デジタルの世界では自意識過剰になろう

TAMA Networks 及び天津神本舗から Google Analytics の設定を削除した。
今までずっとアクセス解析のために入れていたんだけど、見に来る人に迷惑がかかる(かもしれない)のでやめることにした。というのも Google Analytics は色んなところで使われている。もちろんボクの所には TAMA Networks と天津神本舗にアクセスした情報しかわからない。
けど Google には Google Analytics を仕掛けたサイトについては「誰が」「いつ」「どの」ページにアクセスしたのかは解ってしまう。

それがボクのサイトを見に来る人にとってどんな不利益があるのかは解らないが、情報はないにこしたことはないだろうと言うことでやめた。もちろんボクのサイトから Google を閉め出しても他のところで情報は集めまくっているわけだから何の意味も無いのだけどね。少なくとも TAMA Networks と天津神本舗に関しては Google Analytics は入れてませんよ、という立場を取ることにした(というか他の解析サービスも入れてない。ローカルでの自前のログ解析はやっている)。

サーバのログなんかは日々大量に生成されていて、それこそ木の葉を隠すなら森の中、一人一人の情報なんて埋もれてしまっているだろうと考えてる人もいるようだが、実はそうでもない。というのも確かにデータは膨大だ。コンビニや SUICA なんかだと一日に何 GB 何十 GB のアクセスログが生成されている。しかし実はその中の一人のデータってのは大したことない。それは自分の一日の行動を振り返って見れば解る。
一日で何百回、何千回もコンビニなんて利用しないし、交通機関の利用回数もたかが知れる。となると一つの SUICA カード番号、一つの会員カード番号のトレースはとても簡単だ。人一人なら一生分のデータだって、コンピュータにしてみれば少しのデータだ。それは Google Analytics も同じ。一人の人が一日かけてまわるサイトの数なんて、それこそ数十~数百だ。そんなの簡単にトレースできる。
携帯電話なんかでも長時間存在する場所が昼間と夜に別れていたら、それぞれが職場と自宅だなんてことはすぐに解る。ボクらの知らない・気づかないレベルでかなりの情報を各企業は可視化できているし、やらない手はない。

なのでプライバシーという観点からもボクのサイトから削除したしだいである。

下のスクリーンショットは、TAMA Networks のデバッグ画面で、今表示しているサイトがどのサーバにアクセスしているかを示している。amatsukami.jp と amatsukam.info しかないのがわかる。コレが以前だと google のサイトが入っていた。

ただもちろん落とし穴はある。それは Twitter だ(汗)。ボクは日記にツイートをよく貼り付けているのだが、残念ながらこれに関しては Twitter 社に通知が行ってしまうのだ。つまりツイッターを利用している人がボクのサイトを訪れると、Twitter 社からはそのユーザが TAMA Networks に来たことは解ってしまう。しかもこれは Twitter にユーザ登録していない人でもだ。Twitter の cooike がブラウザにあればトレースできてしまう。ただ cookie からのみだとブラウザIP アドレスのトレースはできるが、それが誰であるかは解らないけどね。

ところで西東京市には蜂の巣校舎と呼ばれている構造の校舎がまだ残っている(保谷第一小学校)。ツイート先の Google Street View や Google Map を見ると一目瞭然なのだが、蜂の巣のように教室が配置されている建物だ。
ゲームで出したいんだけど……だれか写真とってないかねぇ……??
廊下が円形になっていて中心に階段がある。小学校の頃の思い出しかないからなんとも言えないんだけど、面白い背景になると思うんだよねぇ。

caitsith.org を開放しようとして失敗する

ボクは個人的に色々なドメインを持っているのだが、それらは主にボク個人のサービスで使われている。また、会社のサーバ回りを請け負っていた為に、その会社のドメインもボク名義でとってたんだけど、その後会社が潰れたりしてそのままになっているドメインとか(汗)。

そんな中に caitsith.biz というドメインがある。これは以前ボクが所属していた会社のエロゲ ブランドの一つだった。caitsith(ケット・シー)という言葉はそれなりに有名で、なかなか取れる単語ではなかったため、ブランドがなくなったあともずっと保持し続けている。
現にこの caitsith.biz は人気があるらしく、数十万円で買いますみたいなオファーが何度かあったほどだ。

ある日、ドメインを管理している会社のサイトにアクセスしたとき、「お前さん caitsith.biz って持ってるよね? 実は caitsith.org ってのが空いたんだけど取らない?」って表示が出た。マジか!?

実は caitsith.biz は、当時、.com や .jp を取りたかったのだけど、全部取られてて仕方なく biz にしたドメインだったので(もちろん .org も取られていた)、これはまたとないチャンスとばかりに取ってしまったドメインで、使い道もなんにも決めてなかったりする(汗)。
ちなみに今は http://caitsith.org/ にアクセスすると、http://caitsith.biz/ と同じ場所にアクセスするだけである。

この caitsith.org 、何か使い道ないかなぁと思ってたら、メアドに貸し出すというのはどうかと思いついた。その時は渋谷に出向中で忙しいこともあり、実現できなかったが、Google のサービスに G Suit というのがあることを知り、それが使えないか試してみることにした。

やりたいことはユーザ登録などの手間をかけずに caitsith.org を使えるようにすることである。G Suit を使えば Google アカウントを持ってる人がボクのサーバに個人情報を渡さずに caitsith.org が使えるようになるのではないかと思ったのだ。G Suit 自体は多少お金がかかるかもしれないが、まぁそれくらいはって思ったのだが……。

G Suit はユーザひとりにつき 600 円 / 月かかるらしい。うおー、そうか……。確かに 30GB のオンライン ストレージやビデオチャット、共有カレンダーなどなど様々なビジネス ツールもついてくる。
う~ん、メールだけでいいんだけどなぁ……。GMail に caitsith.biz を割り当てるだけでいいんだが……

下の写真は『生姜キング』という生姜焼き専門のお店の唐揚げ定食。味はしっかりしている方だと思う。って、肝心の生姜焼きを注文してないのかよって話ではあるがw
いろいろ調べて見たんだけど、この生姜キングは銀座の洋食屋さんが始めたお店で、ここで使われている生姜焼きのタレはかなりの自信作だそうな。ただ、お店はけっこう閑散としていて、大丈夫なのかしらと思いつつ……その銀座の洋食屋に行ってみたいな。

子供は普通に汚い

Twitter からの寄せ集め、色々。

東北の震災以降、日本の電力事情ってどうなっているのかなということで、まとまった記事があった。こう言うのは随時追っていきたいなと思いつつ、ついつい忘れちゃうよね。

Google で先日行った温泉をなんとなく検索したときに気付いた機能。混み具合情報がある。すげー。っていうか、応用力だよなー。Google が集めているデータをどうやって活かすか。Google の中の人は楽しそうだ。いいなぁ。

POS で顧客管理していないお店も混み具合がちゃんと表示された。
どうやってるんだろうと思ったのだが、渋滞情報と同じなんじゃないですかねというツッコミをいただいて、理解した。まぁ渋滞情報は Google は VICS からもらってるとは思うが、まぁとにかく普通に Android 端末の数をカウントしたので出せるのだと言うことに気付くw

驚愕の事実。
日本の鉄道は、線路幅(ゲージ)はだいたい 1067mm で、これは世界標準(これを標準軌という)の 1435mm よりも狭い。新幹線なんかは標準軌だったりする。

でね、あの車内がクソ狭い大江戸線。あいつ標準軌なんだって!
マジかよ!! びっくりだよ!!

って、ただそれだけ。

ツイートの通りなんだけど、大人は汚いとかいう定番台詞はそっくりそのまま子供に返したい。子供こそ嘘はつくわ、暴力で脅すわ、盗むわ、罵詈雑言は言うわで、子供がキレイだなどと思ったこともない。まー、そもそも人間ってそういうものだよね、っていう。

ただね、そう言った「汚い」部分は、実は生存能力と密接に関わっている。
理性や法律などで縛ってはいるが、おそらく自然の中で生きて行くには必要不可欠なものでもある。しかし人間が作り出した社会生活においては「汚い」ものでしかない。

では社会生活では完全に要らないものかというと、そういうわけでもない。
科学の発展や人間そのもの向上には、こういった「汚い」部分が必要なものだ(便利さの追求、他人を出し抜く精神力、欲望など)。

そういえば我々ホモ・サピエンスが生き残れたのは、他の類人猿に較べて戦闘的だったからという説もあるらしい。

Google さんと Twitter さん

上記のツイートをリツイートした。こういう地方のライブ イベントはユーザさんの下支えというか、裾野を広げる活動の一つだと感じているからだ。ネット上ではなくリアルな交流の場にもなるし。
まぁでもそれは今回の話とは関係ない。

興味深いのは上のツイートをリツイートしてから、Google Ads. を使っているサイトで宇都宮のケーブルテレビのバナー広告が出るようになった。

ほう。なるほど。これは Twitter から Google に、こいつ北関東~福島関連のツイートをリツイートしましたぜ、みたいな情報が行ってるのかな。いや、単純にリツイートした内容を送ってるだけかもしれない。で、Google のサーバがそれらのキーワードを元に表示したのかも。

まぁ、そうだとしても、だ。ここがボクの記憶が曖昧なのだが、リツイートした端末をどうやって特定しているかだ。たぶんリツイートしたマシンで広告が表示されるようになったと思うのだが、確かにボクの使っている端末はどれも Twitter はログオンしっぱなしになっている。
なんかその辺で特定しているのかなぁ~。マシンの情報まで送られてたらヤだなぁ。

無料で使えるもんだから、この辺、企業側も遠慮がないよね。そりゃそうだ、その情報でお金を得ているわけだから。いまさら言うことではないし、インターネットの便利さにどっぷりつかっているので、言うこと自体、ナンセンスだとは思うが、なんともはや気味の悪い世界になってきましたなぁ(ぁ

Google 検索のすごさ

去年の 8 月に Windows 8 をインストールしてからと言うもの、検索エンジンはずっと Bing を使い続けている。理由はデフォルト設定のまま変えてないだけだ。同時に Bing がどこまで使えるかというのにも興味があった。確かに普段使っている分には Bing でも特に困ることはない。前にもどこかで書いたかもしれないが、Bing はどうも Google よりも一般向けにしているっぽい。
それは特に一般の世界でも使われているオタク用語を検索すると顕著である。あと一般の世界でも使われているエロワードもかな。Google ではおそらくアクセス頻度やリンクされている数を正直にカウントして検索結果を出しているように見える。なので一般的な言葉でも、ネットスラングとしてネットの世界ではよく参照されるような言葉の場合、ネットの世界の方の意味での使われ方の方が上位に来る。エロとかオタクとかお構いなしだ。
ところが Bing で検索すると先に一般で使われている意味での方が上に来る。
たとえばうちのブランドから出る今月発売予定の「サンタフル☆サマー」というエロゲだが、Bing で「サンタフル」という単語を検索すると一位に「ヤマモモと三太の 日々是サンタフル」という犬とのブログがトップに来る。そして二位が「サンタフル☆サマー」なんだけど、ショップで公式サイトではない。が、Google では公式サイトがトップに来て、それから 13 位までサンタフル☆サマーで、14 位目に「ヤマモモと三太の 日々是サンタフル」が来る。
万事が万事そんな感じで、Bing はボクから見ると、オタク系やエロ系の優先度を意図的に下げているように見えるのだ。

あと技術的な検索に関しては、特に二つに優位差は見られなかった。ボクはどちらでも検索している。おおむね同じものがヒットするのだが、所々違うので、どちらも重宝している感じだ。

Bing で一番困るのが地図関係だ。というのもやはり Google の Street View は素晴らしく、どうしても世話になる場面が多い。Google で検索すれば GSV も一緒に検索出来るのだが、Bing だと航空写真までが精一杯。こと地図周りに関しては Google の方が一歩どころが、1000 歩以上ぬきんでていると思う。いわゆる越えられない壁というヤツだ。
そんなわけで、最近はデフォルトの検索エンジンをやっぱり Google にしようかなぁなんて思い始めている。ちなみにうちのサイトに飛んでくるのに使われている検索エンジンは 80% が Google。次点が Yahoo なんだけど日本の Yahoo は Google をつかっているので、実質 93% が Google だったりする。そしてこの分布は、うちのブランドのサイトもそうなので日本ではいかに Google が強いかよく解る。
なので Bing を使い続けたいんだけどねー、Google Street View も一緒に検索出来ないのはつらいなぁ……。

YouTube に BAN されたwww

ウチのブランドのオープニング・ムービーを YouTube にアップしてたんだけど、Google から規約違反だと言うことで削除されたばかりか、Google のブランドのアカウントまで凍結された。まぁ確かにエロ禁止なんだけどさー。うひひ。でね、すげーなーって思ったのが、この消された動画を試しに別のアカウントでアップロードしてみたら、なんと、「この動画は規約違反です」ってアップロードし終わった瞬間に表示されてしまった。
アップしたデータは、BAN された時のデータとまったく同じデータ。
どうやら、BAN したデータのハッシュか何かを取っておいて、アップロードし終わったとき、そのアップロードされたデータのハッシュ値と比較かなんかしているのだろう。たぶんパラメータをちょっと変えてエンコードし直してアップロードし直せば、大丈夫だったんだろうけど……正直そこまでやる気もなくなってしまった。

やっぱりエロには風当たりが強いなぁ……みんなエロいくせに(関連記事)。
notice

ネットから色々解ること

bs_zuho01m
今更だけれども、Google さんやFacebook さんがどんだけ個人を追跡しているかって話。

ブラウザってヤツはどうにも厄介で、例えばさ、ボクが自宅でノート PC を使って Google にアクセスしたとしよう。で、このノートをもって会社でまた Google にアクセスしたとすると、それでもうボクがどういう移動をしたか、どこが勤務先かって解るんだよね(笑)。もっともこれは IP とその地名が一致している場合だけど(ちなみに家でアクセスしたマシンと、会社でアクセスしたマシンが異なれば、特定は難しい)。
で、これが携帯電話(スマフォも含む)となると、もっとリアルに解ってしまう。
まいったねぇ……。
ただボクはそんなに心配してない。なぜならそのような丸見えの状態は、Google 社員も同じだから。ただ仕組みを知っていれば、そこから逃れる方法はあるので、Google 社員の中にも自社の監視網から逃れている人はいるだろう。

クッキーを消せばいいじゃんという意見もあるが、実は OS のバージョンとインストールされているフォントの種類、デバイスの種類でけっこう絞れちゃうんだな、これが。もっともそこまでして情報収集しているのかは、ボクは知らないけどね。

そんなワケで、「情報端末」を持ってる人ってのは「お天道様が見ている」じゃなくて「Google 様が見ている」状態なわけだ(爆)。それだけじゃなくて、ちょっと頭のいい人がサービスを提供すれば、そこで集まる情報なんていうのは、それこそ個人の性格やはたまた性的な趣向に至るまで知ろうと思えば出来てしまう。
まー、ボクなんかはだいぶ開き直り気味で、携帯で撮った写真はジオタグまでついているほどに個人情報漏洩しまくり。男でよかった(笑)<そこかよ

ボクが望んでいるのは、プライバシーがなくなるのは仕方がないとして、みんなそれぞれ他人のプライバシーを知ってもそっとしておいてくれる世界だ。どんな変態でもいいじゃない、世の中に迷惑をかけてなければ。別にいいじゃない、禿げてても。それをやれ「アイツは○○だ」とか「コイツは○○だ」とはやし立て、馬鹿にしたりさらし者にしたりするからプライバシーがって話になると思うんだよね。
みんな誰も馬鹿にしなければ、ハゲの人は堂々とハゲでいられるし、ロリコンだって別に犯罪を犯さない限りはロリコンでいることを堂々としていられるし、同性愛もしかり。どんな人間だって対等に、そして尊敬をもって接しようよ。
そんな社会が来てくれるといいなぁ。