舟塚山古墳へ!

今日はとてもいい天気!
かねてより行きたかった茨城県にある舟塚山古墳に取材に行ってきた。本当はもっと身近な場所にある古墳で調べなきゃいけないことはけっこうあるんだけどね……。まぁでも期間限定の資料展示とのことなので……。ちなみにもっと近場の古墳とは埼玉県北部から群馬県や栃木県南部に広がる古墳群だ。
群馬県(毛野国)は早くから西日本の政権(これが邪馬台国なのかは不明)の軍門に降っており(?)、蝦夷(この場合、関東も含む)制覇に一躍買っている。なので調べるべきはそっちのほうなんだけど(ぉ

古代(といっても弥生後期古墳時代くらい)の日本の様子は、西日本は割と解っていることが多いものの、東日本に関しては判然としない。その理由の一つは弥生から古墳時代ともなると、西日本では比較的大きな政権にまとまりつつあったのに対し、東日本では小国家(部族? 村?)が乱立(というかまとまる必要も無かったのであろう)していたため、一つの体系的な歴史が存在しないからだろうと思っている。

とは言え、人は住んでいたし、記紀には東方を平定しに行く話が何度もあり、それは平安時代でもそうであったようなので、何かしらの勢力(と言っていいのかどうかはよく解らないが)があったのは間違いないのだろう。
史実は解らないが、とても簡単に弥生後期~古墳時代のボクの拙い知識をまとめると、こんな感じ。

  • 邪馬台国はあったんだろうが、大和王権とは違う政権
  • 国譲りで譲られたのが邪馬台国? だとしたら出雲が邪馬台国? -> 台与の段階で政権譲渡完了?
  • 九州北部、南部にはまだ独立勢力が現存

というわけで日本列島の西日本と呼ばれるエリアはほとんど一つにまとまりつつあったのではないか、と考えている。出雲が奈良というか大和まで支配下にあったのではというのは三輪山に残る神々の配置が出雲の神だからっていうただそれだけの事なんだけどね。また、浜名湖遠江と名付けられていることから、さらに出雲は越の国に手を焼いていたことから、富山(もしかしたら福井手前までかもしれない)~浜名湖くらいまでは支配下にあっただろうと推測している。

神武東征は戦争による征服ではあるものの、三輪山のようなものが残っているということは国譲りとまでは行かないまでもある程度平和的な解決があったかもしれないのと、垂仁天皇が「出雲をちゃんと顧みなさいな」的な夢を見るという話があるくらいなので、大和が一方的に出雲を叩きのめしたと言うわけでもないだろうと推測している。そういう意味では大和は邪馬台国の領土と政治基盤をそのまま受け継いだとも言える。

というような状況を元に、さて茨城県にあった、関東第二位の大きさもある舟塚山古墳はどんな古墳であったかというのが今回の取材のテーマである。とはいえ、まぁなんだ、だいたいの事は解っているというかなんというか、前方後円墳っていう段階で西日本由来のものであるわけで、西暦 400 年~ 450 年頃に西日本の政権(当時は邪馬台国?)に協力した豪族であろうというのがボクの見解であり、おおよそ展示でもそのようなことが書かれていた。

今回は取材の過程を動画にまとめてみた(笑い

まずは展示物(出土品)。展示場となった『ふるさと歴史館』はとても小さな博物館(?)だ。石岡小学校に隣接している建物で、もともとここには常陸国府があった場所らしい。かつては茨城県の県庁所在地だったということですな。

しかしガラス(アクリル?)ケースに入れられているのは、まぁお決まりのことなんだけど、カメラで撮ろうとすると反射しちゃって困るのよねぇ……これなんとかならんかねぇ。ボクの影が映り込みまくってるしwwww

とりあえず展示物を見た所でお昼ご飯にする。
実は目を付けているお店がいくつかあった。今回の選定基準は昭和の頃からやってそうなお店だ。今時は田舎でもオシャレな店ができているが、そんなところは別に東京でも食えるわけで、むしろ昭和の努力していない店(これは褒め言葉である)を求めた。
とは言え時間は 14:00。やっているか不安だったが、森樹というお店へ。

やばい、中がすごく暗いwww

勇気を出してドアを開けると、おばさんが一人座っていた。
やっていますかと聞くと、どうぞと言われたので入店。よかった!

外観の写真は実はけっこうオシャレ。
しかし内装は……昭和である(笑)。いやー、予想通りで嬉しい。
客はボク一人で、しかも電気も消してあった。ボクが席に着くと電気と TV をつけてくれた。

色々頼みたかったのだが胃袋にも限界があるので、ミックスピザと豚の香草焼き定食を注文。

出てくるのにはそれなりの時間がかかった。まぁ、当然だろう。
ピザはかなり厚い生地で、縁がパイ生地のようになっている。食感は厚い割にはサクサクしている。乗っている具も大きく、食べ応え充分。こちらは味付けはわりとあっさりとしていて海老やチーズの味がぐっとくる。
一方、豚の香草焼きは……しょっぱい!!!
ビックリするくらいのしょっぱさ。
その上に味噌汁、香の物、昆布の佃煮まで来るのだから……本来ならばご飯は三杯以上行ける塩分であった(笑

何はともあれ満足! おなかいっぱいw そもそも量は多めなので、二品頼んだのは無理があったようだ。でもなぁ、もう二度と来ることはないし、色々食べたいじゃない! そういう意味では夜来るのが良いんだよね。そしたらおかず系とか一品物をたくさん頼めるから。

 

さて、お腹がいっぱいになったところで、いよいよ本体の舟塚山古墳古墳へ行く。と言っても、まぁ見てふーんくらいだろうと高をくくっていた。

実際行けばもちろん、それはその通りなんだけれども、186m という大きさは見て歩く分にはちょうど良いかもしれないと感じた。というのも、iPhone のカメラで収まる(笑)。そして収まって立てる場所が開けているというのもありがたかった。
周囲が住宅に囲まれていたりしたら意味ないなぁなんて思っていたからだ。

あとは百聞は一見にしかず、実際に写真をみてもらえれば規模感とか周囲の雰囲気とか掴めると思う。

▼後円墳側にある神社。なぜか本殿があった。本殿は古墳そのものではないのか、と思いつつ。

▼後円墳側の天辺から、前方部を眺めた景色。

▼三角点(?)と後円墳の南側に空いた穴、造り出しの部分にあった地元の人と思われる墓、前方部から後円部を見た景色と、前方部の地面に降りた状態から後円部方向の眺め。

▼前方部から後円部方向をみた眺め

▼全景(左が後円部、右が前方部)

▼全体像

▼古墳周囲の風景。この写真は古墳の北から東にかけてを収めたもので、古墳の北側はこのように畑と平野が続いている。

▼墓と古墳。この古墳の周囲には墓がたくさんあった。二枚目は後円部の神社のあるあたりを遠景から。三枚目は立て札である。

▼下の 5 枚は古墳の南側の道路を捉えたもので、南側は急な斜面となっており(恋瀬川河岸段丘?)、古墳がこの丘の上に建っていることが解った。

以上で取材旅行は終了である。概ね目的が達せられたと思う。
その場所に立ち、その場所で考えることが大事である。
ちなみにこの弥生後期~古墳時代にボクが興味を持っているのは、現段階ではわりと自由に歴史をいじれるからである。いわゆる賢者が活躍できる幅も広い。だからこの辺に物語の仕掛けを持ってくると、個人的には楽しいなぁと思っているしだいである。

さて、帰りは特にどこに寄ることもなく、大人しく帰った。
岩城に温泉でも入りに行こうと思ったのだが、けっこう遠くて諦めた(笑)。

途中、守谷サービスエリアには寄った。ここも昭和の雰囲気を残したぼろっちぃサービスエリアだったのだが、建て変わったと聞いていたのだ。案の定オシャレになっている。お客さんもたくさん来ていた。
とはいえ腹はいっぱいだったので、せいぜい飲み物を買ったぐらいだが(汗

トイレがコントロール パネルが一つにまとまっていてかっこよかった。便座を拭くための消毒液を格納する部分まで一つにまとまっていた。いつもこれは後付けで付いていることが多いのになぁ。

宴、はじまる

今日はコミケの手伝いだった。
で、そのあと、いつもなら温泉旅行に行くのだが、メンバーの疲労がけっこうあるということで、遠出せずに関東をうろちょろすることになった。

下の動画はコミケ会場に向かっている時に遭遇した、何らかのアクシデントが起きたワンボックス。バーストかなぁ?? 音は聞こえなかったし、遠かったのでよく解らなかった。でも事故にならなくてよかった。
運転士さんも適切に対処出来てたと思う。後ろのトラックも追突せず、ナイスだ。

それにしても勤務地が台場なので、コミケ会場に行くのは特別なことでもなんでも無くなってしまったなぁw。前までは年に二回しか行かない場所だったのに。いや、コミ 1 の手伝いをすることもあるから年 4 回か。

合流してから向かったのが、飯。
ボクも朝から何も食っていない。
なんでもどうしても食べたい味噌ラーメン屋があるのだという。
名前がすごい。『将軍味噌ラーメン 三國』。
三国というとボクは三国峠を思い出すのだが、場所的には関係なさそうだ。位置的には上毛野下毛野、そして那須の三国か? それとも三つ目は常陸か? などと思いながら入る。

中は閑古鳥。

いやまぁ飯時じゃないのでこんなもんかもしれないが。
写真は鶏の唐揚げ、餃子、辛味噌、濃厚みそである。濃厚みその上に乗っている肉はすでにタレを付けて焼いたもので、濃厚みそとあいまってさらに味が濃くなっている。味噌の味はこってり系で麺は太めの縮れ。今となってはわりとオーソドックスな気がする。
ボクは卵が余り好きではないというのもあるが、卵がスープの温度を下げてしまい、そこがイマイチだった。そもそも味噌はあまりスープの温度があげられないので、食べているウチにどんどん下がっていくので、そこに生卵はよろしくない。

餃子は肉汁たっぷりで美味しかった。あと写真写り悪いけど、鶏の唐揚げも柔らかくてなかなか。

帰りにデザートを食べようって事で、お気に入りのイタメシ屋『ベルパロッソ』でケーキを買う。
ばばーん! どうですか、この色とりどりのケーキたち。ベルパロッソはイタメシ屋だが、ケーキを買うだけのお客さんもけっこういるくらい、ケーキも有名なお店なのだ。

ここのは甘さがボクにとってちょうど良い。
甘すぎることもなく、また甘さが物足りないこともなく。
そしてスポンジが引き締まってるんだけど柔らかい、なんともイイ弾力なのだ。

それからコタツでうだうだしてたら温泉に行こうということになり、近場のスーパー銭湯形式の温泉へ。
足を伸ばしてタップリ湯に浸かる。
といってもボクは送迎しただけなのでそんなに疲れてないw
実際にコミケで売ったりしていたメンバーはずっと経ちっぱなしだし、朝の 5 時から起きてるしでそうとうお疲れのようだった。

でも上がったら元気になったのか、腹が減ったとか言い出した。
お、おう。
とは言え場所は久喜。個人店はもうやってないだろうと言うことでファミレスへ。

COCO’S

ボク的 COCO’S 定番メニューを頼む。カリカリポテトがね、もう食べ始めると止まらないのよ。
あとタコサラダ。
でも今回のタコサラダはダメだったー。タコスが油でベチャベチャ。胸焼けするー。

というわけで、食って風呂入ってばかりの一日になってしまったwww
しかし実はこれはほんの始まりなのだ(何

袋田の滝へ行く

今日は前々から行きたかった久喜のイタリア料理屋『Grato』に行こうと計画した。そしたらついでにどっかに連れて行けと言われたので、悩む。考えてみればまだ今年は紅葉を撮れていない。
久喜から出掛けて、夜には Grato が閉まる前に戻ってくられる場所で紅葉がきれいなところ……ということで選択したのが袋田の滝だった。

と言うわけで北関東道を水戸方面に走って行ってきましたよ。
ついたら凄い人!
まぁここは人が多いことは知っていた。だから日が暮れるギリギリに来たのだけど、それでも凄い人だった。真っ昼間に来ていたらどうなっていたことやら……。

で、袋田の滝に向かうトンネルがあるんだけどそこの入り口で「酔わないように」との注意書きを見る。「なんだこりゃ?」と思いながらそのトンネルに入ると、なるほど……これのことか。


(MP4 / 1080p / 24Mbps / 2’04” / 358MiB / iPhone 7)

まー、丸い玉がビカビカと映し出されていた。余計なことだとは思うがしかし、なんでこれで酔うのかボクはよく解らなかった。まぁでも設置したはいいモノの、気分を悪くする客が後を絶たなかったのだろう。

結果的に言うと、敗北である。その要因を下に挙げる。

  1. まだ緑が多い!(早かった?
  2. iPhone のカメラでは光量が足りなかった
  3. 来る時間が遅い

この三つの要因により、写真は惨々たるものである。10 年以上前のデジカメで撮ったような画像になってしまった。これでは資料にも使えない……orz 色の深さとでも言おうか? それが圧倒的にたりてないのがよく解る。人混みを避けて遅く来てしまったのがよくなかったようだ。


(MP4 / 1080p / 24Mbps / 1’02” / 180MiB / iPhone 7)

そのあとに温泉に行った。『月居温泉滝見の湯白木荘』というところで、内湯も露天風呂もある。ちょっと銭湯チックだけど雰囲気は悪くない。ただ滝見の湯と言う割には、滝がどこにあるかも解らなかった(汗)。昼間だと見えるのかなぁ??

最後に、久喜に向かう途中で見た痛車。ニッパーを作ってる会社オリジナル キャラなのかと思ったら、たぶんそうっぽい。前の車は新潟ナンバーだったのでその会社の車なのかもしれない??

つくば小旅行

ボクが前にお手伝いしていた会社の OB といんだろうか? そこの会社に勤めていた人たち(今は勤めていない)から同窓会じゃないけど、集まるので来ないかと誘われたので行ってきた。
場所は茨城県牛久市
ここで働いている人たちが良く通っていた喫茶店で食事をし、牛久の観光名所(?)であるシャトーカミヤを見て、それから筑波山で軽くドライブして温泉に入って帰るというプラン。
まずは喫茶店の HAMONA へ(食べログ)。ここ、確か閉店したと思ったんだけどなぁ……。
と、店員に話を聞いてみると、確かに初代店主は店を閉めたんだけど、妹だったかなんだったか、とにかく身内が引き継いでやることになったんだそうな。
ボクはここで食事をとったことはほとんどないのでなんとも言えないのだけど、味はフツー。でもしょっぱくないのは好印象。
1502071293 1502071292 1502071295 1502071298 1502071300 1502071301

その後、シャトーカミヤへ。ボクらの間では牛久シャトーと呼んでいた建物だ。なんでも国の重文らしい。だがしかし、本館は工事中……orz
まぁでもワインとかいろいろ売っている。
せっかくなので、ワイン資料館へ。この近辺にあった酒蔵の看板や道具なんかも残っていて面白い。あとヨーロッパのワイン名産地の地図なんかもあった。お酒はいろいろ勉強したいんだけど(シナリオを書く上で、必要になることが多い)、自分がお酒を飲まないので、こういう資料館は有難い限りである。
1502071309 1502071308 1502071312

それから筑波山へドライブ。参加者のほとんどが車持ちなので(^^;
そして筑波で温泉に入って、夕方頃解散となった。
温泉は筑波をぬけ、桜川市真壁と言う所で入った(伝心寺温泉)。
この真壁という所はひな祭りで有名らしく、温泉の人がマップをくれた。行って見ると、確かにけっこう人がいて驚いた。全然知らなかったなぁ。

帰り、残った面子でご飯と言うことになった。
で、ボクが前々から行きたかったイラン料理店に行った(食べログ)。ここはとても美味しくて上品なのだが、同乗者達はお気に召さなかったようだ。申し訳ない(汗)。ボクだけ一人で美味い美味いとひたすら食ってしまった(笑)。今度、中東料理が好きな人と来よう。
1502071330 1502071334 1502071338 1502071342 1502071340 1502071345 1502071346

にんたまラーメン

初日の出へは、行きは外環道常磐道国道 354 を使った。帰りは国道 51 を南下し、東関道から首都高を使うことにした。
とりあえずお腹が空いたので、なんかお店があったら入ろうと思いながら、R51 をなんかしていたら、にんたまラーメンが……。千葉・埼玉方面をドライブしていると時々目にするお店だ。
クオリティは高速のサービスエリアの食べ物って感じ(笑)。

東京醤油ラーメンとスタミナ丼を注文。
味、憶えてないwww
東京醤油はなんか懐かしい感じがしつつも、酸っぱさは再現されてなかった。

面白いのが、スカイ捨てカイロを配っていたこと。
車ユーザが主なターゲットなので、需要があるのかちょっと疑問ではあるが……。

1501010968 1501010970

初日の出

実は 27 日頃から大風邪を引いてしまい、かなりの高熱に悩まされながら仕事をしていた。12/31 にお年玉ガチャのページを組み終わって寝たところ、なんとか熱は下がった。クライアントによると、流石に 1/1 には仕事は入らないらしい。

ということで、初日の出を見に行こうと思い立った。

といっても、今、高尾山とかどこ行っても人が多いだろうなぁ……どこがいいだろうか? で、思い立ったのが、以前友人に連れて行ってもらった茨城の海岸である。あそこはちょうど東を向いているはずだ。
車で飛ばせば 2 時間もかからずに行けるんじゃないだろうか?
というわけで、朝の 4 時頃、出発した。

場所は狙い通りではあったのだが、日の出方向にはちょうど雲がかかっており、海から直接出る日の出は見られなかった。ただ、けっこうたくさん人がいて、一人で日の出を見ることはできなかった。
まぁ、そういう所はもうないのかもしれない(もしくは、険しい登山をしないといけないとか)。
そして、サーファーがけっこういたのが驚いた。

1501010944 1501010953 1501010956 1501010964

(MP4 / 720p / 30fps / 10Mbps / 11’02” / 706MiB / iPhone 6 / 8 倍速)

たまきんは、正月に何をしていたか? 2

まだ明けましておめでとうと言いません(ぁ
ボクの中では開けてないから<マテ

1/1 は朝の 8 時までサーバと格闘していたので、寝ました。これで元旦はほぼ終わり。なんともはや、今までとまったく変わらない一日ですな(ぁ で、1/1 がもう終わる頃に起き出して、活動開始。
仕事を始めると行っても、資料集め。ネットって便利だけど、検索のスキルがものを言うよね(汗)。なかなか欲しい情報に思い当たらなくて……困る。まぁ、自分のせいだけど。で、深夜にまず何をしたかというと、ムリヤリ知人を連れてドライブ行ってきた(ぁ
場所は鹿島。東関道でひたすら東進し、海に出たら R51 を北上。R357 で西進し、常磐道で帰って来た。埼玉や山梨の山奥と違って、こっちの方は走りやすいなぁ。
で、年賀状買って来た。なんか、今年もすごいたくさん来た。一昨年まで年賀状って出してなかったんだけどね……orz とはいえ、多いと言っても、20 枚くらいです。でも今まで数枚しか来ていなかったので、ボクにとってはすごいたくさんなのだ。

ところでカー用品屋に入ったんだけど、エンジン・オイルのところがすごい様変わりしててびっくりした。EURO-R に乗っていた頃、最初はカー用品店でオイル交換をしていたんだけど、最後の 4 年くらいはディーラに持っていってかえてもらってたのね。だからボクの記憶に残るエンジン・オイル売り場ってのは、粘度の高いものが高級オイルとしてずらーってならんでた。それこそ、10-60 とか 5 – 50 とか。
ところが今や、0 -10 とか 0 – 20 とかがほとんど! 時代ってスゲー!! これってさ、ひょっとしたら 50 年とかそれくらいぶりの変革なんじゃない? まぁ、昔のオイルの粘性を知らないからなんと言えないけど。
ボクのオイルの認識も改めねばと、もう一度ここで感じた。ちなみに以前感じたときの日記は、こちら
確かに粘度が高いとそれはそのまま抵抗になるわけで、それが燃費に結びついてしまう。でもまさかここまで低粘度のオイルばかりだとは想像もしていなかった。通りでトヨタのディーラでオイルを選ぶときも、粘度の低いのばっかりだなーって思ったのよね。世界の流れが、そもそもそうだったんだなぁ。となると、最近のスポーツカーもそんなに粘度が高くなくてもいいのかなぁ? それともエンジンは回しまくるから、今まで通りのセオリーでいいのかしら?