変わってなかったせたが屋

最近、ショッピングモール内のフードコートでせたが屋をよく見るようになった。せたが屋というのは魚出汁ベースの醤油ラーメン屋で、それこそ 15,6 年前にボクのお気に入りのラーメン屋さんだった。というのも当時は大勝軒が大はやりしており、煮干し出汁などの魚出汁系のラーメンが流行っていたんだけど、どこも出汁を取り過ぎ、渋みや苦みのあるお店ばかりだったところに、せたが屋はそういった渋みのない素直な魚出汁ラーメンを出していたのだ。

だから好きだったんだけど、6 年前にはすでに他のラーメンが発達しすぎて、もうすでに古い味となっていた。

そのせたが屋がアクアシティ東京ラーメン国技館にも入っていた。
今頃フューチャーされてるけど、味、変わったのかな? と思って入ってみた。

結果から言うと、うーん……古いままだった。いや、もいろん美味しい・不味いで言えば全然美味しいんだけど、今のラーメンってすごいこってるじゃない? 出汁一つとってもそれこそいろんなのが溶け込んでる。しかもアクアシティって施設に来るようなお客さんは、外国人も含めてバラエティに富んだしかもガツンと来るラーメンを求めてると思うのよね……そういう意味ではやっぱり古すぎるラーメンな気がした。

あと出汁がじゃっかん渋かった……。もうちょっとサッパリしていてイイのになぁ。

ショックな出来事(せたが屋と土蛍)

悲しい物語を聞いてくれよ。これは月曜日の話なんだけどさ、別の会社の人間と帰りに飯を食うことになったのさ。お気に入りの Village Vanguard DINER 阿佐ヶ谷店が深夜営業をやらなくなり、どこか深夜でもハンバーガーが食べられる店を探していたら、大井町深夜二時までやっているハンバーガー屋(正確にはハンバーガーも出す飲み屋)を見つけた。
意気揚々と店の前に乗り付けたら、閉まってた。
サイトをよく見てみると、月曜日が定休日だった……orz

まじかー。

ってことで、ハンバーガーが結局食えず、東京のしかもあんまりよく知らない大田区~品川区近辺でウロウロ。うーん、高い店しかないことない? とか思いつつ、じゃぁ帰り道に何かあるかも、と帰路についた。そこで思い出したのが、せたが屋という名前のラーメン屋。あっさりの魚出汁で、醤油と塩があるが、厨房が狭いため、昼間が塩、夜が醤油という面白いお店である。そして断っておくと、これは 6 年近く前の情報である。
でも当時すごく美味しかった記憶があるので、同乗者に、あそこはうまいよといいながらも環七を練馬方面へ北上。店を発見。さっそく入店! 醤油ラーメンを頼む。待っている間、せたが屋の思い出話に花が咲き、ここはとっておきの店なんだぐらいの勢い(爆)。6 年ちかく来てなかったくせにwwww
130122DSCF4722 130122DSCF4723
130122DSCF4725 130122DSCF4728
というわけで、食べてみた。
食べてみたんだが……いや、確かにうまいし、期待通りの味なんだけど……。ふつーだった。そう、ふつーだったんだよ。どこにでもあるって言い方は失礼だけど、これくらいのレベルのラーメン屋はもう珍しくとも何ともないってことに、この時初めて付いたんだ。
そしてもう一つ思ったことは、それがそのままエロゲ業界に当てはめてみると、自分の作るレベルって大丈夫なんだろうかってこと。いや、萌えがどうとかそういう部分じゃなくて、プログラムであるとかグラフィックであるとか全体のパッケージングであるとか、そういった部分でちゃんと今のレベルについて行けているのかという事を見直すきっかけとなった。

いやー、恐るべし、ラーメンの進化速度。6 年前のラーメンが、もう普通か。
ちなみに知人から聞いたのだが、チェーン店のハンバーグの味も 1 年違うだけでそうとう上がっているらしい。やばいなー、みんな頑張ってるなぁ。いや、ボクも頑張ってるけどさ!

で、同じ印象は同乗者も感じたようで、美味しかったけど別に特別なラーメンでもないよね、って言われてしまった。悔しいので、美味しいもの食べに行こうぜ! って話になった(バカ)。でも時間にしたらもう AM2:00 すぎ。果たしてどこがやっているのやらって思いながら世田谷通りを西に向かって走っていると、環七を越えたあたりにお好み焼き屋さんを発見。名前を土蛍。よしお好み焼きを食うか!
130122DSCF4729 130122DSCF4732 130122DSCF4734
130122DSCF4736 130122DSCF4738 130122DSCF4739
どうですか!
このお店、朝の 5 時までやってるらしい。いい店見つけた。
食べログの点数低いけど、どうせ自分で調理するんだから、関係ないしね。
ただ、めっちゃ服にお好み焼きの匂いが……。というわけで、せたが屋のこともエロゲのことも忘れてお好み焼きを堪能しましたとさ。