいんだろうか?

気になったのは SNK コラボカフェと、虫ケラスナック(ぁ。虫ケラスナックは不味いらしい。
他にもお菓子やスイーツ系のお店は個人店っぽいのも出てて、それらはけっこう楽しかった。とりあえずおこしの老舗で色んな味のおこしがあったので買ってしまった。買ったおこしは色んな人に配ってしまったので結局名前がわからないままだ(汗)。
他にもサンリオ ブースにあった一人用リラックマの鍋とか、欲しかったなぁ。
あと雑貨系、調理道具系の店も面白かった。デザインがいいものがいっぱい。

今回は東京案内で来てしまったので、買い物する予定ではなかったので回り方もちょっと駆け足になってしまったが、次回は買い物する気でじっくり見にこようと思った。

夜はせっかくなので浅草橋の美味しい店を紹介しようと思って、浅草橋へ。結果的に串竹になった。のだけど、メインの写真を撮るの忘れたwww せっかく久しぶりに来られたのに。つーても 2 ヶ月ぶりくらいだけど(ぁ
いちおう鳥チャーシューと串揚げは撮ってあった(汗)。だけどメインのトンカツが撮れてないのよねぇ。鳥チャーシューは串竹ではじめて食べる。美味しかったー。
知人も満足してくれたので、よしとしよう。
店主にも年末の挨拶できたし、よかった。

さて、知人とは 20 時頃だったかに別れ、八王子へ向かった。
今度はネットで知り合った人たちとのオフ会みたいなものがあるのだ。といってもみんなで温泉に行くだけなんだけど。
集まったのは『竜泉寺の湯』とかいうお店で、なんと深夜 3 時迄やっている。
おお、八王子にこんな施設があったとは。ただここはお湯は温泉ではないみたい。
炭酸風呂が充実している。
そして広い! 施設も立派! これが 680 円なんて安いなぁなんて思ったんだけど、まー、年末だからかな、芋荒いww しかもさ、こう言う所ってどこかしら入れるところはあったりするもんなんだけど、今回は全くナシ。湯船にびっしり人が! 人が出たらそっこーでその場所に行かないとすぐ埋まるし、出ちゃうともうしばらくは入れない。
凄いなー、ここまで混んでるのは初めてだ。

そんなわけで、朝から晩まで出ずっぱりの一日でした。
なんか尽くした感があって、これはこれで妙な充実感があった。

会社が引っ越した

今日は引っ越しである。会社がまた引っ越すのである。
だが実はこれは折り込み済みの引っ越しでもあった。
まず二つあった事務所を一つにしたのが、5/26 の引っ越しだ。ただ一つにまとめた場所では手狭なのは解っていて、今年中に広いところに移るとは言われていた。それが今日というわけだ。引っ越し先の詳しい情報は、あさって日曜日の記事に詳しく書くのでここでは触れないが、今回はサーバの移動も含めて業者に任せるため、今日はひたすら引っ越し準備とサーバの安全な切り離しに終始した。

結局仕事ができたのは午前中だけで、午後にはマシンを落とし、梱包など。デカいものや本類はすぐに梱包できるが小物はけっこう大変だ。小物って言うのは文房具とかケーブル類、小さな機器類(マウスや Bluetooth レシーバとか、音源、AC アダプタ、卓上扇風機等々)、電源タップ、フィギュア、ウェットティッシュ、綿棒……とにかく不定形なものが大変なのよね。箱に詰めたあと動かないように梱包材で隙間を埋めたり、ほんとめんどくさい。
自分の車で持って行った方がスゲー楽だ。梱包しなくて済むからねwww

そして浅草橋最後のランチである。
それは串竹に行こうと決めていた。お別れの挨拶も兼ねて。
一番高いランチを頼む。まぁ一番貴いっつっても 980 円なんだけどね(汗
浅草橋、いい街だったなぁ。初めて引っ越してきたときは、問屋しかない寂れた街だなぁなんて思ってたけど、すぐにそんなことはないことが解って、ご飯屋さんも美味しい所がたくさんあって秋葉にも近くて、本当にいいところだった。
次に行く場所は、ご飯事情があまり良くないと聞いている。不安だ。

夜は大悟に行った。実は前回の引っ越しの時も、この大悟に寄っている。どちらも上福岡に同僚の私物を運んだためだ。だが行き先は同じであるが、私物の持ち主は違ったりする(ややこしい)。まぁそれはさておき、行き先が上福岡だったため、その途中にある大悟に寄ったのである。
今回は黒を頼んだ。やっぱり黒が一番好きだ。コクが塊になって襲ってくると言うか……赤だと辛味がコクを打ち負かしちゃうのよね。白はもちろん美味しいんだけどマー油のコクが欲しくなってしまう。

しかし大悟はいつ来てもお客さんがいない……ちょっと心配だ。

初めてのジョンティ

残り少ない浅草橋のランチタイムを堪能する。
今日行ったのは、会社の隣りにあるフランス料理屋『ジョンティ』。6 年近く浅草橋にいたのに一度も入っていなかった。原因は主に値段にある。基本どれも 1000 円オーバーなのだ。でももう浅草橋に来ることもなくなるのだからと、入った。

入った瞬間、顔が引きつってしまった。その理由はテーブルクロスが、前回失敗したビストロ・ド・ラパンと同じだったからだ。この赤と白のチェックのテーブルクロスからはなぜか昭和臭を感じてしまう。

しかしメニューの置き方や食器などは今風だった。
ボクはスペインの雑炊(5 番目の写真)を注文。実際に出てきたのはコメではなくパスタっぽいものだった。そしてうまい。しかしこれが何味かと説明することが出来ないのが悔しい……。トマトは使われてるんだろうけど、それ以外に様々なものが溶け込んでいる。そしてしょっぱくないのがいい。
残ったソースもバケットをつけて最後まで食べられる。ただ、炭水化物祭りではあるが……。

三枚目と 4 枚目の写真は一緒に入った同僚のメニューなんだけど、もう名前を忘れてしまった(汗)。

最後の写真は、これ、プリンである。一口サイズw
いちおうランチにはこれが自動的についてくるらしい。

そんなわけで手軽に南欧料理(地中海料理?)が楽しめる店だった。
夜はけっこう値が張っていて、たぶんお酒を飲まなくても一人 5000 円は超えそうな感じだった。

下の写真は近くのまいばすけっとで買ってきたおやついろいろ。一枚目のクッキー&クリームケーキがやばい。写真には残ってないけど、カロリー 659kcal。牛丼一杯より多いwww つーかこれ食ったらもう一食分だろう。
イマイチだったのがマシュマロアイス。どんなんだろうと思って買ってきたんだけど、本当にマシュマロでアイスを挟んだだけという。食感が独特で美味しいのかなと思ったけど、そうでもなく……これならモナカの方がいいかも??
チーズアイスはもうちょっとチーズが強くてもよかったかなぁと思いつつ……。

パヤオの初ランチとペヤングのソースとヤマダ電機

詳しく書くのはもう少し後になるが、浅草橋にいられる時間も残り少なくなってきた。
今日のランチはどこで食べよう?

ということで、ほとんど行くことができなかったパヤオのランチに行くことにした。
パヤオとは浅草橋にあるタイ料理屋で、おそらくボクが今まで食べた中で一番と感じるほどに美味しいお店だ。本場の味とはかけ離れているのかも知れないが、食べやすく、しょっぱくなく、とても丁寧な味のするお店。ちなみにパヤオと言う言葉はタイの地名のようだ。

そんなに気に入っているお店なのになぜ日記に出てこないのか?
それは混んでいるからである。平日でも夜は予約が必要なほどで、ランチタイムも 13 時を過ぎても待ち(並ぶほどではない)が出るほどの人気店なのだ。なので自ずと足が遠ざかっていたのだ。

注文したのはガパオライス。グリーンカレーがついている。
味はどちらもまろやかで食べやすい。香辛料って言うか辛さっていうかそういうのがガツンと来るようなことはない。むしろ色んな味が溶け込んでいて、ガパオもグリーンカレーもサクサク箸が進む。美味しいなぁ、来てよかったなぁって思う反面、実はちょっと引っかかることもあった。
久しぶりに来たというのもあるし、またボクの趣向が変わったってのもあるとおもったんだけど、ちょっとまろやか過ぎると感じたのだ。
浅草橋のタイ料理のもう一つの雄、スマイルタイランドはそのまろやかさがない代わりにタイ感(で通じるかなぁ)がストレートに伝わってくる味付けなのよ。パクチーやスパイス、ココナッツミルクがダイレクトに来るような? そっちの方が好みかも……ってことに気づいた。

今後のタイ料理を選ぶ基準が一つできたような気がした。

浅草橋~蔵前界隈で最安値のコインパーキングの一つが値上がりしていた。 200 円。
1500 円で富められる場所はいよいよ 2 カ所しかなくなってしまった。
世の中デフレだというのに、浅草橋のコインパーキングはインフレに振れているようだ。

ペヤング ソースやきそばのソースだけってのが売り出されてるんだけど、これがどうもどこにも売ってない。車でスーパーの前を通るたびになんとなく寄ってみてるんだけど、まー売ってないんだわ。で、Amazon とかで検索するとけっこういい値段で売っている。プレミアついてる??
かといってソース一瓶に 1000 円も出すのもなぁなんて思いながらネットを徘徊していると、3 本で 1200 円ってのを見つけた。一本 400 円……いろいろ悩んだすえ同僚と共同で買うことにした。

それが今日とどいたのだ!
嬉しい!!
これでやきそば以外のものもいろいろ食べてみたい! と思いはするものの、まずは今使っているソースを使い切らないと……そんなわけで、まだ食べれてない。

フィッシングサイトにヤマダ電機が使われてましたよっていう、ただそれだけなんだけど、こう言うのって作ってるのは外国人がほとんどなのでヤマダ電機も世界的に有名になったのかなぁ……と思いつつ、作ってるのが日本人だったらごめん(ぁ

こ、これがあのビエネッタか!

今日はランチにどこに行こうか迷う。
今までよく食べに行っていたお店に行くのもいいんだけど、浅草橋にいるのも残りわずかなので、逆に行っていないお店に飛び込むのも手ではないか……と悩んだ結果、フランス料理店『ビストロ・ド・ラパン』という所に行った。

前から気にはなっていた。
ただフランス料理と自称するだけあって、基本が 1000 円越えなのよね。
これで美味しくなかったらショックだなぁなんて思ってた。
でも看板とかもけっこう凝ってるし……!

と思って入ると、中は昭和。
おっとぉ?
ただ厨房は広くてかなりキレイ。
フロア担当の割とお年を召したおばさんが出てきて、料理を説明してくれる。
その口ぶりからけっこう味には自信があるような印象を受けた。

ただライスが二人分しかないという。入ったのは三人。ボクはパスタ系を頼むことに↓。
ところが同僚の一人がパスタを頼んだので、ではと言うことでポークジンジャーってのを頼む。ブタの生姜焼きと何が違うのかと聞いたところ、肉が違うのと、タレも特製だという。ほほー。

昭和の味でした~~~。
いや、不味くないよ? 不味くはないけどー……これで 1000 円はないってーみたいな?
お肉はそこそこ柔らかかったし、生姜のタレも割と生姜のクセはおさえて甘めのタレではあったんだけど……う~ん、この味なら 780 円でよかったのではと思いつつ……。
あとせっかくなのでプリンも頼んだんだけど( 250 円もした!)、これがスッカスカなの。
お、おう。

全部で 1500 円くらいかかっちゃった……orz

話変わって、今日の本題! ビエネッタ!!
これ、ボクが子どもの頃(小学生低学年かなぁ?)、TV か何かの CM で見て、すごい美味しそう!! 大人になったらいつか買おう!! なんて思っていたアイスクリームなのよ。まぁそんなことは大人になってから忘れてたんだけどね。しかもエスキモーって言うブランドもいつの間にかなくなってたし。

それが、近くのマイバスケットで売ってたのよ。なつかしぃ~~。
エスキモーは森永乳業だったんだね。
というわけで、食ったよ!
アイスで腹一杯になってしまった。チョコもアイスも濃厚。アイスの食感とパリパリのチョコの食感がまたいい感じなんだ。ハーモニーってやつですな。しかし、一人で食うもんではないね。半分も食わないうちに飽きた。これは何日かに分けてちょっとずつ食べるものなんだね!<見りゃ解るだろ

というわけで 30 年以上ぶりに出会った憧れのアイスであった。
ちなみに一緒に映っているホームランバーの写真は、最近知人からホームランバーのパッケージがオシャレになってて全然ホームランバーじゃないと聞いて、勝ってきたものだ。確かにボクの知ってる銀色のバター包んでるヤツみたいなのではなかったw

どうでもいいけど、ビエネッタ、上から見ると三葉虫みたい(ぁ

最後のわかきとやきそば弁当とハロウィン

今日はわかきに行った。おそらく最後のわかきとなるであろう。
浅草橋でリーズナブルなステーキ屋さんである。
写真は一枚しかないのが A サーロインステーキ 200g である。二枚重なっているのは同僚が頼んだサーロインステーキ 200g x 2。やっぱりダブルは圧巻だなぁ。

肉は決して諸手を挙げて柔らかいとは言えないんだけど、焼き加減は素晴らしいので、香ばしくいただける。ステーキソースはオリジナルとガーリックの二種類があり、ガーリックが多少酸味のあるソースに仕上がっていて、好みで使い分けるとイイかもしれない。
もちろん、塩と胡椒だけでも充分にいけると思う。

今日は夜遅くまで残ることが解っていたので、晩御飯用にカップ麺を買っておいた。
マルちゃんやきそば弁当。北海道でしか討ってないというアレである。しかも倍入ってるヤツがあった。ペヤングのヤツとは違って、こちらは縦に二つ重なっているようだ。こういうのっていつも思うのが、戻しムラが起きないのかなぁって。でも GIGA MAX を食べた時もとくにムラはなかったのよね。かき混ぜるから、少々ムラがあっても大丈夫なのかしら?

スープがあるのは嬉しいんだけど、塩分過多ではあるよなぁと思いつつ……。
まぁそんなことを気にするなら、そもそもこんなもの食うなよって話になるけどw

上のやきそば弁当を買ったのはまいばすけっとだったんだけど、まいばすけっともハロウィン推しだった。デザートなんかも写真の通り。簡単だけど、がんばってるなぁ。