また風邪引いた

また風邪を引いてしまった。

発端は 6/29 のホタルツアーである。集まったメンバーの一人に風邪を引いた人がいたのだ。
しかし、ボクはここで同じ失敗をしてしまった。
別荘に泊まって 6/30 の朝、喉がいがらっぽかったのに、いびきの所為だと思ってしまったのだ。
この時、風邪に対処しておくべきだったのだ。
それから毎朝いがらっぽいなぁなんて思いながら朝を迎えていて、風邪だと気付いたのは 7/3 になって鼻水などが出始めてからだった。

くそー。

しかも、つい 5 月の頭にまったく同じ兆候で風邪を引いたばっかりだというのに……。
そして結局今日は会社を休むほどになってしまった……。

ほんの二ヶ月ほど前に同じ症状にかかっておきながら、すっかり忘れるとは。
喉元過ぎれば熱さを忘れるとはまさにこのことではなかろうか?

せっかく一年以上風邪をひかなかったのになぁ……。

地獄の大腸ファイバーと北朝鮮の与太話

4/10 の胃カメラに続き、今日は大腸ファイバー(大腸内視鏡検査)の日だった。
健康診断の便潜血という結果は、どちらかというと今日の検査が本命である。大腸癌が存在する可能性もあるのだ。とはいえ事前の血液検査や、癌検診では癌の疑いはまったくなかったので、癌に関してはあまり心配していなかった。
そもそも 20 代の頃から便潜血は健康診断のたびに言われていたというのもある。
とはいえ、どうして便潜血が出るのかはずっと謎のままだった。

いやー、しかし大腸ファイバー、大変だね。当然、大腸の中を空っぽにしないといけないわけで、土曜日から食事は消化の良いもののみ。野菜・果物は NG。繊維のあるものは全部 NG。食えるのはせいぜい豆腐、おかゆとかそういうもの。そして前日の 21 時から一切食べるのは厳禁だ。しかしこれらは別にそんなに大変ではない。
大変だったのは、朝の 9 時から 2L の下剤を飲んでひたすら出すこと。
とにかくこれが大変。

まず下剤が不味い。薬臭がすごく、飲み下している間、吐きそうになる。
この薬臭がもうちょっとおさえられてればなぁ……もっと普通に飲めるのに。

一杯 200ml を 10 ~ 15 分おきにとりながら最終的に 2L 飲んでいくんだけど、あまりの薬臭のひどさに次を飲むのがとても嫌になって、なかなか飲む気にならなかった。

さらに試練は続く。まず車での来院は NG。すると公共交通機関を使わないといけないのだが、下剤を飲んだ状態での外出になるため、いつ便意が来るか解らない状態。これはやばい!! かなりやばい!! 病院の場所は田無駅の近くなんだけど、とりあえず田無行きのバスに乗りそこから大事を取ってタクシーで病院へ。
なんとか漏らさずに病院には着いたが、病院で待ってる間も何度もトイレに行くハメに。
まぁ当然だけど。

そして診察へ。実際に入ってみると、腸内は神経があるわけではないので痛いとか苦しいとかそう言うのはあんまり無いんだけど、水と空気を送ることがあってその時はゲリをしたときお腹がグルグルする感じ? あれがずっと下腹部あたりでなってる。
あと胃カメラと違って体勢を割と頻繁に変えないといけないのが大変だった。仰向けになったり横向きになったり。医者曰く、中で腸がくねっているのでカメラの到達地点にあわせて身体も回転させないといけないらしい。
めんどくさい。

検査時間も長い。胃カメラの時は 5 分くらいで終わったが、こちらは 2 ~ 30 分はやってたんじゃないかなぁ……。ちゃんと測ってはないんだけど。そしてポリープが一つあったとのことでそれを取った。中の様子を映しているモニタは患者も見られるのでポリープを取るところとかも全部リアルタイムで見ることができる。

終わったら、2 時間は食いモンは食ったらダメ。その後は普通に食っていいと言われた。特に食っちゃダメなものないが、暴飲暴食はしないようにと言われた。でもね、そもそも水と空気が残ったままだから飯を食う気になんか当分ならなかった。そして妙に疲れた……。
家に戻ってもずーっとぐったりしてただけ。
下剤もまだ効いていて、体調が何となく落ち着いたのは 22 時頃だった。
いやー、この検査は大変だわ。

このツイートねー(笑)。
何と重なったかって言うと、単純にもう脈がない女の子(北朝鮮)にあれやこれやと振り向いて欲しくて一生懸命な姿(韓国)と重なったのだ。でも書くと、女性蔑視的な指摘を受けるかもしれないと思ってツイートでは言わなかった。
そうなのだ、北朝鮮の外交はとても女性の気分に似ているように見えて仕方がない。変なツンデレ要素もあるし、おだてるといい気になったり、すねるとミサイル飛ばしたり、まったく脈絡も根拠もないプロパガンダや他国への攻撃とか、ホント女みたいって思ってしまう。
ほら、女性蔑視っぽくなってきた(笑)。偏見でしかないw

ただ北朝鮮を単純に馬鹿にすることは出来なくて、父親の金正日の頃から外交戦略は日本よりぜんぜんすごいなと思うことは多い。実際、アメリカと直で対話するところまでアメリカを引きずり出したわけだし。ボクの言う女みたいな態度が、実は計算されたというか解っててやってるんだとしたらとてもすごいことだ。
ただそうでもないというのが、ここ最近のボクの評価でもあるが。まぁ与太話。

久しぶりの風邪……orz

5/2、風邪引いた。くそー。
前回引いたのが 2017 年の 11 月。それ以来頑張ってたんだけどなぁ。
実は 1 年と 5 ヶ月、まったく引かなかったわけではない。「あ、風邪引き始めかも?」って気付いたらすぐに対策を施すことによって、重症化しなかったのだ。ところが今回は引き始めに気付かなかったのだ。一昨日くらいだったかなぁ? 喉がいがらっぽい感じはしたものの、ボクはそれを寝たときに口呼吸をしてしまって喉が乾燥しているからだと思い込んでしまったのだ。
何も対策をしなかった。
そしたら、5/2 になって高熱と喉と咳と鼻水が……。まじかー。こうなってしまうと、もうどうしようもない。

弟一家が来たとき、甥が咳をしてたのよね。それが伝染ったか……orz

なので 5/2 は会社に行けなかった。
5/3 はだいぶ身動きとれるようになったので、会社に行った。けど、あんまり仕事進まなかったなぁ。当たり前か(汗)。

5/3 は帰りに洗車しようと思ったんだけど、洗車場はすげー並んでた。まじかー。23 時も過ぎたというのに……。仕方がないので、洗車せずに帰る。今の時期って花粉に黄砂にほんと車が汚れるのよね。まぁどちらももうだいぶ時期は過ぎてはいるが……。

ところでボクが風邪に悩まされているというか、健康不良なのは多分に飼っている猫も原因の一つになっている。というのも、猫が発情期で夜中ずっと部屋の中を暴れ回っているのだ。まず鳴き声がすごい。低い声でしかも音量がでかい。さらに床の上をドタバタと走り、布団に潜り込んできたかと思ったら布団の中で身体をくねくねさせて暴れまくる。

猫用の部屋があるのでそこに閉じ込めるという方法はいちおうある。ところが二匹飼っているのだが、二匹ともが猫用の部屋に行ったかどうかを確認するのがけっこう大変なのだ。こっちは寝たいので頭があまり働かない中、猫用の部屋に二匹とも揃っているかどうか確認。いなければボクの部屋を捜索しなければならない。ベッドの下や PC の裏などに入ってしまっている場合は、うまく見つけられず、結局、猫用の部屋とボクの部屋の間の扉を閉められず……そうすると結局ボクの部屋にやってきてしまうわけで……。

ほとんど睡眠がとれないまま朝を迎えるという……何とかせんとなぁ……。

足のむくみを考える(何

今回、9 ~ 10 月いっぱい、シナリオでほぼ缶詰状態だった。1 日の睡眠時間は 3 時間程度で寝ない日もあった。唯一、洗濯しに帰るときが 8 時間睡眠の日。また食事も 1 日 2 食、それもほとんどが「カップ麺+おにぎり」か「カップカレーライス+パン」というものだった。どこかに食べに行くという時間などないのだ。
そんな生活をしていたら、靴が入らないほど足がむくんでしまった。

足がむくむと、正座の時、面白い現象が起きる。
なんて言うんだろうね、そもそも足が曲げづらい。関節が曲がらない。そりゃそうだ、中に水がつまってるんだから。で、足を曲げて正座をすると、じわーっと液体が押し出されているような感覚が伝わってくる。ちょうど水風船を押したような、もしくはスポンジを押したような感覚? もしくはアレだ、歯磨き粉のチューブを押したような感じだ。「あー、身体の中に液体がたまってるんだなー」ってのが実感できる。

で、このむくみ、10 月の缶詰がいったん終わって、睡眠時間をちゃんととったらすぐに引いたのね。だけど 11 月も実はそんなに睡眠時間取れなくて、また 9 ~ 10 月みたいな生活に戻ってしまったんだけど、この時は食事を食べに行かれないほどではなかったので、カップ麺などのインスタント食品からは離れられたのよ。
ところが 11 月も半ばを過ぎるとそうも言ってられなくて、またインスタント食品な生活になったのね。そしたら、また足がむくみはじめた。

アレー?

ボクは睡眠不足のせいで足がむくんでいたんだと思っていたのだが……インスタント食品のせい?
まぁ、でも結局その後、マスターアップしたらむくみはなくなってしまったので、詳しい原因は謎のままである。ただこういう生活はもう二度としちゃいけないなと思った。来年からは仕事のやりかたを気をつけねば。