二日連続カレー。ババヘラもあるよ?

二日(18, 19)連続でお昼がカレーだった。18 日はボンゾ、19 日は NIJI だ。ボンゾもそこそこ久しぶりだ。日記によると 9 ヶ月ぶりっぽい。ちなみにこのボンゾも、会社が引っ越したことによって近くなったお店の一つだ。
ボンゾに行かないのには理由がある。

しょっぱいんだよ~~~!

でもね、それを感じているのはボクだけだというのが、今日解った。と言うのも、よく一緒にご飯を食べに行く同僚二人にその話をしたら、しょっぱいと思ったことはないと返されたのだ。えー!? まじで??
まぁボクの舌が他の人より塩気に敏感なのはある程度自覚はあるんだけどさ(親の料理が出汁ベースで塩分をあまり使わなかったため、大人になって自分の金で外食するようになったとき、外食がしょっぱくて仕方なかった。今はだいぶなれた)。
ちなみに一枚目がボンゾの写真で、ブラックカレー。

そんなわけなのでボクが薄味だとかレビューしている店は、普通の人にとってはかなり塩気が足りないかも知れない?

二枚目以降の写真が NIJI の写真である。今日は奮発してチーズナンも注文してしまった!
カレーパスタは同僚が注文したもので、こちらもなかなか美味しかったらしい。
NIJI は何かとオリジナルメニューがあって面白い店である。

ところで同僚がプロジェクトが一段落して長期休暇をとって東北に釣りに行ってきたのだが、その時のお土産がなんと『ババヘラ棒』だった。こんなのあるのかwwww
ババヘラこの日記にも出てきたことはあるんだけど……それのうまい棒みたいなヤツ。

味は、あまったる~いうまい棒、かなぁ。うまい棒よりも水分少なめ。ぱっさぱさだったw

帰りのバス、客が乗降するたびにタイヤの焦げた臭いがしてた。
毎回するので、このバスがおかしいのかなと思い、自分が降りるときに見てみようと思ったんだけど、自分が降りたときには全く臭わなかった。なので前輪なのか後輪なのかも解らず……あれはなんだったのだろうか……。

久しぶりに NIJI に行ったら電車は歯周病だった

さて、会社が引っ越しして食う場所が凄い減ってしまったんだけど、確かこの引っ越し先の近くにカレー屋さんがあったよなぁ……と、何となく思い出す。
というわけで記憶を頼りに行ってみると……ありました!

NIJI という名前のインドカレー屋さん。日記によると行ったのは 4 年前だった。

他の浅草橋のインド料理屋と違ってここは店内が広々。そしてインドっぽいんだけどインドっぽくないというかなんというか、かかってる音楽もインドの民族音楽じゃなくて Jazz。店員はみんなインドの人にみえる(ネパールか、パキスタンバングラデシュかもしれないけど)。

ランチにチーズナンがあるのはいいね! チーズナン、好きなんだよねぇ。
でも今日は二種類のカレーが食べたかったのでレディースセットに。
味は 4 年前の日記にもあるとおり、まろやか、マイルド。4 辛を頼んだんだけど、もちろん辛いんだけど、あとからコクと甘みが広がる感じ。たぶんハチミツを使ってるんだと思う。これに関しては人の好みが出てしまうのでなんとも言えないが、ボクはけっこう好き。

ところで今日あらためて電車とバスによる通勤時間を計ってみたんだけど、ドア to ドアで 85 分かかった。結構かかるなぁ。ちなみに総武線各駅停車を使った場合の時間ね。中央線快速電車を使うと、時刻表上では 8 分早く着くらしい。
車だと 60 ~ 70 分で浅草橋(もしくは蔵前)にはつくのよね。ただ、駐車場を借りているわけではないので、そこから駐車場を探すという時間が発生する。すんなり見つかれば 5 分後には会社に着いてるんだけど、ダメだと 10 分くらい探してるときもある。
それでも電車よりは速いんだなぁ……と思った。

行きに秋葉原駅から乗ってきたサラリーマン二人。ボクの隣りに座ったんだけど、もー歯周病の臭いがすごい!! ぶわぁぁぁぁって周囲に広がった。どれくらい凄いって、その二人のウチどっちが歯周病なのか解らないぐらいひどい。相手の人はよく我慢出来るなぁ……。

いや、それよりも歯医者に行った方がいいですよって教えてあげたかったwww
電車っていろんな臭いがするなぁ……。

チーズを求めて那須高原に行く

今日は那須~塩原にちゃんと観光しに行く目的で出発した。
とはいえ、お目当てはチーズとハチミツである。今回の旅は同乗者が企画したもので、ボクはわりとドライバーだった。

まずは『湯の香しおばら』という道の駅で休憩&買い物。
おそらくシーズン最後であろうと思われるイチゴが売られていた。さすが栃木県
そして甘くてうまい。ただ、イチゴはボクはそんなに食べられない(ぁ

次に目指すは温泉である。温泉地に来たからにはまずは温泉に入らねば。こちらも同乗者が前にトイレに寄ったときになかなか良さそうだと目をつけていた温泉である。季節はちょうど新緑。若々しい緑を眺めながらの露天風呂、いいじゃないの!

はい、おわったー。つか、土曜日休むか?wwww
それ以前にここは旅館がやっている温泉なのだが、旅館そのものも休みだった。人っ子一人いないし、中暗いし……これって旅館も月火金土は泊まれないって事?? さすがにそれは無いか。日替わり入浴が月火金土はやってないってことかな?

気を取り直して、別の温泉に行く。華の湯という所。まぁほっこりは出来た。

次はハチミツである。なんでも Bee’s Lab というハチミツ専門店があるという。目当ては巣蜜。ウェブサイト見た感じ、なんかすげー意識高い系に見えるんですけど。女子はこういうのすきだなぁとか思いながら入ってみると、店主はわりと気さくな人だった。自分たちは特別ですから的な空気も全く感じないし、言葉遣いもざっくばらんだし、ホッとした<ヲイ
こちらは日本ではまだ珍しい花ごとのハチミツも採取しておられる。なので季節によって当然、売られているハチミツは異なる。売り切れてしまったらもう来年までその花のハチミツは買えない。目当ての巣蜜も売り出すのは夏以降とのこと。

試食もイロイロ出来る。花ごとで味が違うのがよく解るし、そばなどの穀物の花からとれたハチミツはやはり穀物っぽい味わいだった。不思議なものである。

お値段はそれなりにする。まぁ仕方がないことではあるが……。

Bee’s Labo をあとにした我々はこんどはチーズを求めて牧場を目指す。入ったのは今牧場チーズ工房。牧場の中に入っていくと小さな建物があってその中が売り場になっている。入った瞬間、あれ、とは思ってしまった。何でかというと、チーズの種類が少ないのだ。もっと色々あるのかと思ったら、三種類だけ。非常にこぢんまりとした売り場だった。
しかもお値段もけっこうする。

そうなのだ、チーズって高いのだ。その原因の一つは関税なのだが、国内チーズもそれに合わせてあるのでどうしても高く感じてしまう。ボクはここでは山羊のチーズを買った。考えてみればちゃんと味わったことがないなと。

でもそのあと山羊や牛を近くで見られたので満足。牛、でかいなぁ。あとお乳の張った山羊も見られた。乳牛ではよく見るけど、山羊でもあんなにパンパンになるんだねぇ……。

 

ハチミツを買い、チーズを買い込んだ我々が次に目指したのが那須の道の駅『那須高原 友愛の森』。ここには地元の色々な工芸品が置いてあるのだ。けど、まぁ、うん、特に買うものがなかった(汗)。一つ、聖書の有名な聖句が入ったかわいい湯飲みとマグカップがあったんだけど、どっちも家にあまり気味なのよね……。家で足りてなかったら買ってたなぁ。

というわけでこの道の駅の近くにあるフィンランドの森というところにチーズを買いに行く。北欧もチーズなんだ? とか思ったら、ヨーロッパの輸入チーズを取り扱っている店だった。こっちのほうがよりどりみどりで、かなり目移りする。しかしお値段は上の今牧場どころじゃない高さ。うおー、これが関税障壁というものか!?(違
いろいろ悩んだ結果、憧れのゴーダチーズを買う。

ところでここは北欧をテーマにした色んなお店やレストラン、カフェがあるんだけど、パン売ってたのね? うん、北欧のパンは固くて不味かった(ぁ。前に知人が IKEA のパンが固くてあんまり美味しくないと言っていたので、おそらく北欧というのはそういう所なのだろう(何。でも北欧の雑貨屋さんは面白かった。欲しいものはたくさんあったが、買っても一年以内に邪魔になるなと思ったので買わなかったが(汗

 

それから晩御飯だ。何を食うかいろいろ迷いつつも、北欧を体験した我々はやはり肉を食うべきだろうとステーキ屋を目指したのだがその途中でオシャレな(?)カレー屋をみつけてなぜかそこに入ってしまった(笑

RAKUTA という名前で、接客も調理人も日本人だったので日本のカレーだろうと思っていたら、メニューを見たらインドカレーだった。ほほう。なるほど、確かに味もスパイシースパイシーしたものではなく、インドカレーなんだけどマイルドで食べやすく作ってあった。食べログの点数はもうちょっと高くてもいいのではないか?
侮れないのが、量。見た目ではわからないくらい結構量がある。同乗者は食べきれなかったのでボクが食べることに(汗)。まぁいつものことだけど。
あと確かに店内がカワイイ。ゲームにも出したくなるデザインだったなぁ。

カレー屋で腹一杯になった我々は、お風呂だお風呂だと温泉へと舵を切った。
お腹いっぱいになったから、もう何もする気が起きない。お風呂に入ってぼーっとするんだとか思いながら車を走らせていると、気になる幟が見えてきた。『戦国武将ショップ』と書いてあるwwww
なんだこれ、戦国武将だけでやっていけるのか? と、通り過ぎたのにわざわざ戻って入ってみる。

すると中には 20 代くらいの若い女の子が一人ポツンと座っている。
えー? 女子???
とか思いながら店内を回ってて新撰組のコーナーが置いてあったので、はたと気づいた。そうか、これ歴女向けのショップか! それが解った時点でもう興味は失ってしまったのだが(申し訳ないが歴女の歴史の捉え方はボクにとってかなり相容れない)、確かにあとから入ってくるお客さん、みんな女子! はー……やってけるんだねぇ。感心しました。

でも収穫が全くなかったわけじゃない。面白いグッズを見つけたのでそれはまた別の日に紹介する。

何はともあれ温泉である。検索したら新しい日帰り温泉浴場が出来ていたので、そこに行ってみた。『金ちゃん温泉』。小さいけれども源泉掛け流しだし施設は新しいしのんびり出来るし同乗者そっちのけで露天風呂でボーッとしてた。

あとは帰るだけである。いつもは深夜になるのだが、今回は日付変わる前に帰宅することが出来た。朝の 8 時頃から出掛けて夜の 0 時頃帰投。充実した那須~塩原観光だったのではなかろうか。下の写真は 22 時頃寄った佐野 S.A. のもので同乗者は佐野ラーメンを頼んだが、佐野ラーメンが不味いことを知っていたボクは鶏南蛮そばを頼んだんだけど……う~ん、コレもイマイチ(ぁ。しかも佐野ラーメンも結局同乗者が食べきれないと言うので、食うハメになったし(ぁ

そうそう、佐野サービスエリアの建物にツバメが巣を作っていた。で、その時に初めて知ったんだけど、ツバメって人の住んでいる(利用している)建物にしか巣を作らないんだってね。理由は人が利用している建物には外敵が近寄らないかららしい。へー、ちゃんと解ってるんだねぇ……。

和式トイレは滅びてしまうのか?

日本への海外からの観光客が増えているらしい。毎年のように旅行者数を更新しているらしい。そんな中みつけた西洋人(?)が和式便器に遭遇したときのビデオ。笑える。が、しかし日本人でも和式便器離れはけっこうな勢いで進行しているらしく、学校に上がったときに和式しかなくてやり方がわからない児童もいるのだとか。

和式便器の利点は二つあって、①便座がないので他人の尻が触れたものに座らなくてすむこと、②便秘になりにくい。①は潔癖症の人はいいのかもしれない。②はあの和式便器の体勢が排便を促すらしい。なので欧米では和式便器に近い体勢になるように、便器の前に置く踏み台みたいなのを売ってるらしい。

好き嫌いはおいておいて、Instagram の写真加工は本当によく出来ている。あの部分だけでも売りに出してもいいくらいだ。あそこまでしてもいいんだ!っていう免罪符と言おうか、お墨付きというか、そんなものももらった気がするw
なので Instagram を始めた(10/24)あとと前とではこの TAMA Networks でも写真がけっこう変わってきている(はず)。なんていうんだろうね、あぁ、こういう風にしたいときはこうすればいいのかってのが何となく解ってきたので、日記に載せる写真も Photoshop で Instagaram みたいなことが少しずつではあるができるようになってきた。そして、そういうことをするのに抵抗があったのだが、今はすっかり吹っ切れてしまった(爆)。
 
上の写真は左が Instagram を始める前のマルゲリータの写真。右が Instagram 後である。同じ店の料理ではないため単純に比較はできないが、明らかに右の方がエフェクトかけているのが解る(汗)。そして色もどぎつい。

下の写真はアカスのランチ。なんだかんだ言ってインドカレーというとここを利用することが多くなってしまったなぁ。

リバースプロキシの秘密は preserveHostHeader にあり

ボクは aipo というグループウェアを一人で使っているのだが(笑)、一人で使うので、割と URL がテキトーだった。例に挙げれば、https://amatsukam.jp:3333/ って感じ。なんだよこの 3333 って数字は! みたいなw
https は本来 443 で動くのだが(なので何も指定しないと 443 番で通信しようとする)、そちらは色んな人がアクセスするための別のサービスが動いているため、ボクしか使わないグループウェアの方はテキトーなポート番号を割り当てていたのだ。

が、先日リバース プロキシというものを知ったボクはこの aipo も https://amatsukami.jp/aipo/ にできるのではないかといろいろ悪戦苦闘していた。

それがついに解決して、3333 を付けなくてもアクセスできるようになった。
Microsoft 製リバースプロキシである Application Request Routing の preserveHostHeader という設定を True にすることにより、インターネット網からアクセスしてきたホスト名でリバースプロキシ下にあるサーバ群にアクセスするようになった。
というわけでホスト名に関しては、まずは解決。

しかし問題はこれだけではない。aipo はルートディレクトリに配されている。どういうことかというと、https://amatsukami.jp:3333/ が aipo のホームページ(ホームディレクトリ)である。しかしこれを、https://amatsukam.jp/aipo/ にしたい。リバースプロキシだけでは、コレを解決できない(たぶん)。aipo 本体も https://amatsukami.jp:3333/aipo/ にしなければならないわけである。

んでなんとなーく aipo のドキュメントを眺めていると、昔 aipo ディレクトリで運用されていた名残があるような感じで、んじゃー、aipo フォルダってのを作ったら動くんじゃないかと思ってやってみたら動いたwwww
具体的には、aipo のインストール先である「dpl8110\tomcat\webapps」っていうディレクトリに、ROOT というディレクトリがあるので、それをそっくりそのまま aipo というディレクトリ名に変えるだけである(万全を期すなら、ROOT は残しておき、ROOT ディレクトリを aipo というディレクトリ名でコピーする)。こうすることによって、aipo は https://amatsukami.jp:3333/aipo/ で動くようになった。
次に aipo のプラグインなどを提供している container ディレクトリだが、こいつは単純にリバースプロキシで、https://amatsukami.jp/container/ ってアクセスが来たら、aipo のサーバにそのまま飛ばすようにすればよい。ただコレの欠点は、amatsukam.jp では container というディレクトリが使えなくなることだが、別に問題はないだろう(理想を言えば、aipo/container/ にするべき)。

また、3333 という数字をつけなくてすむようになったので、iPhone のカレンダーに aipo のカレンダーが取り込めるようになった。aipo に入力した予定表がそのまま iPhone でも見られる。イイ感じ!

下の写真はお昼に食べに行った「アカス」のランチ。タンドリーチキン付き。真ん中のはタンドリーチキンだよ! 見間違えないでよ!(何

スパイス ガーデンと不思議な歩道橋

今日はお昼にインドカレーを食べに行った。『スパイス ガーデン』という名前のお店だけど、これ、たしかチェーンだよね? まぁ偶然同じ名前になってしまうような単語の組み合わせではあるけどね(笑)。

池袋にもあって、しかも当時、深夜までやっていたのでよく利用していた。

味は安定の味(笑)。めっちゃ美味しいわけではないけど、想像するインドカレーの味がちゃんとする。うまうまい、満足満足。

ただ思ったのは、値段が高い! 渋谷だから?
そう、そうなんだよ、渋谷は飯が高いんだよ!

以下の写真は渋谷を東西に貫く国道 246 号線首都高 3 号渋谷線を渡るための歩道橋。何が面白いって、オーバーパスでもありアンダーパスでもあると言うこと。歩道橋の上を首都高が、下を R246 が通っているのだ。そして音がすごい! 上下からがーがーごーごーと車が通過する音がひっきりなしにしている。

あと保谷駅から歩いて帰っていると、ぽつんと建っていた古い家屋。たしか昔駄菓子屋さんだった気がする(でも肉店って書いてあるなw)。今でもなんかのお店が入ってはいるようだ。

シャンカル

四国からの帰り、食事は姫路城に寄ったときにとった。
最初は蕎麦にしようという話が出たのだが、目的の蕎麦屋が休みだった。仕方がないのでテキトーに姫路市内を流していると、インドカレー屋が目に入ったので、何故かそこに入った(汗)。

名前は『シャンカル』。
なんかカッコイイ(?)。

そして思ったんだけど、時間は 17 時になるちょっと前。そりゃお店やってないよねw
このシャンカルも、入ったら店員さんみんな中でくつろいでたw
でもすぐに作ってくれるとのことで、無事、遅い昼食にありつけた。

味はけっこうまろやかで食べやすい。パパドは無料でついてくる、というか、食事ができるまでつまんでてって感じで出てきた。面白いのは白いカレー。インドにもあるんだ! って思ったら、味はかなりホワイトクリームソース。いわゆるホワイトシチュー的な、それのカレー味って感じだった。

今回の旅はグルメ的にはそこそこだったと思う。海産物も、うどんも食べられたし。
食にはこだわらない旅立ったので、上出来であろう。

1609041551 1609041569 1609041554 1609041562 1609041556 1609041559 1609041565 1609041567