電車にも五十日はある?

今日は保谷駅に着いたときから様子が違っていた。
ホームに人が多いのだ。
それからずっと芝公園に着くまで、有楽町線内・都営三田線内もずっと混んでた。

あくまでもボクの偏見なんだけど、電車ってさ、決まった人が主に乗っているってのがあって、だから土日祝日で変わることはあっても平日は特に変化なんてないだろうなんて思ってたから驚いた。考えてみれば今日は五十日でもあった。でも五十日はただの気のせいという話もあるらしい……。

そして帰りの電車も人凄かった。今日はいったい何だったんだろう??

そして西武線と有楽町線が別れる小竹向原という駅に着いたとき、どんどんと人が降りてみんな和光市方面の電車に乗って行ってしまった。輸送人数は東武東上線より西武池袋線の方が多いと聞いたことがあったので意外だった。
ただここで誤解があったのが、ボクはてっきり有楽町線と言う電車は池袋までで、そこから先は東武東上線だと思い込んでいたため、上のようなツイートをしている。ところが実際は和光市駅まで有楽町線であった。また元々この線路は有楽町線のためにできたものであるから、当然和光市駅に向かう人の方が多いのは当たり前のことであった。

ところでツイートを入力しているときに、「東武東上線」は「とうぶと」まで入力すると候補に現れるのに、「西武池袋線」は「せいぶいけぶくろせん」と全部入力しないと候補に出ないことに気付いた。なんなの Atok! Atok も東武東上線贔屓か!<ただの言いがかり

FreeFileSync というソフトを時々使うのだが、これのアップデート画面で表示されたのが猫の写真で思わず吹いてしまったw 本来なら広告とかあとバンドル ソフトを入れる画面がくる場所なのだが、突然猫が出てきて「広告の代わりです」って出たwww
カワユス。
ヘタに広告出すよりも、こういうほうが寄付する気になるかも?

下の写真は田町駅近くでみつけた讃岐うどんのお店。その名もズバリ『饂飩四国』wwww
セットが妙に安い。そしてかやくご飯はお代わり自由。へー。
うどんは中の中くらい? つるっと喉越しはイイ感じです。もうちょっと固くてもいいかも? かやくご飯もしょっぱくなくて軽くて進みまくり。
讃岐うどんが食べられる店があって嬉しい限り。

平さんとテクノブレイク

新しい勤め先の芝公園は、もともとボクが勤める会社の親会社が入っているビルで、同じ傘下のゲーム会社もすでにいくつか入っている。で、そこに 11/4、ボクらの会社も合流した。そのため、ウチの会社の社員でも先んじてこの芝公園のビルに出向していた人たちがいた。

その人達から聞いていたお店に『平さんの店』というのがあった。

とにかく量が多いから、たまきんも一度食ってみてくれよ、と。
ボクらの仲間内でもひときわ量を食べる人間が、動けなくなったという程だという。
ほほう。
基本丼物がメインのようだ。

実は以前、行こうとして閉まっていたという経緯もある。

しかし大盛りはやんわりと店主に断られたって言うか、すげー多いっすよ、やばいっすよ、それでもいいっすか? みたいな。というわけでとりあえず前哨戦というか様子見というかそんな感じでスタミナ丼を注文する。
豪快な料理音が聞こえてくる。

出てきたのはいかにもデブが喜びそうな見た目である。味も想像通り。ニンニクと甘辛いタレとそしてご飯たくさん! 確かにデブには嬉しいメニューではあるのだがー……すまん、これだったらたぶんボクも家で作れる(ぁ っていうか、よく作ってた、似たようなものを。
そして卵の殻が入ってるwwww ボクも同じミスをよくしてた。

というわけで、サービスはいいんだけど、家でもっと自分好みのものを大量に作れるというお店でありました。

話変わって、オナニーの話(ぁ
上の記事はドイツの記事だが、けっこうな人数がオナニーで死んでいるって言う記事。ほとんどが男性という。やはり男は女よりも性欲が強く、また性的快楽への欲求というか、探求というか、そういう思いが強いのだろう。ある意味快楽の中で死ねるのだからひょっとしたら多幸感と共に死を迎えられているのかも知れないが、気付いたら脱出不可能な状況に気付き、恐怖のまま死んでいった人もいるだろう。

ちなみに女性にオナニー死は少ないとされてはいるものの、おそらく男よりもオナニー死がより不名誉であるから表に出てこないという事情もあるかもしれない(もちろん男でも不名誉に変わりはないだろうが)。ちなみにボクがよく聞く女性の命に関わるオナニーというと首締めである。酸欠状態で迎えるエクスタシーは一度経験すると普通のオナニーでは満足できなくなるのだと何度か耳にしたことがある。
この酸欠オナニーはセックスの時でも快感が増すため、セックス相手にしてもらうというのもあるらしいが……うーむ、力加減を間違えると殺しかねないので男の方は萎えてしまうんじゃなかろうか?www

この首締めには男も関係する話がある。それは強姦目的で女性を殺してしまう人がだいたい自白するのが、相手の首を絞めて死ぬ寸前(もしくは死亡時?)のマンコはとんでもなく締まりがよくなるのだそうな。この快感を覚えると、レイプした相手を必ず絞殺してしまうようになってしまうらしい(レイプするたびに相手を殺すことになるので、自動的にシリアルキラーにもなってしまう)。なので首締めを男性に託すのはよけい恐ろしいことなのかもしれない(マテ

プログラミングする上で致命的な欠点が iPad にはあった(解決)

実は旅行に行っている間、ずっと PHP の開発をしていた(笑い
ツールは iPad +リモートデスクトップである。amatsukami.jp サーバ上にある仮想マシンが実質の開発マシンであり、iPad はそれを遠隔で操作するためのものである。なので、Windows で開発していると言っても良い。
エディタは秀丸だ。

PHP 程度では上記の装備で、そんなに問題ない。デバッグも別に専用のデバッガを起動してブレークポイントを設定したり、メモリやスタックの中をダンプしたりなんて必要もない。PHP なんていうものは、プログラムと言ってしまってもいいものかと恥ずかしくなるくらい簡単な言語である。まぁだからプログラマを引退したボクでもある程度は組めるわけだが。

開発のストレスというのは主にキーボードにある。前にも説明したが、キー入力情報だけを送って Windows の IME を使うと言うことが現時点では iOS ではできない。実際入力した文字情報が Windows には送られる。

  • CTRL や SHIFT などの情報が限られる
  • 日本語の辞書が iOS のものを利用することになってしまう
  • スペースで変換出来ない

まぁ、主にこんな感じだ。何のキーを押したかという情報が送られていれば、処理をするのは Windows の方になるのでかなりストレスが減るのだが、なにをするにも iOS 側で変換された文字情報が行くので、どうしてもこうなってしまう。

今回の旅先の仕事は、新しく組む部分はほとんどなく、出発する前にだーっと組んでおいたプログラムが正常に動くか確認し、動かなかったら修正するというのがメインだった。だから基本的にはデバッグ作業みたいなものだ。だから入力する部分もとても限られている。
だから最初はあまりストレスを感じなかった。

結局、作ってきたプログラムがそのままではなぜか動かす、何か根本的に間違っているのかと思い、いろいろと組むことになった。そこで iOS の新たなクソ仕様が判明してしまうのである。

シングル&ダブル クォーテーションが勝手に全角になって補完されてしまう! しかもそれを OFF にする方法がない!!

どういうことか、プログラマじゃないと解らないことなので順を追って説明しよう。
シングル クォーテーション、ダブル クォーテーションというのは、’ や ” というものだ。日本語で言うと「」みたいなもんだ。これは日本語と同じく、前と後ろで種類が違う。

‘シングル クォーテーションで囲んだよ。’
“ダブル クォーテーションで囲んだよ。”

とまぁ、こんな感じだ。しかしプログラミングではいちいち書き分けはしない。すべて右閉じのものを利用する。

'シングル クォーテーションで囲んだよ。'
"ダブル クォーテーションで囲んだよ。"

そもそも全角の文字を使うこと自体、NG だ。ところが iOS ではこれらの文字を入力すると、始まりは ‘ に、終わりは ’ に勝手にされてしまうのだ。設定にある自動補完機能を OFF にしてもダメ。プログラムではシングル クォーテーションやダブル クォーテーションでコンピュータに与える値を囲むことが多いため、この二つの記号は使いまくるのだ。

結局どうしたかというと、シングル クォーテーションを入力したいときはすでに入力されているシングル クォーテーションをクリップボードにコピーして貼り付けるという方法で回避するしかないのだ。ダブル クォーテーションを入力したくなったら今度はダブル クォーテーションをクリップボードに。
なんだそりゃ???
ウンコ過ぎるだろ。

一応、もう一つ回避方法がある。それは「変換」だ。クォーテーションを入力したあと変換キーを押すと候補に半角のクォーテーションも出てくる。ただこれがよく解らないのが、出てこないこともあるのだ。良く解らん。ただこれに関してはこちらの問題もありそうな気はするが……。

そんなわけで、これは超致命的。プログラミングに全く使えないと断言しても良い。
買い換えを考えるレベルだ。
う~ん、今まで気づかなかったなぁwww
買う前にいろいろ試してはいたんだが……記号の入力ってのはぜんぜん試してなかった……orz
iOS のクソがまた一つ、明らかになってしまったなぁ。

下のスクリーンショットは実際に開発している様子。赤文字になっているのがクォーテーションで囲まれた文字列で、その使用頻度が多いのが解ると思う。

と、さんざん iOS のことをこき下ろしておいて本当にこの自動補完は OFF に出来ないのかもう一度設定画面を眺め見た。そこで気になったのが「スマート句読点」という設定項目だ。あ、ひょっとしてクォーテーションも句読点の一種と扱われているのでは? と思って OFF にしてみたら、クォーテーションの補完も OFF になった! なんだ、やればできるじゃん!
ただし今度は変換を押してしまうと NG。変換すると補完されてしまうのだw ので入力したらすぐに確定しないとダメ。まぁでも今までよりはずいぶんマシだ。これでプログラミングのストレスもだいぶ減るかも??

うどんの写真は、酔壱やさんの讃岐うどんだよ~。透明なだし汁が嬉しい。出汁濃いめ~。

  

串竹のメンチカツ

今日は串竹に行った。揚げ加減が絶妙のお店である。浅草橋は美味しいとんかつ屋さんが多い。一番は丸山桔平だがあそこは並ぶ上に 13 時に行ったのではほとんどメニューがなくなっている。串竹は丸山桔平に匹敵するくらい揚げ加減がうまいと思うんだけどなぁ……。

まぁそれはさておき、今日はメンチカツを頼んだ。木曜日はメンチカツの日なのだ。
いやーこれがまたジューシーで、みっしりしてて、そしてほくほくで美味しかった。
ソースかけなくてもうまい。
ほんのり塩気がある。
木曜日に来たら必ず注文したくなるね(ぁ

でもごめん、写真は豚ロースのとんかつしか撮ってなかった(汗

とあるライブに行くことになって、そのチケットを買ったときの話(なんのライブかは、そのライブの日の日記に書きます)。LivePocket っていうサービスなんだけど、OpenID に対応してたので、Twitter のアカウントでログインしたらメアドとパスワードを登録するように言われたwwww
なんのための OpenID だよwwwww
これじゃ詐欺じゃねーか(登録の手間を省くために既存の ID を使えるようにするのが常套だから)。

というわけで Twitter で登録するのをやめて、トップページに戻ってから新規登録してチケット買った。

ボクは中途採用しか経験したことがないので、上の記事は笑い話でしかないのだが、当の本人たちからすれば真剣な問題なのかもしれない。とはいえ、ボクがどこかの会社を受けるときだってボクが提出する履歴書からうまく検索すれば、この TAMA Networks天津神本舗は見つけられるはずで、まぁなんですな、下ネタや業界ネタが多いから落とされちゃうかもね(ぁ

Instagram 始めました。

サーバ回りの仕事をすることになった。PHPMySQLHTML5 + Javascript で新システムを作る感じ。で、それに伴って TwitterFacebook、そして InstagramWebAPI を叩く必要がくるかも知れないと言われたので、とりあえず Instagram のアカウントを取ってみた。
っていうか、ボクはこの仕事ではプログラマらしい(ぁ
ぇー

で、Instagram で思ったことをつらつらと書く。

  • リア充が多いらしいが、必死な人が多い?
    確かに Instagram のユーザはリア充な人が多いようだ。写真からはそれがヒシヒシと伝わってくるが、同時に伝わってくるのが必死さだ。ボクの思い込み補正が入ってしまっているかもしれないが、ハッシュタグ(#)に、「一つ上の OL」「オシャレママ」「○○が好きな人とつながりたい」「働く女性」「一つ上になろう」「大人女子」「女子力」とかいう言葉がずらーっと並んでるんだもの……。引くわー。
  • PC からは投稿できない
    PC からは Windows 用のアプリを使っても写真を投稿することはできない。
    最初は「何、このクソ仕様」って思ったんだけど、使ってみて実感。これはボクの憶測でしかないが、PC の自由度はシャットアウトしたいのだろう。どうしてかは次の項目で説明。
  • 写真加工が素晴らしい
    Instagram といえばインスタ映えという言葉ができるほどに写真がカッコイイ&オシャレなわけだけれども、これらは全てこの Instagram アプリにある。写真加工がとても使いやすくそして勝手にかっこよく&オシャレになるのだ。Photoshop でも同じことはできるが、あちらは専門的すぎて自分の頭の中にあるなんとなくなイメージに加工するのはなかなか難しい。しかし Instagram では「あんな感じ」「こんな感じ」で操作できるので、簡単に思い通りの写真に加工できる。
    ここで、「思い通り」と書いたが、もう少し深く踏み込むと、ユーザの頭の中にあるイメージなんて言うのはものすごく曖昧だ。Instagram ではテキトーに加工をいじっていると「こう?」「それともこんな感じ?」と、色んなハイレベルな加工を見せてくれるわけである。で、ユーザの脳の中がその Instagarm 側からの提案に塗り替えられて、写真を選んでいる感じになってるんだと思う。

    上の写真は一番左が元写真、それ以外が Instagram による加工である。古めかしくしたり、淡い感じにしたり、逆にビビッドにしたりなどが何の知識も無く可能である。

  • やはり東京の写真がイイネされる
    今回、ボクの Instagram は食べ物をメインにあげている。自分が東京にいるから東京の食べ物屋さんが多いのだけど、旅行にも色々行くので旅行先の食べ物屋さんもあげているのだが、やはり圧倒的に東京の写真がイイネされてしまう。ポケモン Goイングレスの時も思ったけど、地域格差を見せつけられた一例と言えるかもしれない。
  • オタクがぜんぜんいない
    なんだろうね、オタクがいないよ? もっとオタクで Instagram やって、Instagram を汚してやろうぜって思った。オタ絵とかいっぱい貼ってさ。最近さ、オタクだけの場所がどんどんオシャレになったりして、女が来るようになってさ、正直ボクの居場所がどんどんなくなってるんだよね<そこかよ

そんなわけで始めてみた Instagram だけれども、WebAPI からでも画像のアップロードはできないと知り、今はもうほとんど放置状態となっているwwww