amatsukami.jp サーバー、死す?

amatsukami.jp サーバがブルースクリーンを出して、落ちた(爆)。
うひぃ。
今は代替機がないので、コイツに死なれるといろいろと困る。
ただまぁ、今年中にリプレースはしたいとおもってるんだけどねぇ。Windows Server 2016 にしたいし(今は Windows Server 2008 R2 で運用中)。

で、エラーの内容見ても、これがまたこう原因が複数あるタイプのヤツなのよね……。
とりあえずこのサーバは 6 回の夏をエアコンなしで過ごしてきたので、いろいろダメになっているんだろうなぁというのは何となく解る。一番疑わしいのはマザーボードとメモリである。メモリなら交換がきくが、マザーボードとなると、同じものは用意できないだろう。なにせ 6 年前だからなぁ……。

あと不思議なのが、ブルースクリーンが出たあと再起動すると、しばらく使えるのよね。三日間とか。短くても丸一日持つ。
まずやるべきはメモリチェックなんだけど、厳密なメモリチェックは一日作業だ。その間、サーバを停止させるわけにもいかない。なので搭載メモリを MAX まで使うような処理をしてみているんだけど、それでも飛ばない……。

で、いろいろ検索した結果、こんなページを見つけた。

ただねー、ボクの心はこれじゃない、って騒いでるw
絶対ハードウェアの何かが壊れてるって、もう頭の中じゃ解ってる。
けど一縷の望みをかけて、当ててみた。

すると、これがまたしばらくサーバは動き続けるんだよなー(汗
というわけで、このサーバ対応、別の日に続きます(つまり上のでは解決はしなかったということだw

1610071849

VR のリソース食いに泣かされる

ちょっとだけ VR 案件に関わっているんだけど、いやー、すごいね!
何が凄いって、そのリソースの膨大さというかなんというか。要するに天地左右 360 ℃をすべて映像化しなければいけないじゃない? となると画素数が 8K(8192×4096 ドット)でも足りないのよ! いやまぁ、たりなきゃないけどさ。でも映像は美しい方がいいじゃない?

で、今日、VR マシンで生成された 8K のスクリーンショットを一本の動画に編集するって言うのをやったんだけど、H.265 の 1 パスのけっこう画質に振った設定でエンコードしようとしたら、7 分しかない動画なのに、24 時間もかかるって出た……orz

ぐはー!

結局その後、4K(4096×2048 ドット)の H.264 にしてみたんだけど、それでも一時間とか出るから、最終的には 2048×1024 というしょぼい画素に(汗)。これだと数分でエンコードできる。

まぁ、VR メガネがわりと滲んでくれるので 2048×1024 でも別にそんなに文句はないんだけどね。
あと景色が全部 2048×1024 のクオリティになると、脳がその世界を勝手に受け入れるので、違和感とか現実とは異なるとかそういう気持ちがなくなるんだよね。VR ってスゲーって思った。
なので勝手にその世界に没頭しちゃう。
とはいえそれはボクの脳だけなのかもしれないけど(^^;
他の人はどうなんだろ……。

そんなわけで、今、いろいろ VR 関係で格闘中である。
たとえば選択肢とか文字とか、UI はどう表示すべきなのかとか、移動とかどう実現すべきかとか、わりと 2D ディスプレイのゲームで簡単に実現できることが、色々と難しいのだ。この辺はまた進んだら報告できると思う。

Windows タブレットにまつわる、お馬鹿な話

今日は朝の 7 時に起きて、弟を羽田まで送った。
写真はその時に食べたお寿司なんだけど。まー、ひどいね!
外国人もこれを食べるわけでしょう?? 正直、やめてもらいたい。それくらいネタがひどく、握りもひどかった。そして高い。バカにしてんのかって感じ。
名前は『ありそ寿し』。
殿様商売にもほどがある。ボクがよく行くカウンターのすし屋なんかこの半額でもっといいモノが食えるわ。
それとも所場代が相当高いのだろうか?
1511237499 1511237500

閑話休題。
昨日、ジャンクのタブレットに Windows を入れる話をしたけれども、実はその前に一騒動あったのを忘れていた(汗)。まぁ、非常にくだらない話。
タブレットに OS をインストールする前、BIOS の設定をいろいろしていたのね。で、デスクトップ機で OS のイメージとか作ったりしてて、タブレットの方は BIOS 画面のまま放置してたのよ。
しばらくして MicroSD から起動する Windows のイメージができあがったので、タブレットにそれを挿そうとしたら、タブレットの画面が消えていた。「あれー、BISO 画面でスリープなんて機能ないよなー」なんて思いながら電源ボタンを押したのだが、ウンともスンとも言わない。
やや!?
これはどうしたことだ?
念のため、電源ケーブルをたとると、AC アダプタは電源にちゃんと刺さっている。
ややや!?

不良品だったかー。と、この時は思った。

念のため「T11B 電源 入らない」とかで検索すると、電源が入らなくなって交換してもらったとかいう記事がヒット。さらに別のブログでは、このタブレットが投げ売りされてる理由として「玉数がそんなに多くなく、不良で交換してもらおうにももうメーカーが対応できないからではないか」という話も上げられていた。
あちゃー……。
まぁ、仕方ない。そもそもジャンク扱いだし、返品不可、5000 円という金額からしてこう言うこともありうるよな。と、スパッと諦めた。

ところが、このタブレットを箱にしまおうと AC アダプタをコンセントから抜こうとしたとき、あることに気付いた。ここがまた複雑な話なんだけど、このタブレットの AC アダプタはコンセントがアース付きの三極だったのね(こんなやつ)。たまたま余っている電源タップには挿せなかったので、AC アダプタをつなぐためにコンセントがバラバラになっているヤツ(こんなの)がポロッと出てたので、それに挿したのよ。こいつだと三極でも問題なく挿せるのだ。
ところがこの AC アダプタ用のたこ足の刺さってた先は、音楽用の電源タップだった。
音楽用の電源タップというのは、シンセサイザーやら MIDI キーボードやらが挿さっている音楽作業をするための電源タップで、普段は通電されていないのよ(汗)。

つまり土曜に買ってきたタブレットは、単純にバッテリーがなくなって電源が落ちただけだったのだwwww

しかしアホなことはまだ続く。さっきこのタブレットの AC アダプタのコンセントは三極だと書いた。そしてこの三極が挿せるタップがどれもいっぱいだった。そこでふと電源タップを一つ一つ確認してみると、三極を二極に変換するコネクタ(こんなの)を使ったものがあった。しかもその電源は別ブレーカーのもので、電気をよく食うレーザープリンタ用のもので、そのレーザープリンタはもう壊れたので、この電源ケーブルは使ってないはずだ!
っていうことで問答無用に引っこ抜いた。

はい、サーバの電源でしたぁ!!

ぎゃ──────────!!! なんということを!!

という天然を絵で描いたようなことを二回続けてやってしまうと言うダメッぷり。これがカワイイ女の子ならまだいいが、ただのおっさんだからなぁ(爆)。まぁそんな与太話。

缶バッチとか自転車通勤とか壁紙とか

恒例の Twitter から拾った色々な雑談話。イベントでもらった缶バッチとか、自転車通勤のことを考えたりとか、iPhone の壁紙に物言いが付きまくるとか……。

5/3 の文学フリマ東京でいただいたインカコーラの缶バッチ。是非使いたいとは思っていたモノの、そのままだと傷だらけになりそうだなと思い、色々悩んでいたらカバーがあることを知り買ってみた。
これでカバンにつけて使うぜ~。
ただ大きい方は裏が安全ピンではなくマグネットなので、デスクに貼って使ってます。
改めて、ありがとうございました。

ウチから会社までは片道約 25km。自転車で行けないんだろうかと考える。
往復で 50km である。
流石にキビシいか~。
電動アシスト自転車だとどうかなぁ?

いやね、やっぱり電車には乗りたくないのよ。
打ち合わせがあるときは車で行ってもいいんだけど、何もない日に車で行くのは流石に経済的にも環境的にも良くない。
あとは原付かなぁ……。
とか悩んでいるウチに、月日は過ぎていく。

ボクの iPhone の壁紙が『詩代 叶』なんだけど、脱ぎかけの絵である上に、ちょうどアイコンがない部分にパンツが来るのよね。で、ボクの iPhone の壁紙を見た人がみんなして「ひどい壁紙だ」と言うので、ついに下着が見えないものに変えた。
この壁紙についおてはボクのモラルが完全に崩壊してるんだよね。PC も iPhone もノート PC も Windows タブレットもエロゲの絵ばっかりなのよね(汗)。
というわけで、今は『柳橋 桜織』と『月夜野ちあら』で。
待ち受け画面は『草薙 一葉』。一葉なー、結局エッチシーンないんだよなー。一葉が兄に無理矢理凌辱される(この無理矢理は兄が無理矢理妹を凌辱させられるという意味w)話とか書きたいんだけどなー(一葉にそういう願望がある)。
一葉やーい。
IMG_2880 IMG_2881 IMG_2882

最後の料理の写真は、5/3 に曙橋で食べた松屋のモノ。とにかく肉とご飯がリーズナブルに食べたいと言うことで W カルビ焼き定食の特盛り。食っても食っても肉とご飯がなくならない。でも松屋の肉ってなんか味が変というか、独特だよね。
1506042883 1506042886 1506042885

食べ物いろいろ+α

ゴディバって美味しいね

バレンタインにゴディバのチョコレートもらった。ゴディバというと「おっぱい触らせて!<バカ」という印象しかないんだけど、アレはイングランドでゴディバはベルギーなのね(だから何だ)。
ボクはカカオ 70% とか 80% くらいのが好きなんで、それは勿論おいしくいただいたんだけど、ミルク チョコレートもとても美味しくてびっくりした。海外のミルク チョコレートってさ、ぶっちゃけミルクが強すぎて臭いもひどいし、甘いし、あと引くしで絶対買わないんだけど、ゴディバのはスッキリしていて変なミルクや動物臭い臭いもしないし、あとも引かないし、紅茶に合うしでとても良かった。
今度自分でも買ってこようかなぁ。
1502171427 1502171431

なか卯に牛丼ってなかったんだね

会社行く途中でとりあえず腹ごしらえをしようと言うことで、なか卯に入った。牛丼、牛丼と思いながら券売機のボタンを確認するも、牛丼がない。むむむ? まぁ、味が一番近そうなのはこのすき焼き丼か? と思い、それを注文した。
うーん、具の種類が多すぎて牛丼のようにガツガツいけないなぁ。
後で聞いたが、牛丼の低価格戦争に追随できなくなって、やめたらしい。
へー。
1502191433 1502191434

日本橋焼餃子

かつて「陳麻家」というけっこう唐辛子にこだわりを持った中華屋さんだったのに、日本橋焼餃子とか言う、不味い中華料理屋に変わってしまた。たぶん、店の中の人も変わっていると思われる。この辺は、この辺にボクの疑問として記事にしている。
担々麺もイマイチだったー。フツー以下。じゃ、なんで行くのかというと、夜でも安いから(笑)。ただそれだけ。
浅草橋って飲み屋が多くて、夜になると定食とかご飯だけ食べられるところがぐっと減るのよねぇ。

1502191435 1502191437

東京都のお金の落とし物は、年間 33 億円

東京都で交番に届けられるお金の落とし物(財布とか)は 2014 年は 33 億円だったそうな(記事)。そのうち持ち主に戻ったのは 24 億円とのこと。いやー、こんなに多いとは思わなかった。数千万くらいだろうと思ってた。33 億円……すごいなー。
東京もちょっとした宝の山ですな。

萌えの世界は女だけになればいい(何

何のツイートがきっかけだったか解らないが、ボクは前々から最近(というか 2000 年くらいからずっと思っているが)の萌えは男がいらないなーと感じている。例えば『らき☆すた』とか『けいおん』もそうだし、『ストライク ウィッチーズ』とか……最近では『艦これ』もそうかなって感じる。

でね、哺乳類って XY 染色体のウチの Y がどんどん小さくなってるのね。哺乳類として歴史の古いネズミなんかではすでに Y 染色体がない種類も現れ始めた。また、魚類では、サメなんかが雌だけで子供を産むというのも観測されている。
つまり雌だけで子供が作れれば、雄っていらないのだ。
例えばあんこうなんかは、みんなが頭の中に思い浮かべるあの魚は全部雌だ。雄はどこにいるかというと、雌の身体にくっついて精巣だけ残してあとは退化してしまう。産卵気になるとそこから精子だけ出すという射精マシーンと化しているのだ(笑)。

つまり萌えの世界は、Y 染色体が完全になくなり、女しか生まれてこない数百万年後の地球の姿だったんだよ────!!!

なーんて、Y がないトゲネズミなんかも実際は雄がいます(ぁ

 

ゲームデザイナーの死、ねぇ

(関連記事:ゲームの目的ソーシャルゲームの値段設定がひどい
知り合いから下記のような記事が送られてきた(その時のツイート)。

簡単に話してしまうと、今、ゲームで必要とされるデザイン能力はユーザにいかにお金を払わせるかという心理学的な手法やアイデアが要求され、ゲーム性であるとか、そのゲーム性によって導かれるステージ毎のギミックだとかそんなのは必要ないよ、っていうお話。そして前者を勉強してこなかったゲーム デザイナーはもうお払い箱だよと。
あと、前者のようなやつは若い人でもできるから、給料安くて済むよねみたいな話も入っている。

どうなんだろうねぇ? 将棋、麻雀、ポーカー、ブラックジャック、野球、サッカー……いずれのゲームもルールを学ばなければいけないし、今まで培ってきたデータは重要だし、ルール以外にもセオリーなんかも学ばなければならない。
ゲームとはプレイヤー側の努力が必要だ。
今までのコンピュータ ゲームもおおむねそうである。操作方法を学び、ゲームのルールを学び、そして上手くなるために練習しなければならない。もちろん、過去の戦歴データは重要だし、ステージ毎の特徴や自分が使えるアイテムなどにも熟知する必要もある。

ソーシャルゲームの多くはそういった努力は余り必要ない。
とはいえ、まったく必要ないかというとそう言うワケではない。カードの特徴やカードの持つスキル、そして成長カーブなんかは憶えておくにこしたことはない。デッキを組むときにそれらの知識や経験は重要だ。
しかし裾野を「ゲーム好き」からさらに「ヒマだからゲームでもするか」層に広げていくと、当然ゲームに対して努力しなくなるユーザが増える。
しかしゲーム会社としてもゲーム好きだけを相手にするわけにはいかない。儲けるためにはゲームに興味のない人たちも取り込んでいかなければならない。だから、上で書いた様なゲーム性よりも心理的にお金を払ってしまう環境を作り出す方に精を出してしまう(端的に言うと、射幸心をあおるような内容)。

まぁ、しかたのないことだろう。

そしてゲーム好きのためにちゃんとゲームを作って儲けることは全然出来るけど、そのパイは少ないというか、会社的には全世界で 10 社あればいいよね、みたいな気がする。
とはいえ、その 10 社だけだとゲーム好き向けのゲームはやはり衰退してしまう。何故か? 競争がなくなるからだ。だから採算がとれなくて潰れる会社がたくさんあって、諦めたり、業界から去って行くクリエイターや、給料ももらえずにそれでもしがみついて頑張るクリエイターなどなどそう言うのがいつつ、上位 10 社が高いレベルを保持できるのだ。

そんなわけで悲観する必要はないんじゃないかなぁ。もちろん、苦しいことに変わりはないけどね。

オープン リゾルバ事件

勤め先の会社は三つの開発室があるんだけど、それらのネットワークを管理している。で、そのうちの一つの開発室で利用しているプロバイダから、どうも大量の不正パケットが流れた形跡があると連絡をよこしてきた。
ログをみたら、一目超然、DNS amp 攻撃だった。

ぎゃーす! そういえば、DNS の設定ってどうなってたんだっけ?<ヲイ
って色々調べたら、amatsukami.jp サーバもオープン リゾルバになっていた……orz

皆さんがウェブサイトを閲覧するとき、そのサイトを運営しているサーバに正しくアクセスするためには DNS という仕組みが不可欠である。インターネット上のサーバはすべて一意の重複することのない番号(IP アドレス)が割り振られていて、この IP アドレスはグローバル IP アドレスと言って、インターネット内で重複しないように割り振られている。例えば今あなたが見ている TAMA Networks を提供しているサーバのグローバル IP アドレスは 210.136.205.247 であり、これは世界に一つしかない IP アドレスである。この番号を他の誰かが使うことはない。
でもこの 210.136.205.247 という数字を使ってデータをやりとるするのは非常に非効率だ。この数字は将来的に変わるかもしれないし、この IP アドレスで提供されるサービスは一つに限ったことではない(FTP、メールなど)。
そこで、この数字と抽象的な名前(○○.co.jp とかのことで、これをドメイン名という)を関連づけることによって、柔軟なアクセスを提供するのが DNS という仕組みだ。たとえば、TAMA Networks のブックマークをブラウザで呼び出すと、ブラウザは amatsukami.jp にアクセスしようとする。ブラウザはまず DNS を提供しているサーバに「amatsukami.jp は何番でっしゃろ?」と問い合わせに行くのだ。すると、DNS サーバが「210.136.205.247 でんがな」と答えてくるので、ブラウザはその DNS から答えられた番号の振られているコンピュータ(サーバ)にアクセスしに行くのである。
これはなにも amatsukami.jp に限ったことではなく、世の様々なサーバ(sony.co.jp とか honda.co.jp とか)すべてがこの方法でアクセスしたいサーバを求めており、これを名前解決と言い、このような DNS サーバを「フルサービス・リゾルバ」という。

ではどのフルサービス リゾルバ DNS にアクセスしに行くのかというと、それは各プロバイダが提供している。他にも Google なんかが自由に使える DNS サーバを用意してくれたりしているし、自分で設定することも出来る。
また会社では会社で建てたフルサービス リゾルバ DNS サーバがその役を担い、ウチの会社もそうなっている。

さて、では DNS サーバというのは全世界中の IP アドレスと名前の情報を持っているのかというと、そう言うワケではない。DNS サーバは例えば「amatsukami.jp は何番よ?」と問い合わされたら過去に同じ問い合わせがないかをまず調べる(キャッシュ)。なければ、.jp を管理している DNS サーバに問い合わせに行く。すると .jp を管理している DNS サーバは「amatsukami.jp なら 210.136.205.247 っていうサーバが詳しいことを知ってるぜ」と返してくるので、210.136.205.247 に問い合わせに行くと、210.136.205.247  の DNS サーバ(つまりボクのサーバ)が amatsukami.jp に関する様々な名前と数字の対応を返すのである。このようにフルサービス リゾルバは、次々とより上の DNS サーバに問い合わせていくようになっていて、これを再帰呼び出しと言う。
amatsukami.jp に関する様々な名前というのは、例えば ftp.amatsukami.jp や www.amatsukami.jp など、amatsukami.jp がつく様々な名前である。ここで初めて、amatsukami.jp も 210.136.205.247 だとって返ってくるので、これを問い合わせしに来た機械に渡すのである。
この時、この「問い合わせをしに来た機械を詐称」することができる。
つまり本来は、A というコンピュータが「amatsukami.jp は何番よ?」って聞いてきたら、その結果を A に返すはずなのだが、ここを B というコンピュータに返せとすることが出来てしまうのである。
こうすることによって DNS サーバは B に答えを送ってしまうどころか、本来定義されていない情報を問い合わせる(この問い合わせ内容が、普通の DNS 問い合わせより遙かに情報量が多いように細工されている)ことによって、DNS サーバはコンピュータ B の回線をパンクさせてしまうのだ(実際には何万台という乗っ取られたパソコンをつかって、DNS サーバにこのような攻撃を行う)。
そのためフルサービス リゾルバは、インターネットの誰からでも受けてはいけないように設定しなければならない。そもそもこの名前解決の問い合わせは各プロバイダが提供しているのであって、わざわざ他人のサーバに問い合わせる必要などない。従ってウチも社内でのみ、このサービスは提供すべきなのである。

ではなぜそれがインターネット全体にも提供していたのか?
それは上の説明にも出てきた「amatsukami.jp なら 210.136.205.247 っていうサーバが詳しいことを知ってるぜ」という部分である。ボクのサーバは全インターネットに向けて、amatsukami.jp に関してのみ責任を持って名前解決をしなければならない(こういう DNS サーバをコンテンツ サーバという)。
amatsukami.jp のついたものに関しては、ボクのサーバだけが真実を知っているのである(実際には真実を知っているサーバを定義することが出来るが)。
そして Microsoft の DNS サーバは、フルサービス リゾルバとコンテンツ サーバを分離出来ない。もし分離したかったら、フルサービス リゾルバ用の DNS と、コンテンツ サーバ用の DNS をそれぞれ別に立てないといけないんですな(ちなみに UNIX の世界で使われている BIND という DNS のプログラムは、この二つの機能を分離出来る)。

まぁ、Windows でも BIND 使うべきなのかもしれないけどね……。

で、とりあえず会社の方はコンテンツ サーバとしての役割を他の外向けサーバに移し、ルータ側で DNS の外部ポートを閉じた。
一方の amatsukami.jp は LAN 内の Active Directory を提供しているマシンにフルサービス リゾルバを設定し、SMTP(メール)のゲートウェイをしているサーバに新たに DNS をインストールし、そちらでコンテンツ サーバとして設定した。これで amatsukami.jp サーバがオープン リゾルバではなくなった。

あー、説明が長かった……orz
ちゃんと正しく説明できているかなぁ……。