湯河原、本番編

今日は学生時代からの友人達と湯河原に行ってきた。
実は 10/17 の湯河原行きで「下見編」とついていのたは、今日のための下見だったのだ。
というのも露天風呂がしっかりしたお風呂に行きたかったのだが、ボクは湯河原事情にあまり明るくないため、下見の必要性を感じていたのだ。そもそも箱根・湯河原・熱海辺りのいわゆるブランドで食っていける老舗温泉地は日帰り温泉でも値段がバカ高く、2000 円クラスがごろりとしている。そんな中、1000 円前後で入れる日帰り温泉で、なおかつ露天がしっかりしているところを知りたかったのだ。

前回行った所は温泉そのものは悪くなかったのだが、露天に間しては失敗した。

なので今回は別の日帰り温泉に行くことにした。目を付けたのは『ゆとろ嵯峨沢の湯』というところだ。

出発は 13:30 と前回よりは早め。というのも 4 人ピックアップするのだがそれぞれ住んでいる場所がけっこう離れているので、迎えに行くだけで二時間はかかるだろうと見積もったからだ。西東京市清瀬市武蔵野市と巡って、そこから環八を南下し、東京インター東名高速へ。この時点で 15:30。やはりピックアップに二時間を要した。

途中、海老名サービスエリアで遅い昼ご飯。上りに入るのは初めてとは言わないまでも、かなり久しぶりかも。っていうか建て変わってからは初めてかも。お店の規模は上りに負けずとも劣らないほどの充実ぶりだった。すごいなぁ、海老名。
でもお土産屋さんは上りの方が充実してるかも?
それにしても特に食べたいお店がなく、とんかつで妥協する。『うすいファーム』っていう名前のお店で、厚木ブタというブランドのブタを使っているようだって、自分所の養豚場やんけw 自称に近い(ぁ
まぁでもお肉は柔らかかった。

ただこの手のフードコートでは、受け取った時にソースやら何やらも一緒に受け取らないといけないので、あとでソースが足りなかったり、やっぱりお塩で食べたいって言うときに面倒くさい。のでお店の人にお願いして、ソースと塩を入れるための小皿を別途もらった。
お塩でたべても充分たべられるほど脂肪もほどほどあって、悪くないお肉だと思う。

それからまたひた走り、厚木小田原厚木道路へ入り、国道 135 号で湯河原へ。
一応カーナビはセットしてあったんだけど、曲がるポイントを間違えたらとんでもない細い道へ案内されてしまった(汗)。すれ違うことができないくらいっていうか、エスティマでこの道入るの?? みたいな。そんな道路を通って目的地『嵯峨沢の湯』に到着した。

そして温泉。なんと二時間半も入っていたwww

いやー、でもね、前回行った『こごめの湯』とは違って、露天も充実していて外も見られるし、洞窟湯・打たせ湯もあった。しかも JAF の割引も効いた。次来るときもここにしよう! さらにありがたいのが隣りに 22 時までやっている海鮮専門のレストランがあることだ。今回はいろいろ理由があってそこには入らなかったのだけど、下見編のメンツでまた来たいと思った。

下の写真は嵯峨沢の湯の駐車場から見える湯河原の町である。この景色が露天風呂からでも見られる。
昼間だったら太平洋の見渡せるだろう。さらに写真の下の動画は嵯峨沢の湯に至るまでの狭い道路の様子www
動画の 3:31 からは帰りのもので、狭い道を通らずに済むルートだ。こちらはほぼ片側一車線のちゃんとした道路になっている。行きもこちらから入れれば狭い思いはしなくてすんだのだが……(汗)。

(MP4 / H265 / 1080p / 28Mbps / 60fps / 6’15” / 二倍速)

帰りも同じ道程で戻る。途中、また海老名サービスエリアに寄るwww
今度は上りだ。こちらはもう何度も来ているので、見慣れた風景だ。そもそも下見編の時も寄ったしw
しかし食べたいものはなかったので、クレープとたこ焼き買った。でもそれだとお腹いっぱいにならなかったので、FRENCH TOAST LONCAFE でホットサンドを追加した。たこ焼きは道頓堀くくるだ。最近、東京のあちこちで見るようになった。ボクはたこ焼きミュージアムに行ったときに知った。中がとろとろでそれでいて具はしっかりしていて、美味しかった。
クレープは IDEBOKとかいう名前のお店だ。ホイップクリームがとても柔らかかった。静岡県の牧場が経営しているようだ。

そんなわけで午後を目一杯楽しめたと思う。お風呂に二時間以上入っているなんてのもこのメンツならではだ。つまりそれだけ喋ることがあるということだ。このメンツは、一人一人はボクとそれなりな頻度で会っているが、ボク以外と会うのはそれこそ半年とか一年とか言う単位で会ってないので積もる話がいくらでもある。特に新型コロナ、大統領選などなど世の中も話題に事欠かない一年でもあったし。

ボク自身も本を出したりラジオに出演したりしたので、その報告も出来た。

今度は長野か群馬か栃木あたりにみんなを連れて行きたいなと思いつつ、ボクにとっては有意義な一日であった。

たこ焼きミュージアム

知人が本棚を新調したいということで、幕張に行くことになった。「かねたや 幕張メッセ 家具・インテリア・敷物・寝具 大バザール!」というのがあるらしい。ボクも小さめの棚が欲しいから、なんか安いのがあったら買おうなどと思って、幕張メッセに向かった。

が、このバザール、かなり本格的な家具のモノだった(^^;
カラーボックス程度の感覚で行ったら、高いモノばっかり(汗)。触ってみたら、もちろんいいモノばかりだ。本棚の中の板なんかもボクが上から体重をかけてもびくともしない。もちろんお値段は安くても 5 万円、高ければ数十万円。
そんな品物ばかりがずらりと。って言うか 100 万円オーバーのものなんてザラ。
というわけで、ボクなんかお呼びでないバザールだった。
しかも基本、受注生産なのでボクが来た意味もあまりないという。物が届くのは 2 週間後。せっかくサードシートを片して来たのに、その意味なしw

まぁでも知人はお眼鏡にかなう本棚を見つけたようだ。
ボクは商談場で、周囲で高額の商談が成立するのをぼけーっと眺めていた。あ、あと、商談を担当するお姉さんが一列になって控えている、パイプ椅子を並べてある場所があるんだけど、タイトスカートのお姉さんがずらりとならんでいて、とんでもなくエロかった。だってみんなパンツ見えそうなんだも、あれはけしからん。

で、そのあと晩御飯と言うことで、お台場に向かった。そこには『たこ焼きミュージアム』という大阪のたこ焼き屋さんが集まったテーマパークがあるのだ。お店は以下の 5 店舗。

4 番目の写真に全部のが写ってるかな。左上が『くくる』、左下が『十八番』と『会津屋』、右上が『やまちゃん』で右下が『芋蛸』のはず。
どれも美味しかったけど、ボクが好きな『たこやきくん』ほどではなかった。
驚いたのがどの店も明石焼きを置いてあるということ。大阪に行ったとき、明石焼きなんてほとんどなかったのになぁ。
7 番目の写真の下の船が会津屋のたこ焼きなんだけど、ソースもなにもかけずにそのまま食べるものらしい。元祖とか言っていたが、確かに何もつけなくても美味しい。けどやっぱり、つけるタイプの方がなんだかんだで美味しかったなぁ。
たこ焼き器の鉄板の写真も撮ってきたw

一番最後のクレープは『MOMI & TOY’S』というお店のもの。

1603199176 1603199177 1603199181 1603199182 1603199184 1603199186 1603199187 1603199189 1603199190 1603199193 1603199194 1603199195 1603199196 1603199197 1603199199