車載タブレットとたこ焼きミュージアム

ボクの車には助手席の後ろにタブレットやスマートフォンをホールドするものを付けてある。また運転席の後ろにもスマートフォンなどを挟み込めるポケットがある。なのでここに常に余ってる iPad をセットしておきたいな……と思ってはいるんだけど、盗難が怖いんだよねー。
しかも怖いのは車へのダメージの方だ。余ってる iPad なんてのはもう何年も前のものだし、盗まれたからと言ってそんなに痛くはないが、盗むために車を壊されるだろうからなぁ。

でも iOS は Apple ID がわからないと使えないようになってるので盗んでも使えないはずだ。

とはいえそれが盗む側の人間に周知されているとも考えにくいし……。
どうしたもんか……。

さて、今日からというか先週の土曜日から冬休みに入った。
なのでボク的には休みなんだけど、同僚が会社から荷物を回収したいということで車を出した。そしてそのついでに飯を食うと言うことで、台場に行った(ぁ

台場かよw

行ったのはたこ焼きミュージアム
ここで腹一杯たこ焼きを食う!

というわけで全店制覇。写真は一枚目の左側が『くくる』、右側が『会津屋』。二枚目の左上が『やまちゃん』、左下が『芋蛸』、右側が『十八番』だ。

ここへ来るのは三度目……だったかなぁ?
職場が台場の割にはあんまり来てないのよね……たこ焼きそこそこ好きなんだけど。

改めて思ったのはくくるが平均点高いというか、関東人が想像する大阪のたこ焼きってまさにこんな感じだなっていうか。味が一番調っているように感じる。やみつきになるのが会津屋だ。ソースも何もつけなくても味がある。出汁っぽいような味が沁みてる。
個人的に一番食べづらかったのが芋蛸。かなりもっさり(汗)。とろろ入れすぎなのかしら??

まぁでもどれも美味しかった。ぜひお好み焼きミュージアムも作って欲しいなぁ。

任天堂の自制心と次男坊

任天堂が課金を青天井にしないように呼びかけているという記事。すげーはしょった説明だけどw
ボクは任天堂自身はそんなに好きではないのだけど(特にスーファミ時代)、ゲームやゲーム業界のことを常に考えているのだなと思って最近は脱帽することが多い。業界が何かおかしくなり始めたとき、末端の潰れていく会社や人はそのおかしさに気付いてなんとかしなくちゃって思うんだけど、当然影響力が小さいのでそのまま潰れて終わる。
一方、そのような状況の中でも儲かっている企業はおかしくなったことに気付いていたとしても、儲かっているので改革には乗り出さない。
これは何もゲーム業界に限ったことではないだろう。そして気づいた時には手遅れになっているなんていう話はよく聞く。

任天堂は儲かっているのかというと、よくわからない。ただスマートフォンや無料ゲームの台頭で将来を心配していることは確かなのだろう。

ボク自身は無料ゲーム自体がナンセンスで、ゲームはまずはお金を出して買うものだとは思っているものの、時代は逆戻りしない。無料が当たり前になってしまうと、そもそも無料で出来ないことにお客さんは文句を言うだろう。実際そういう人は増えているし、無料じゃないというだけでプレイしない人も多い。

ただ、じゃぁ無料じゃなければダメなのかというとそういうわけでもないんじゃないかと思っている部分もある。それは業界は違うがラーメンとハンバーガーだ。どちらもかつて 500 円以下で食えるホントにジャンクフードだった。
ところが今はどうだろうか? 普通のラーメンでも 750 円が相場になった。チャーシューなどトッピングを追加すると 1000 円を超えるラーメンはザラにある。ハンバーガーに至っては、そもそも一個が 1000 円越えのものが普通だ。ただハンバーガーについてはまだ市民権を得たとは言いがたい。これからの推移を見守る必要はある。

ゲームもお金を払うことが当たり前になるような流れを作ることはできるのではないかと思っている。まぁボクは末端側の人間なので、こうやってブログに書くぐらいしか出来ないんだけどねw

PayPay で日本でも脚光を浴びつつある QR 決済。あれってめんどくさいと思うんだけど、そう思ってるのはボクだけ? SUICA 見たいに携帯をかざすだけで決済終了する方がよっぽど楽だよね。ただクレジットカードや Felica 決済を導入するにはそれなりのレジが必要になる。
QR 決済は QR を表示さえ出来ればいいので、店側のハードルは低いのかなと(バーコード読み取り機か、QR コードを表示するかどちらかができれば良い)。でもそれってさ、結局はくら寿司やはま寿司みたいに、客側にコストを払って貰ってるんだよね。電子マネーなんかは企業がやるんじゃなくて国でやって欲しいと思う気持ちはあるものの、やったらやったでマイナンバーみたいにgdgdになるんだろうなと思うととてもじゃないがおけないし……。

さて、今日はお昼にちょっと桜台周辺を歩いて食べ物屋を探した。
次男坊というラーメン屋を発見。店内の雰囲気はけっこう緊張感ある感じ(勝手な想像)。これは常連って言うか通が来る店?? ラーメンは鳥白湯のようだ。注文方法が面白い。各席に儲けられた注文カードを自分で選んでそれと一緒にお金を店員に渡すというものなのだが……これは店にも客にもコストがかかるダメな方法なのではって思ったww
いや、客側の負担はそうでもないのか? ただ店員からは「注文したいカードを取って、合計金額と一緒に出してください」って言われたので、「計算も客がするの!?」と思ったのだ。いやまぁしたけどさ。計算できない人とか普通にたくさんいると思うんだけど。

ラーメンはかなりクセのない鳥白湯。臭いもまったくしない。すげー!
あの晴壱だって鳥臭さがけっこうするのに、まったくしない。そしてなめらかでまろやかなスープ。そしてまったく塩気がない。鳥白湯で麺を味わう。ただこってり好きの人からすると塩気がなさすぎると感じるかも知れない。下手をすると味がしないとか言い出すかもしれない(笑い
それくらい淡泊だけど、その代わりたっぷりと鳥白湯を味わえる。

食べログの点数、もっと高くていいのになぁ。

どん伝と小岩探訪

日曜日、午前中は桜台のキリスト教会にいる。で、お昼はだいたいその教会のお世話になるのだが、今日はフラリと桜台駅近辺を歩いてみた。桜台は飲食店がそんなに多くない。しかも日曜日の昼間にやっている店はもっと限られる。

そんな桜台でも行列の出来るラーメン屋がある。ボクはイマイチだと思ったのだが、未だに行列が絶えたのを見たことがない。

結局マックでいいかと思ってマックの前まで行くと、けっこう人が。
中の席もいっぱいで、しかも店内はとてもうるさそうに見えた。
うーん、それならさっきチラッと見たうどん屋さんに行ってみるか、と引き返した。

うどん屋さんのは前は『どん伝』。中に客は二人だけ。
マックにあんなに人がいるのに、なんでこっちはこんなに少ないの? つーか、桜台自体に潜在的な客は多いのだなと思った。こちらは静かで落ち着いて食べられそうだ。

カレーうどんを推していたので頼んでみる。出てくると、名古屋式ではなかった。出汁のカレーはけっこう好きだ。うどんは讃岐寄り。つるつると行けた。おいしい。豚丼は肉がちょっとパサついていた。個人的にはもうちょっと汁につかっていたほうが好きだったかも知れない。

店主は一見気難しそうな人に見えた。普通に挨拶は交わせた。

それそれから、小岩に行った。
ちょっと知人に呼ばれていたのだ。
小岩って縁がない。そもそも山手線よりも東側ってホントに縁がない。それでも弟が両国に住んでいるので、まったく行かないことはないんだけど……。浅草橋には 6 年間通ったから、あそこだけ妙に詳しくなったw

そんな縁のない街なので、ちょっと歩いてみた。
まず行ったのが、エスニックな雑貨屋さんとその中にあるハワイアンカフェ『レインボー カフェ』。
そもそも雑貨屋さんが面白い! ハワイだけでなくポリネシアや東南アジアなどの様々な雑貨が置いてある。食器、調理器具、布製品、楽器、置物、人形や彫刻とかぬいぐるみとか、香やろうそくなどなど。値段はやっぱりちょっと高い。
部屋にワンアクセント置きたいときや、食器なんかを統一したいときとかにいいなぁと思った。
いろいろ買って帰りたかったけど、食器や料理器具はボクが買ってきたものですでにどの戸棚も満杯だwww
これ以上増やせないので断念。

カフェは自家製のジンジャエールやレモネードなどがあった。どの辺がハワイアンなのかボクにはよく解らなかったが、ワッフルとドーナツが売りのようだ。ワッフルは売り切れだったのでドーナツを注文。ソフトクリームは蔵王の酪農家と提携しているようだ。
味はドーナツはけっこう脂凄いw
噛むとジュワーッと出て来るって言うか、そもそもスポンジみたいにめっちゃ小さくなるwww
思ったより甘くなくて、小麦粉感を柔らかい食感で楽しめる。
飲み物はレモネード(ホット)と自家製ジンジャーエール。蓋の真ん中に穴があるのはそこにストローを通すため。最初何の穴かわからんかったwww

ボクはレモネードをいただいたんだけど、甘すぎなくてスッキリ。

それから住宅街の中にケーキ屋さんがあると言うので、行ってみる。『パティスリー Mii』というお店。写真見ると解るけど、ホントに住宅街の中に突然現れる。そして一軒家。ちなみに一枚目の写真のレンガ造りの入り口が店だと思うでしょ? コレまったく関係ない、隣の家w
お店はその奥。ちなみに食べログのページはない??

Facebook の写真を見て貰うと解ると思うけど、ここはオリジナル ケーキがすごい。誕生日などで好きなものを三日前までに伝えれば、それに応じたケーキを作ってくれるらしい。お値段もそんなに高くない。普通に誕生日ケーキを買うのに+500 ~ 1000 円くらいだ。えー、マジで!? って思った。

ケーキの方はというと、普通に美味しかった。
甘さ控えめとかそういうことはなく、ガッツリ甘いんだけど、別に喉に絡むようなしつこさもなく。スポンジも柔らかくて、噛んでるといつの間にかなくなってしまう感じの食べやすさだった。