ポリコレ問題

旅の途中ですが、その旅行中に見つけてしまった記事についてちょっと書こうと思う。
なんだか世の中が息苦しい。おかしい、こんなはずではなかった。
なんの話かというと、ポリコレ問題である。ポリコレとは何か? いやまぁ、ポリコレ自体はけっして悪いものではない。とても良い傾向の一つだ。問題はそれに粘着する人たちだ。いや、何もそれはポリコレだけではない。

もっと端的に言うと、他人のほんの些細なミスさえも攻撃してくる風潮である。失言やつい出てしまった本音などに、よってたかって群がって袋だたきにする現象のことだ。

おかしい、ボクが予想していた未来というのはこういうものではなかった。モラルが高くなっていくと言うことは、こういうことじゃない。

そりゃね、「いや、あんた、それ差別だよ」とか「その言葉は傷つく人がいるよ」と指摘するくらいはイイと思うのよ。それがもー、人格否定どころか場合によっては暴力にまで発展してしまう。しかも大きな声を上げているのは当事者じゃないことが多い。自分のことでもないのに、何をそんなに怒っているの??? さっぱり解らないよ。

これの根底に、落ち度(罪)のある人は攻撃しても良いというのがあると思う。
悪い奴には何をしてもいいと。正義は我にあると。
どうしてそういうふうに思えるのか……。

あともう一つは人の話を聞いてないwww
ほんと聞いてないww
噂や最初に耳に入ってきた情報だけでたたき始めるwww

他人を叩くってことを何だと思ってるんだ? 叩くからには叩く相手のことをちゃんと調べて、さらに情報源をしっかり吟味して、それでも叩くに値すると判断して叩くべきだ。それくらい他人への攻撃というのは慎重でなければならない。
そりゃね、身内だけの酒を飲み交わしているときに「○○はダメだ」とかは、まぁいいなじゃない? 笑い話で済むしさ。それをよってたかってみんなでやる。ホントにリンチを見ているかのようだ。

結果的にそこで見えているのは、世間のモラル・倫理感の向上とか正義のために叩いているわけじゃなくて、鬱憤晴らすために叩いてるだけっていう。
そしてこのような状況は、自分にも跳ね返ってくることを叩いてる人たちは自覚してるんだろうか? 自分が失言したら、何か問題発言をしたら、今度は自分が集中攻撃を食らい、袋だたきにされ、社会的に再起不能にされてしまうかも知れない。

本当に未来が心配だ……。

この娘はワシのもんじゃ!

ふと思った疑問。とはいえ今は周囲にエロゲを作ってる人間がいないので、聞くこともできない。そもそも作り手にお気に入りのキャラができるのはどのタイミングなのか? 企画段階では存在しないだろう。もしくは作り手の中でずっと温めているキャラを脇役として出すと言うことはあるだろうが、それは上とは異なるし、「こういうヒロインを温めてました」っていう場合は攻略対象(プレイヤーが H できる)キャラだ。

例えばキャラデザが上がってきた時、声優が決まった時に「あっやっぱりこの娘をプレイヤーと H させたくない」って思って、キャラを差し替えたりシナリオを変えたり……とか?(笑い
さすがそんなクリエイターはいないか……。
最近のボクの身近なできごとでは、脇役のキャラデザがメインヒロインより良くて、もっと可愛くないキャラにされたという例はあった。

スター システムを取り入れているクリエイターは今ではそんなに珍しくない(昔から珍しくない?)ので、作り手のお気に入りのキャラをあらかじめ攻略キャラにしないということは多くなされている気がする。少し主旨は異なるが 1/2 summerTimepiece Ensemble黒翼翼をください稲置涼子luv wave の真人京子などはそれに当たる。彼女たちが攻略対象になることは無いだろう。

意図せず脇役が人気になってしまったのは 1/2 summer の草薙一葉いろは青灯籠アオである。もっとも後者のキャラを設計したのはボクではなく、ディレクタである。どちらも人気が出るとは思っていなかった。
草薙一葉は発表時に「兄のことが好きで、兄との H な妄想を日記に書いている」という設定と隠れ巨乳に見えるキャラデザがユーザに受けたらしく(?)、その後、メインヒロインが食われないようにこの日記の設定は広報では一切使われなくなった。ゲーム中でもあまり語られていない。また、ゲーム冒頭、主人公が田沢湖に降り立ったときに妹がいないのも、それが原因である。最初は妹と一緒だったが、妹が攻略キャラより先に登場してしまうとますます妹の存在感が大きくなってしまうという指摘を受けたため、妹はショッピングモールの中にいることになった。
ボク的にはおまけディスクか何かで、一葉が書いている日記がけっこう過激で、そしてその通りになってしまうというものを出したかったのだが、実現できずに今に至る。

またこの一葉の件があったため、Timepiece Ensemble の妹キャラは人気が出ないように設定に気をつけたという経緯がある。

なんか自分が関わった作品の話しか書いてないなぁ……そんなつもりではなかったのだが。

北地蔵の硬派な醤油ラーメン

今日は北地蔵に行った。ここは札幌味噌ラーメンの店なのだが、醤油もある。
というわけで、今日は醤油ラーメンを頼んでみた。

過去にも食べたことはあるんだけど、味はすっかり忘れてしまった。

出てきたのはけっこう黒いスープのラーメン。そして醤油の味がほとんどといえばいいんだろうか。出汁は醤油を邪魔しないようにうっすら。そして醤油の味が濃いんだけどしょっぱいとかクドいとか言うのはなく、スッキリ。東京醤油とはまたちょっと違うんじゃないかなぁと思いつつ、ご飯が合う(笑い

わりと実直に醤油の味を楽しめるラーメンでした。

上のツイートは、スマートフォンの画面からからふと「今、どこ駅だろう?」と視線を上げたら、反対側のシートに座ってる人が全員スマートフォンの画面を見ているのに気づいた時のものだ。その昔、重たいノート PC を持ち歩いていた。電車の中だけでなく銀行・役所・病院の待ち時間で広げていた。
そんなことをしているのは、ボク一人だけだった。みんな雑誌を読んだり新聞を読んだり本を読んだりしていた。ちなみにその頃はネットなんてできなかった。ただ PC の中に入ってるデータで何とかしてた。

それから W-ZERO3 というスマートフォンを使っていた。この頃も、そういった公の場で画面を見ているのはボクだけだった。W-ZERO3 だけじゃなくて携帯電話でもずっと画面を見ていたけど、ガラケー全盛期になると電車の中でボクと同じようにひたすら画面ばかり見ている人を見るようになった。ボクと同じだ! とは思うが、用途はだいぶ違っていた。

そしてスマートフォンの時代である。
みんな見てる。すごいなぁ……。
何を感じたかって?

「思えば遠くにきたもんだ」って感じたのよね。

車は浮いてないし、道路の代わりにチューブが張り巡らされているわけでもないし、メーターだらけでもないし、相変わらず人間は機械の身体を手に入れられてはないけど……ボクが初めてプログラミングというものを知った時から 31 年……未来に来たなぁって実感したよ。