髪切っていちころ

今日はお昼休みに髪を切りに行った。
なんか最近、ボクの髪耐性が弱くなっているような気がする。どういうことかというと、ボクが髪の毛を切る目安って言うのがあって、それは「前髪が顎に届いたら」だった。でも今はそこまで伸びる前に我慢出来なくて切ってしまう(汗)。うーん……前はなんで平気だったんだろ? 髪の毛の本数だって年と共に減ってるから、逆にもっと長くなっても耐えられそうなのになぁ。

前回いつ切ったんだろうと思ったんだけど、日記には残っていなかった。去年の 6/1 に切ってるけど、冬にも切っているはずなので……その時のことは日記にしていないようだ(汗)。

と言うわけでスッキリ!
ついでにお昼ご飯も食べよう。
というわけで、いちころに行く。福岡久留米の焼き鳥屋さんだ。福岡は豚に鳥に美味しい県だけど、ここの焼き鳥はなかなか独特なのだ。特に鶏皮が面白い。みっしりと中身の詰まった歯ごたえのある鶏皮が出てくるのだ。そして久留米のラーメンもいただく。
豚骨ベースだが色はだいぶ白とな異なる。豚骨のなんていうんだろうね、舌を滑るような感覚と動物性の甘味がここちよい。ここは夜、焼き鳥を食べに来たいんだよねぇ~。でもコロナ禍だとなかなか夜は利用できないのよね。仕事が終わるのが早くても 19 時だからねぇ……。
20 時閉店ってホント困る。

ボクの髪の毛は売れるらしい

昨日、駅の方に出たが何のために出たのか忘れたと書いたが、上のツイートをみてようやく思い出した。
髪を切ったのだ。

実は髪を切るのはほぼ一年ぶりである。

去年の 7 月だかに、スポーツ刈りぐらいまで短く切った(正確には切られてしまった)。
そんなに短く切ったのはそれこそ小学生の頃とかだから、果たして次床屋に行くのはいつだろうなんてことを思った。

で、一年。
いや、正確には 3 月頃からだいぶうざくなっていた。どれくらいウザイかというと、ラーメンを食べようとしたら丼に髪の毛が入ってしまうくらい。なのでラーメンを食べるときはとても気をつけなくちゃいけない。さらに目の前にばっさりとかぶるので、そもそも視界が悪い。運転中もバサッと上げてあった前髪が落ちてきて視界が遮られることも!

だけど床屋ってさ、密じゃん? 15 分以上の濃厚接触じゃん?
なのでずーっといけずにいたのだ。

でもさすがにもう生活に支障を来しまくるので、空いているのを確認して行ってきた

床屋に行くといつも髪を褒められるんだけど、今日は担当してくれた人に「売れるよー」って言われてしまった。そこまで褒められたのは初めてだ。ボクの髪はストレートでとても柔らかい。そして髪の量が多い。20 代 30 代の頃はもっさもさで毎朝頭が爆発していた。
それが今ではずいぶんと少なくなったと思う。それでも父もそして父方の祖父も母方の祖父も禿げていなかったので、遺伝的にハゲになると言うことはないのだろう(精神的な要因や、髪のケアを怠ることによってのハゲは充分ありうる)。

髪かー。

実はボクの周りの気質の方の女性(ゲーム業界じゃないコミュニティ)は、今、みんな髪を伸ばしまくっている。いわゆる放射線治療などで髪を失った子供たちの為にかつらを作っている所があるのだが、そこに寄付するためだ。60cm 以上伸ばす必要があるのだという。
ボクの髪もそういうことに使えるなら伸ばしてみようかな。でも 60cm って男だと何年かかるんだろう?(汗

鎌倉麦田もちという和菓子がある。
はったい粉がまぶしてあるお餅だ。

山梨に信玄餅という和菓子がある。
こちらはきな粉をまぶしてある。

その写真を見れば解るように、信玄餅は罰ゲームによく使われる。どういう罰ゲームかというと、友達ん家の掃除したばかりの部屋で食べるとか、新車の中で食うとか、上司の風上で食うとか(ぁ
油断するときな粉がどばーっと散ってしまうので、食べるのにテクニックがいるのだ。

で、麦田もちである。
麦田もちに使われているはったい粉は、きな粉よりもさらに細かくてまるでベビーパウダーや小麦粉のような感じらしい。

麦田もちで罰ゲームしたいなぁって思ったっていうただそれだけ(ぁ