かつやより好きかも!

今日は、夜、出向組の同僚たちと飯にでた。
出向組はストレスがけっこうある。というのもウチの会社は、ボクら出向組が何ヶ月(ボクはもう一年以上)もずっと出ずっぱりなのに、出向もせずに仕事もなく何ヶ月も(年単位の人もいる)過ごしている社員がけっこういるからだ。彼らは当然お金を産み出していないので、ボクら出向組が食わせている形になる。

ただこれは同僚の一人からの情報であり、実際にボクが確認したわけではないので、ボク自信は上記のことはそんなにストレスになっていない。そもそも仕事をいただけるだけでありがたいという気持ちがまずある。もちろん彼らのような人達が羨ましいといえば羨ましい。しかもこのコロナ禍、会社はテレワーク推奨なので、仕事が決まってない人達は会社にも来なくていいのだ。
ボクだったら同人ゲーム作れるし、小説だってできるじゃん! って、思う。

ただ上記のようなことが許されると言うことは、実は働いているボクらにも利点はある。
というのも、今はボクは仕事があるが、いつ出向先から切られるか解らないし、今の仕事が終わったあと、次の仕事が決まらないかもしれない。そうなっても、ウチの会社はとりあえずしばらくは飼っていてくれるようだ。

また、仕事が決まらない人達は確かに今は楽かもしれないけど、経歴がまったく付かないというデメリットもある。もし仕事の話が来ても、半年や一年ブランクがあると書類選考で落とされる可能性が高くなってしまうし、最新の技術やトレンドが解っていないと思われてしまうだろう。

だから、仕事そのものはもちろんイヤなんだけど(ぁ、隙間なく仕事を継続している方がトータルとしてメリットの方が大きいだろう。ただねぇ、ボクに関してはもう一つジレンマがある。ボクは企画・ディレクタ・シナリオ ライターなのよ! プログラマーではないのよ!
でもエロゲ業界からこっちに移ってから、基本的にプログラマとしてのキャリアしか積んでない気がする……。

問題は二つあって、一つはボク自身がエロゲ業界が長すぎて、ゲームの作り方がソシャゲ・コンシューマとはだいぶ文化が異なるため、たぶん敬遠されている。
もう一つは企画(プランナ)やディレクションやシナリオの仕事が来たとしても、それらの仕事はそれしかできない人にまず割り当てられてしまうのだ。会社的に稼働率を上げたい場合、企画やディレクションやシナリオの仕事をボクを割り当ててしまうと、それらしか出来ない人があぶれてしまう。ボクにプログラムを割り当てておけば、企画しかできない人、ディレクションしかできない人、シナリオしか出来ない人にも仕事を回すことが出来る。
そんなこんなでいつまでもボクはプログラムから逃れられないのである……困ったものだ。

閑話休題。
で、同僚の一人が川越の方に住んでいるので、その人を送る途中でご飯を食べることにした。この人とは 8/13 にも一緒にご飯を食べている。
時間は 22 時。
ステーキの宮に行きたかったんだけど、残念ながらすでにラストオーダー。
仕方がないので R254 を北上してたら、そういえば行きたいお店があったことを思い出した。それは去年の春のことだ。同じ同僚と『きゃべとん』というラーメン屋に入った。そのきゃべとんのお向かいにとんかつ屋さんがあって、そっちにも行ってみたいと思っていたのだ。

名前は『かつ庵』。

店構え的にどこかのチェーン店なんだろう。かつやと似たようなお店だと推測。バックは大きな外食チェーンなのかなと思ったんだけど、ざっと検索しただけではよく解らなかった。社名も『かつ庵』らしいし……。

ボクが頼んだのはカツ丼とチーズ ロースカツ定食+メンチカツ。定食のご飯は同僚にあげたwww
まずカツがかなりフワフワ。え、まじすか?
値段はかつやとほぼ同じ。一~二枚目の写真がボクが頼んだ 80g のカツ丼でお値段 490 円。ちなみに三枚目の写真は 120g の大盛りとの比較なんだけど、パースのせいで大きさの違いがよく解らなくなってしまったww
チーズカツは塩気のないチーズを使っていて、これにさらにソースを掛けても良いが、チーズと豚の甘味でも充分イケる。メンチカツはフツーだったw もうちょっと肉汁あってもいいのになぁ……。

そんなわけでかつ庵、侮りがたし。かつやよりボクは好きかも。お肉も柔らかかったし、衣はフワフワだし、値段はかつやと変わらないし。もっと近くにもあるみたいなので、また行こう。

期待しないで入ったら意外とイケた坂内

今日はお昼兼朝ご飯のアテがなかったので、坂内に入った。
久しぶり!

いやね、本当は入りたいお店があるのよ。入りたいと思い始めてからすでに何ヶ月も経っているんだけど……でもそのお店はオシャレで客も女性でいっぱいなのね。そんな店にボクみたいなおっさんが入ったら、客も店員も「なに入って来てんの? 空気読めよ、ここがどういう店か解るだろ!」っていう視線を浴せてくること必至なので、せめて客が少ない時に行きたいなと思って……今日もそのお店の前までは行ったんだけど、女性でいっぱいだったので坂内にした(ぁ

坂内は喜多方ラーメンのお店だ。昨今のラーメンの中ではあっさり系になると思う。
ここ桜台では人気のお店で昼飯時は並んでることもある。
桜台店の思い出はあんまり良くはないんだけど(汗)、ボリューミーなセットがあったので頼んでしまった。辛ネギと餃子は追加で頼んだものだ。辛ネギ、チャーシューまで入ってるとは思わなかった。辛ネギだけでよかったなぁ。ラーメンもチャーシューの量がすごいぞ、これでノーマルなのかな??

思ったよりあっさりしていて美味しかったw
期待してなかったからそう感じたのかも?
醤油も出汁もうっすらなんだけど、物足りない感じはなくて、すーっと口の中で広がる感じ。チャーシューも一緒に食べると濃厚になる。
ただラーメンがぬるかったなぁ……もうちょっと熱くてもいいのに。辛ネギをぶち込んだのがいけなかったのかな。

餃子はニンニク感とかお肉感が物足りない感じ。どっちか増やして欲しかった。ボクは餃子は酢だけつけて食べるんだけど、それがいけなかったのかも。

チャーシュー丼はタレがもうちょっと甘いと好みなのになぁと思いつつ……でもそれぞれ堪能出来ました。

埼玉プチ旅行、川越

今日は川越へ出掛けた。
きっかけはドミノピザ10 種のチーズのピザだ。なんでそれが川越と関係するのかというと、「10 種のチーズのピザが食いたいからピザパーティするぞ」って知り合いに言ったら、その知り合いが「車持ってるヤツが来るならどっか連れてけ」って話になって、でもコロナ禍だしあんまり遠くはやめた方がいいんじゃとかいろいろ相談して、川越になった(笑い

まずはお昼頃に集合して、加須で人気のうどん屋さんで朝ご飯兼昼ご飯。『つかさ』という名前らしい。
確かに、12:30 頃に店に着いたんだけど、凄い人! 駐車場もほぼ満車。
一応、並べずに席には座れたけど、厨房が忙しいせいか料理が出てくるのに 30 分ほどかかった。すごいなぁ、本当に人気なんだなぁ。

ボクが頼んだのは 4 ~ 6 枚目の田舎蕎麦の天丼セット。温かいうどんだ。加須のうどんの中では麺はちょっと柔らかめ。煮込んではないが、つゆと絡んでおいしい。出汁と醤油のバランスがよくて優しい感じ。ただ天麩羅は個人的にはイマイチw 自分で作ったみたいな衣がベチャッとした天麩羅だった(汗)。

加須うどん讃岐うどんに媚びてなくていいね。東京の蕎麦屋で出すうどんは、ホントにつゆが黒いうどんが減ってしまった。

さて、お腹いっぱいのなったのでさっそく川越へ向かう。
最初の目的地は『川越氷川神社』だ。
埼玉県氷川神社が多い。東京も埼玉県と隣接する北側にはちらほら見られる。
祭神は基本的に素戔嗚だが、実際の所関東の場合は元々それぞれの土着の神を信仰していた場所の可能性が高いとボクは見ている。とはいえボクは考古学者ではないので、ただの素人の意見でしかないが(汗

川越の氷川神社はなにやら営業活動に熱心らしく、式場(?)が隣接していて、結婚式なども行えるようだ。さすが縁結びの神社。とはいえ大社もそうなのだが、ボクには素戔嗚に縁結びのイメージがない(笑)。記紀を読む限り縁結びの部分はとても些末なことのように見える。

写真は最初の三枚は iPad Pro の広角レンズで撮ったものだ。iPhone では入りきらないエリアをカバーできてとてもありがたいのだが……あのデカい iPad を掲げて写真を撮るのはちょっと違和感があるw

式場となる氷川会館から通じる参道の鳥居に掲げられている扁額の文字は、勝海舟の筆らしい。

境内は奥にも続いており、末社が幾つも置かれていた(写真の 11 ~17 枚目)。総社としての機能もあったのだろう。

参拝客も多く、特に晴れ着を着た人が多かった。結婚式もあったようで、団体さんがしきりに並んで写真を撮っている姿も見られた。

次に行ったのが川越城跡とそのお向かい(?)にある三芳野神社。今ある川越城跡の建物(一~二枚目)は江戸時代のもので、太田道灌時代のものは盛り上がった土塁などが残っているのみ。建物は当時で言う市役所的な役割や病院的な使い方をされていたらしい。

三枚目以降は三芳野神社のもの。キレイ。詳しくは Wikipedia 参照のこと(ぁ

印象的だったのは長い参道(8~10 枚目)。9 枚目の写真は 10 枚目と同じ場所に立って iPad で撮影したものだ。実はこの立っている場所のすぐ後ろは住宅街でこれ以上後ろに下がれなかったのだ(汗)。こう言うときも広角レンズはありがたい。

猫たちはこの参道の入り口の所にいた。最初階段に寝ている子しか気付かなかったんだけど、いつにまにかわらわらと集まってきた(汗)。計 4 匹だが遠巻きに見ている猫も何匹かいて、神社に猫はつきものというジンクスはここ川越でも変わらないようだ(もっとも氷川神社の方にはいなかったが)。

あとこの川越城跡と三芳野神社の間に小峰商店という駄菓子屋さんがあった。しかもイートイン付き。昭和感がすごい。そして子供たちがたくさんいたので、今でも愛されているのだろう。こういうお店、そういえばとんと見なくなったなぁと思った。今の子供たちはどこでたむろしているんだろう。

 

(MP4 / H265 / 1080p / 60fps / 16Mbps / 0'44" / 85.3MiB / iPhone XS)

それから川越の駄菓子屋街に行った。今日の旅のメインは実はここである(汗)。写真が一番少ないけど(ぁ
そして人がけっこういた。
写真も実はそれなりに撮ってあったんだけど、同乗者が写りまくりだった(汗)。

ここは蔵街にも近いのでそぞろ歩くにはちょうど良い。菓子屋屋に留まらず、いろんなお店が出ているので、それらを見ているだけでも楽しいっていうか、ボクはずいぶん前(それこそ 20 年くらい前だと思う)に来たことがあるのだが、その頃に較べて菓子屋が減ったww なんかお土産物街と化してしまった。
あとなぜかサツマイモ推し。川越ってサツマイモ有名なんだっけ?

とりあえず本わらび餅買った。

写真は一~二枚目がレモネード専門店。とにかく酸っぱいヤツくれ! って注文したのが、右のデカいヤツ。右のはフローズンなレモネード。酸っぱい方は絞り終わったレモンまで入っている。渋みもないことはないが、そこそこの酸っぱさ。これが標準でもイイくらい(ぁ
あとから調べたら、川越の店ではなくて、ただのチェーン店だった。
三枚目はスイートポテトのパイ

しかし途中でけっこう強い雨が降り出してしまって、16:30 頃、川越観光は終わった。

帰りにドミノピザに寄ってお目当ての 10 種のチーズ ピザを買って帰る。
う~ん、チーズ感が薄かった。
あれー、おかしいなぁ。デリバリーのチーズと言えばドミノが一番お金かかってる気がするんだが。
もっとこう、チーズで腹が膨れた感じになるのかなと思ったんだけど、普通にピザで腹が膨れた感じと変わらないというかなんというか。生地も薄いものを選んだのになぁ。

ニューヨーカー 1kg ウルトラチーズみたいなのを期待しすぎたのかも(汗)。写真を見れば解るけど、チーズ以外にも乗ってるものが多すぎるのがいけないのかもしれない??

浅草橋に日乃屋カレーがやってきた!

くだらない Twitter ネタなど。

PC 関連ブランドのパクリ AV ブランドを考えてみた。

  • I/O データ -> エロデータ
  • エレコム -> エロコム
  • ロジテック -> ホジテック
  • ロジクール -> ロリクール
  • バッファロー -> ファックろう

何でこんなこと考えたんだろう? よく解らないww
ロリクールいいね、ロリクール。ホジテックもなんかやらしい。ほじるって別に下ネタ用語じゃないのにね。

ボクが好きな日乃屋カレーが、浅草橋にできていた。嬉しい。
ここのカレールーはちょっと甘みが強すぎるものの、コクがあって好きなのよねぇ。

Apple の名を騙ったフィッシング メール。ただ文面がけっこう変。
それでも文章とか From メール アドレスとかから、これを spam 判定してしまうと、spam フィルタが Apple からの正規のメールもはじくようになっちゃうかも? ところで文面を自前で用意しているため、翻訳がおかしいんだけど、オリジナルのをコピペして使えばいいのに……っていっつも思う(ぁ

下の写真は近くのスーパーで売ってた弁当なんだけど、酢豚の具が妙にしっかりしているので、思わず写真を撮ってしまった。なんかどこかの仕出し屋さんに頼んだとか言ってたんだけど、スーパーで売っている弁当にしては味も見た目も立派だった。