エレクチオン リバー!

マックの三角ショコラパイを買いに行ったら、クリームブリュレの方は売り切れだった。
そしてその後、何度かマックに行ったんだけど、クリームブリュレが買えることはなかった。
人気だな、クリームブリュレ。どうでもいいけど、ブリュレという発音は、やらしい。

で、二種類買えなかったのでその代わりに買ったのがファミマで売ってた紫いもと黒みつのマカロンパンサンド

うまかったー。
でもこれもすぐに見なくなっちゃった。

なんなん!? 最近、速すぎへん??
マックもこのショコラパイに限らず、限定メニュー、すぐ変わってしまう。

ただこれはねー、自分が歳を取ったからっていうのもあるとおもうんだよね。とにかく光陰矢のごとし、だ。
「あれ買わなきゃ」とか思っているうちにもう販売期間を過ぎている……。
これなんとかならんかなー。

さて、夜はハワイ料理を食べたくなったので、台場に勤めていた頃に気に入った Eggs’n Things のエレクチオン リバー店へ。それはららぽーと立川立飛の中にある。立飛とは立川飛行機のことで、戦時中に飛行機を作っていた会社だ。略して立飛なのだが「たちひ」と読む一方「たっぴ」と読む人もいるらしい。

そしてららぽーとの人出はすごかった。駐車場で空いている場所を探すのが大変。
すごいなぁ。
コロナ禍なのに。
でも中に入ると、アメ横とか吉祥寺のサンロードみたいに、自分が両手を広げたら誰かに当たってしまうというようなことはなく、けっこうまばらだ。それだけ施設が広いのだろう。

目的の Eggs’n Things はまだ 17 時頃だというのに 7 割は埋まっていた。
というわけでウキウキ気分で色々頼む。
二枚目はカルアポーク&キャベッジ。わりと甘辛い、回鍋肉みたいなタレの野菜炒め。
三枚目はコブサラダ
4 枚目はサーフ&ターフというステーキと海老とスクランブルエッグ。
5 枚目はサーロインステーキ&ガーリックライス。
6 枚目はクレープ。
7 枚目がホットケーキなんだけど、上に乗ってるフルーツなんだったかなぁ(汗)。忘れてしまった。しかしやっぱりなんと言ってもこの生クリームの量が魅力だ。これを食べに来たと言っても過言ではない。

というわけで、メニュー的には満足だったんだけど、問題は味だ。
台場で食べた時はいたく感動したのだが、コナズ珈琲を経験したせいか、全体的に味がチープに感じた。簡単な言い方をすると、ファストフード的と言えばイイのかな。いや、もっと手間がかかってない感じだな。デパートの屋上飯、屋台の飯、海の家の飯、そんな不味さがあった。あれー?
いや、そもそも Eggs’n Things のメニューそのものがそういうものであることもまた指摘としてあると思う。まさに海の家的な。だから味もそれなりだろうっていう。
でもさ、一皿 1600 円とかするんだよ。これが 800 円とか 900 円とかならまだ解るけど、1600 円もとっといてこの味はひどくない?? っていう。
コナズ珈琲の方が美味しい気がするなぁ。

なんか食べ終わった後、ガッカリ感がボクの中で漂ってしまった(汗)。またコナズ珈琲に行って味を確かめてみないとなぁ。

さて、せっかくららぽーとという大きな商業施設に来たのだから、なんか面白いのないかなぁと彷徨い歩いていると、軽井沢の物産展があった。やばい、軽井沢とか、意識高い系しかないに決まってるじゃん。と思いつつ冷やかしに入ってみると、わりと面白そうなのがあったのでテキトーに買ってみた。

下の写真がそれなんだけど、一番最後のゆず茶はカルディで買ったものだ。こんだけ大瓶で確か 200 円とかそんなもんだった気がする。安い! 韓国製だけど(汗)。お茶とか炭酸水とかに入れて飲んでいる。

で、軽井沢モノでうまかったのが、具マヨ。やばい、マジでうまいwwww
どんな野菜もこれでうまくなるwww
リピーターになってもいいって思うくらいうまかった。通販で買おうかなぁ。

ところでエレクチオン リバーというのは「立川」のことである。

感化されてギリシア料理を食べに行く

7/23 に放送された『孤独のグルメ第三話に、ギリシア料理が出てきた。
食いたい!
孤独のグルメに出てきたのは麻布にある『タベルナ ミリュウ』というお店なのだが、麻布はけっこう行くのがめんどくさいし、駐車場代が高いぞ! というわけで検索すると、多摩地区にもそれなりにあることが判明。というわけで、立川に住んでいる知人を誘って国立にあるギリシア料理店に行くことにした。

店の名前は『シュポール』。

緊急事態宣言下もあってか、お店はもう誰もいなかった。
店内は地中海を意識した白壁の、とても良い雰囲気。
おー、ええやん、ええやん。

料理の解説と行きたいのだが……なにせこの日記を書いているのは 12/24。三ヶ月以上も前のことなので、もうわりとうろ覚えだ(汗)。
5 枚目があの有名なムサカなのは憶えている。すげー美味しかった。同乗者がチーズ苦手なのだが、それでもうまいうまいっていって食ってた。6 枚目のナポリタンみたいなやつもギリシア料理らしい。
ピザもうまかった。
グリル料理は 8 枚目がチキンで 9 枚目がラム。肉料理なんだけどご飯が欲しくなる味付けではないんだよね。やっぱりパンなんだよね~。そして何よりもありがたいのが、どれも塩っぱくない。でも何味って言われると……これが表現出来ない(汗)。自分の舌と語彙力のなさが情けない。
あとどれもけっこう香草の味が入ってる。その辺がまたしつこさやしょっぱさを軽減しているんだと思う。

デザートはギリシア ヨーグルトとピスタチオのアイスクリーム、焼きリンゴのベイクドチーズ(だったかな?)。

ギリシア料理はイタリア料理の先祖と言われることもあり、なかなか興味深かった。
定期的に食べてもいいんじゃないだろうか?

最後におまけ。9/11 の夕飯に食べた吉野家の豚丼と、急に北上し始めた台風 14 号。
やっぱ暗いとぜんぜん豚丼がジューシーに撮れないね(汗)。これでも iPhone のカメラそのものはだいぶ進歩したんだけどねぇ。やっぱり光は大事だよね……。

串カツ田中で陽キャのトーク スキルを見た

今日は用事があって、立川の串カツン田中に行った。
ここに来るのは二回目
用事ってのはボクが用事があるわけではなく、ボクの知人が別のボクの知人に用事があってまぁそれで出掛けたみたいなそんな感じ(ボクは仲介者)。

知人の片方は串カツ田中初体験。
もう片方は一回目の時にボクと一緒に来ている。

串カツ田中、楽しい。ただ今回は遊びなし。ひたすら串カツだけ食う感じになった。
〆のうどんだが、ボクは肉すいを頼んだのだが、写真に撮るのを忘れてしまった。
あとどの串がどれなのかはもう解らないwww

最後の写真の串カツはデザートだ(だから〆のうどんの後ろにある)。
クッキー&クリームとバナナ。クッキーが油を吸うと、食感が全然変わるのね。クッキーを無理矢理スポンジ ケーキにしたような、誤解を恐れずに言うと、電子レンジでやりすぎになってゴムみたいになったようなそんな不思議な食感。もちろん不味くはない。
バナナは、甘さ倍増トロトロだった。

さて、そんな串カツに舌鼓を打っていたボクだが、実は心穏やかではなかった。
というのも隣の席の男性二人組の陽キャっぷりがすごかたのだ。チラッと見たら、確かにいわゆるチャラ男ではあるがビジュアルはよい。そして店員さんがキレイな女の人だったんだけど、まー、その二人が店員さんに話しかける話しかける。お勧めを聞くに留まらず、ちょっとした雑談やメニューの話なんかも振りまくる。
ただプライベートの話は一切出ていなかった。
店員さんが嫌がっていたのか、まんざらでもなかったのかはボクには解らなかったが、これが陽キャというものか……。そしてこの二人はそのあとも個人的にちんちろりんで酒を掛けたりしてて終始楽しそうだった(そもそも串カツ田中にはちんちろりんで酒の量を賭けるシステムがある)。
ボクはブサメンなので「そもそも女性に話しかけたら女性に迷惑」という心構えができてしまっているので、ああやって女性と自然に話せるとまた人生、いろいろ違ったんだろうななどと思ったりもした(ぁ

ボクの知人にも、一緒に飯食ってたり喫茶店いったりすると普通に告白されたりするイケメンがいるが、彼らの屈託なく自然に女性に接することが出来るあの感覚はボクでは無理だなぁ……と羨望の眼差しを送らざるを得ない。

立川マシマシとプレステの○×ボタン問題

依然、深夜にお腹が空いたのでコンビニで買ってきた『立川マシマシ ウマ汁こってりマシライス』。
あれの本物をいつか食べに行きたいなと思っていた。
で、夜、お腹が空いたので、そうだ行ってみようと思い、ふらりと出た。

場所は名前の通り、立川だ。

行くと、懐かしい建物に入っていることを知る。
いわゆるラーメンのテーマパークじゃないけど、人気ラーメン店を一カ所に集めて、定期的にお店が変わるという業態の建物で、以前にも何度か来たことがある(井の庄のぶ)。
立川マシマシは基本ラーメン屋なのだが、今日はマシライスを注文する。
写真の盛りは普通盛りだ。600g までは無料で盛ってくれるらしい。

インスタントの方のマシライスはかなり豚骨臭がしていたのだが、こちらは獣臭はまったくしなかった。
そしてニンニクと背脂(?)と豚骨(?)の混じった濃厚な肉ダレだった。生卵がついていたが、こいつをといて混ぜてしまうとせっかくの甘辛さがスポイルされてしまってボク的にはない方がよいなと思った。
逆にスープは塩がおさえられていて、コクオンリーのスープといった感じ。
インスタントのよりもぜんぜんご飯が進む味であった。

ジャンクなご飯モノというとすた丼を思い浮かべるが、こういうのも有りだなと思った。

話変わって、PS5 の話。
PS5 から日本でも✕ボタンが OK、○ボタンがキャンセルになるという。
個人的に疑問なのが、海外では✕は NG とか No とかの意味はないのか? ってことだった。
どうやらこれにはいろいろな経緯があるようだ。
それをまとめた記事があったので、紹介したい。

まずは○✕ボタンが PS5 から日本では逆になるという記事。

さらにそれに派生した、Windows でなぜウィンドウを閉じるボタンが✕なのかと言う記事と、そこから派生した○✕△に関する考察記事。

たしかに日本人は○と✕は Yes, No という認識があって、△はその中間となんとなく認識しているような気がする。ボク自身もそんな認識だ。また海外で○と✕が日本と逆に関しては、PS のボタンの色も問題だったようだ。○が赤で✕が青なのだ。もし✕が赤だったなら、日本と同じになっていたかも知れないと言う意見もあるようだ。

まぁ、上記 5 記事はなかなか興味深いので、暇な時にでも読んでいただければ幸いである。

三度目のニューヨーク

今日は桜台でお昼を食べる時間ができたので、入ったことのない店に行ってみた。
と言っても、駅内に入っているいわゆる立ち食い系の蕎麦屋に分類されるお店だと思うのだけど、値段的にはそれよりも遥かにお高いグレードのお店のようだ。

名前は『凛や』。

最近、駅ナカで時々見る気がする……。どっかの大きな会社のブランドなんだろうと思っているのだが、調べてみると『クレア』という会社のようだ。創業は 1983 年らしい。個人的には知らない会社だ。

頼んだのはアナゴ丼。別に昨日の心残りというわけではないが、天丼を選んでしまった(汗

出てきてびっくり、とても巨大なアナゴが乗っている。すごいなぁ……。
しかもわりとふわふわなアナゴだった。チェーン店系でこの食材を用意できるってすごくない?
蕎麦はフツー。
でもそば湯出してくれるのはいいね。でもかえしを全部飲んでしまうことになるので、できればそば湯だけ飲みたいのだけど……かえしを捨てる場所もないしなぁ。って今思いついたけど、食べ終わった天丼の丼に捨てればよかったのか……。

最後のパンの写真はデザートに買った、同じく桜台駅の中にある『アールベイカー インスパイヤード バイ コートロザリアン』の甘い系のパン。左上がブルーベリー、右上があんパン、左下が桃、右下が……忘れた(ぉ

それから夜は知人たちとスーパー銭湯形式の温泉に行く予定だったのだけど、急遽なくなった。でもその前にご飯に行こうと約束していた同僚がいて、ご飯の予定だけ実行してきた。お風呂に入る前提だと、近場でご飯を済ませておかなければならなかったのだが、お風呂の予定がなくなったので遠く、立川まで行くことにした。

というこのこの同僚は本場中国でなんども中華料理を食べてきた人間で、餃子に関してはなかなか造詣が深い人間なのだが、ぜひ彼にニューヨークの餃子を食べてもらいたいとずっと思っていたのだ。

しかしさすがだなと思うのが、彼が頼むのはやはり水餃子がメインであるという点だ。
もともと餃子というのは水餃子をさすものであり、焼き餃子というのは翌日冷えた水餃子を焼いて温めたものであって、日本だけでメジャーなものらしい。さらに餃子は日本で言うところの丼みたいなもので、これが主食(ご飯)であって、餃子をオカズにご飯を食べるのも日本だけらしい。

ここの餃子はただのノーマルな餃子でもほんの少しだけパクチーが入っていて、これがパクチー嫌いのボクでも美味しいと感じるくらいの絶妙な量なのだ(とはいえ、今はパクチーは嫌いではなくなってしまったが)。その辺も彼的には高評価だった。
結果的にどれも美味いと言ってくれたので、満足である。

やはりニューヨークの餃子は美味しいなぁ。

一枚目が突き出しのトマトベースのスープの茄子と鳥。
二枚目がザーサイ。ごま油となにかひと味たしてあって美味しいんだ。
三枚目がサツマイモのフライド ポテト(ぁ。しょっぱ甘いのハーモニー。
4 枚目が手羽餃子。かなり肉汁タップリ。
5 枚目がパクチー餃子。
6 枚目がノーマル水餃子。
7 枚目が激辛餃子。中に唐辛子たっぷり。ただし、餡と唐辛子が混ざっているわけではなく、通常の餃子の餡に唐辛子を入れただけだった。
8 枚目はボクが大好きな明太チーズ揚げ餃子。
9 枚目が紫蘇餃子。
10 枚目が酸辣湯麺なんだけど、酸味よりも後味の甘めな味が際立つ不思議なラーメンだった。

ニューヨークに行きたいかー!?

やーっと、ニューヨークに来られた!
嬉しい!

ニューヨークというのは立川にある餃子居酒屋だ。
いちど知人に連れてきてもらって、もうベタ惚れしてしまうくらい美味しいお店だったのだ。

ところがなかなか一緒に行ってくれる人がいなくてなぁ。
餃子しか食べられないんでしょって敬遠されたり、立川という場所が遠くてなかなかいける人がいなかったり……実に前回来た時から一年半以上ぶりの来店だったりする。

一枚目は突き出しの鳥の冷や汁。
二枚目はザーサイなんだけど、ここのザーサイは超美味い! ごま油かなんかにつけてあって、塩加減が絶妙。ご飯がすごく合う(笑)。ということはお酒にもすごく合うのだと思う。
三枚目はキャベツサラダ。
4 枚目はサツマイモのフライだ。ポテトフライのサツマイモ版。甘さとしょっぱさのハーモニー。サンドウィッチマン伊達さんいわく、カロリーが 0 なタイプ(ぁ
5 枚目は油淋鶏てきなヤツ。
6 枚目は海老水餃子。
7 枚目は色んな餃子(ぁ
8 枚目はなんだっけな……チーズ餃子だったかな。
9 枚目が揚げ餃子。
10, 11 枚目は〆の鳥ご飯。カオマンガイみたいな料理なんだけど、八角で味付けしてある。

うまい、どれもうまい。それしか言葉が見つからんww
もっと頻繁に来たいなぁ……。

でも食べてる途中でラストオーダーになっちゃった。コロナ禍で営業時間がいつもより早かったみたい。デザート食べ損ねた。ので、帰りにびっくりドンキーでデザート食べた(笑)。12 枚目の写真はその時のパフェだ。

いや、ホントにイイ一日でした。

最後に、ボクの上に乗って何かを訴えかけている猫。
不満そうでもあり、呆れていそうでもあり、切実そうでもある、なんとも言えない表情だ。

もっとも表情と気持ちの関係は人間とは違うのだろうが。

とはいえ同じ哺乳類だ。まったく違うというコトもないだろう。現に感情は似たようなものを持っている。

鳥肉だけで腹一杯になる

今日は夜に鳥貴族に行った。
鳥肉が食べたかったのだ。
鳥肉ー!

焼き鳥屋に行くのにチェーン店かねという意見もあるが、夜の焼き鳥屋というと居酒屋がメインだ。ボクはお酒をまったくやらないので、果たして飯を食うのに焼き鳥屋を利用して良いのかよう解らんのでチェーン店なのだ(ぁ

行ったのは立川店なのだが、入った瞬間タバコの臭いが……。あれ、鳥貴族って禁煙化してなかったっけ? 違ったっけ? と思ったら、まだ全店では実施してないらしい。全店実施したのは串カツ田中か……。
前にもまだ鳥貴族をそんなに知らなかった頃、分煙されてなくてビックリした記憶はある。まぁでもそれ以後「鳥貴族はタバコも吸える店」という認識がボクの中ではされて、別に困ると言うことはなかったんだけどね。今回も全店禁煙になったっていうはただのボクの勘違いだし。

ボクは確かにタバコが嫌いではあるんだけど居酒屋や喫茶店でタバコが吸えないのはなんだかなと思ってしまうタチだ。タバコを吸う取引先の人や友人知人と一緒に入れない。でもそんな彼らがいつかはタバコをやめることを願ってはいる。

閑話休題。
でね、久しぶりに来たのよ、鳥貴族。一品につき二本出てくるってのをすっかり失念していたのよね。二人で行ったので各メニュー全部、二皿ずつ頼んじゃったのね……orz
スゲー量だったwww
鳥肉だけでお腹いっぱいになってしまったって言うか、食っても食っても串がなくならねぇww
しかも一度に「あれとこれとこれもあれも……」って感じで頼んでしまったので、減らすことも出来ず……。
店員さんにも「たくさん食べていただいて、ありがとうございます」とか言われてしまったwww

違うんだ。
二串くるって忘れてたんだよー!

とかいいつつ最後に鳥雑炊くってるんだから、ボクの腹も往生際が悪い(ぁ