AX/53C のメインメモリを 4GB にする(失敗)

bs_yuta01e
2/14 にもらって来た Toshiba AX/53C は元気に Windows 8 で動いているわけだが、搭載メモリが 2GB となると、使い道が限られるっていうか、結局ボクがメインで使っている ThinkPad X31 も 2GB 積んでるので、正直あんまり差がない。ぜひ 4GB を積み、ある程度グラフィックの作業とかもできるようになりたい。
前に X31 でそれをやろうとしてかなり大変だったので(^^;
ちなみに 4GB が上限なのには理由があって、まず Windows 8 が 32bit だから。AX/53C の CPU であるところの Celeron M 440 は 64bit コードに対応していなかった。それともう一つ、SO-DIMM DDR2 メモリはボクが知る限り 1 枚の最大容量が 2GB。AX/53C には SO-DIMM は 2 枚までさせるので 4GB が最大なのである。
ただカタログを見ると、AX/53C は最大 2GB までと書いてある。2007 年当時、1 枚の最大容量が 1GB だからであろうと勝手に推測しつつもチップセットの関係上、2GB 以上認識しないといやだなぁと、ネットをざざざっと検索したところ、AX/53C に 2GB の SO-DIMM を指して動くという実績があったのは解った。しかし 4GB を試した記事はすぐには出交さず、とりあえず注文してみたしだいである。

130214DSCF4817
折しも、元から装着されていたメモリもバッファロー製だった。
で、さっそく 2GB x 2 を挿して電源を入れてみたのだが、ウンともスンとも言わず……orz
1 枚だけさしたら動いた。一応、2GB のメモリそのものは認識するらしい。じゃぁメモリ不良かなぁと、もう一枚だけ差して電源を入れたら、こちらも起動。むむむ。2GB を 2 枚差すとやっぱり動かない。症状的には電源は入るんだけど、その後はウンともスンとも言わなくなる感じ。
じゃぁ 3GB はいけるのかと、2GB x 1、1GB x 1 を挿してみたが、それでも症状は同じだった。
というわけで、チップセットの制限か何か解らないが、AX/53C は 2GB までしか認識しないようだ。意味ねー!!

ところで  AX/53C でもう一つ困っているのが、Windows 8 で Sidebar が使えないことだ。会社の開発機では動かすことに成功したのだが、同じ方法をやってもこちらでは動かない。んー、なんだー? 32bit だとなんか違うのかなー。Sidebar ないと今のところ色々困るのだ。ただクソ忙しいのでこちらはとりあえず放置。ちとレジストリとか調べて見ないとなー。

Windows Sidebar 動いた~~


Windows 8 にしてから、早 4 ヶ月近くが過ぎようとしている。充分慣れてきたのだが、Windows 7 時代にあった恋しいモノが二つある。

  1. 履歴とよく開くファイルを登録しておける、スタート メニュー
  2. Windows Sidebar

Windows Sidebar は RTM の時代から動くという話を聞いていたのだが、いかんせん忙しくてなかなか Windows 8 に持って来られなかった。そもそも Windows Sidebar そのものがない。というのも前の Windows 7 が入っていた SSD はサーバの Hyper-V 用に使ってしまったのだ。となると、Windows 7 のディスクから取り出すか……なんてことを考えているうちに 12 月になってしまった。
で、Windows Sidebar 、そもそも Windows 8 ではそのままでは動かないばかりか、Program Files にコピーすると見えなくなるwww どうやら自動的に隠し属性になるように設定されているようだ。と言うことは、Microsoft 的には実行して欲しくないのかなぁ……。と、アレコレいじってみるも(互換性の設定とか)、うまく行かなかった。
検索してみると、怪しいソフトを見つけた。

ただ、コイツ、やってることは Sidebar のレジストリ登録とスタートメニュー登録、そして AppData への設定の書き出しだけっぽい。ボクがやったのはレジストリ以外なので、Windows Sidebar を動かしている Windows 7 から Sidebar 関連のレジストリ情報を持ってくればひょっとしたら動いたのかも知れない。
自宅の開発機を Windows 8 にするときに、やってみようと思う。