iPhone 7 でも音声と映像がズレる

ボクは毎週、とある教会の説教を iPhone で録画し、Youtube にアップするという作業をしている。普段は iPhone 7 の 1080p 30fps で録画しているのだが、この日は設定が 60fps になってしまっていた(普段は 60fps に設定してるのだ)。

でね、撮った動画というのはそのままでは Youtube にアップできない。
理由は音声で、iPhone 7 のマイクで録った音声は説教者までの距離が遠いし、聴衆の雑音まで入ってしまうため、別途マイクで録音したデータを Premiere で iPhone の動画に割り当ててから Youtube にアップしているのである。

で、この 60fps の動画を Premiere に読み込ませたところ、音声と映像がズレていた……orz
ずれ方は、最初はあっていて、段々ずれていき、1 時間後には約 2.6 秒音声が遅くなるというものだ。しかも不思議なのは、データそのものは後ろでもきっちり揃っていると言うことだ。普通ならば映像が 2.6 秒前に終わり、その後映像が無い状態で音声が 2.6 秒流れるはずなのに、映像が終わったと同時に音声も終わる。

こうりゃぁ、いったいどういう状態なのだ??

まぁ仕方ないので音声の方を 2.6 秒縮めて、縮めた分は映像をカットすることでそろえている。

30fps で撮ったデータは特にずれは無かったのだが、もしかしたら気付かない程度に、実はずれているのかもしれないと思った。原因はなんなんだろなぁ? ボク的には今のところ Premiere よりも iPhone 本体の方を疑っている。

iPhone で小説を書く

自分の会社に勤めている時は、わりと内職をすることができた。そもそも会社で使っている開発機も、中に入っている OS やアプリも全部ボク自身がお金を出したものだったりする。普通会社が用意するものだとは思うが……。

まぁそんなこんなで、自分の会社では、合間合間に自分のコンテンツの開発をしてたりするんだけど、これが出向先だとそういうわけにはいかない。

マシンに何が仕込まれているかも解らないから、出向先の開発機からはプライベートの領域へはアクセスしない。アクセスするときは携帯電話回線から行うようにしている。とはいえそれもボクの席の後ろから見たらあからさまに業務と違うことをやっているのが解ってしまうので、やはり何も出来ないに等しい。

だから、去年は毎月一本は短編を書けていたのに、今年は何も書けてない。
これは何とかしたい……と思い、iPhone でも使えるキーボードを買ってみた。
いわゆる Bluetooth キーボードというヤツだ。

結果はツイートの通り。iPhone の辞書には当然だがボクのクセも、ボクが今まで登録してきた様々な単語も登録されていない。そのために入力そのものがストレスになってしまった……orz
特に固有名詞が絡むと、とことんダメ。
まぁしようがないんだけど……

結局、数日で iPhone での入力はあきらめてしまった。
ちなみに今は ATOK Sync が iOS にも対応して、登録単語は引き継がれるらしい?

 

iOS 版 Google Chrome はいいぞー!

事の発端は iPhone を使って URI をツイートしたりするときに Safari ではある問題が発生していたことだった。Safari で日本語を含む URI があると日本語の部分はそのままになってしまうのだ。

Safari http://amatsukami.jp/2017/03/21/ネタがない/
Chrome http://amatsukami.jp/2017/03/21/%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%81%8c%e3%81%aa%e3%81%84/

Chrome だと日本語の部分が % から始まる変な文字列に変換されているのがわかる。こうしておかないと Twitter などでリンクとして処理してくれないのだ。なので URI をツイートとかするとき、Safari からコピーしてきた URI 文字列から日本語の部分だけエンコードして貼り付けてたんだけど、まーめんどくさい。

そこで、iOS 版 Google Chrome を入れてみた。

するとバッチリ、日本語の部分はエンコードされた状態で貼り付けることができた。有難い!
問題は Safari のブックマークの取り込みなのだが、どうも Chrome に自動で取り込むということはできないようだ。まぁアプリをサンドボックスで動かす iOS の仕組みのせいであろう。
実はボクの iPhone には行きたいご飯屋さんの食べログのアドレスが大量に登録されているのだ(笑)。仕事とかで使うアドレスはほんの少しで、手動でコピー出来るくらい。だが、食べログのアドレスはそういうわけにもいかず……めんどくさいなーw

でね、iOS 版の Google Chrome がすごく速いんだ!
あからさまに表示速度や反応速度が Safari と違う。心地よい速さ!
つーか、なんで Safari こんなに重いんだよって感じ。

もちろん欠点もある。わりと操作系が画面の上の方に固まっているのだ。逆に Safari は下の方に固まっている。片手で持った場合、フリーに動く指は親指なので画面の下の方は届くが上の方は届かないので、上の方を操作するにはもう片方の手が必要となる。
でも、画面を下に引き下げると「新しいタブを開く」「更新」「現在のタブを閉じる」ってのがでてくれるのは非常に便利だ。

そんなわけで、Safari はお役御免になるかもしれない。
下のスクリーンショットは左が Google Chrome、右が Safari。

 

iPhone の動画とか西武池袋線とか萌え時計とか

iPhone で撮影した動画を Premiere で読み込ませると、映像と音声が同期しないという記事は以前にも書いた。原因はわからないまま、現在も動画を編集するときは 60 分 あたり 2 秒ほど音声を短くするという対処方法をとっている。
でもこれをやるのはけっこうめんどくさかった。

上のツイートでは Premiere が直してくれたようにつぶやいているが、実はこれ、iPhone 7 だと問題なく、iPhone 6 ではやっぱり音と映像がずれていた。というのも Premiere 2017 でも iPhone 6 で撮ったデータは相変わらずズレているからだ。
どうやら Premiere が悪いのではなく、iPhone 側のデータに問題があるようだ。

そしてこれは iPhone 7 で解決したわけでもなかった。
2 ヶ月後の話になるが、iPhone 7 でも 60fps のデータは音ズレが発生することが判明。やはり iPhone 側に問題があるようだ。だが、ネットで検索してもこの現象に悩んでる人がいないみたいなんだよねぇ? iPhone はプロが映像作品を作る時にも使われているらしいのでこの問題にぶち当たってる人はいそうなんだけどなぁ。

もちろん気付かれていない(問題視されてない)可能性もある。そもそも音は別マイクで録っているだろうし、ズレも 60 分に 2 秒程度だ。プロの映像作品だと細切れにして撮っていることが多い。5 分や 10 分程度ではズレに気付かない(問題ない)かもしれない。

電車は 5 分くらい遅れたのでは運行情報には出ないようだ。
遅刻したけどな!

萌え時計を自分のサーバに設置せずに使う場合、amatsukami.info サーバを使うことになるのだが、コイツは HTTP で通信しているため、HTTPS なサイトに萌え時計を貼ると表示されなくなる。
う~む、最近は何でもないサイトでも HTTPS を使う傾向にあるし、そもそも Google 検索の検索結果は HTTPS を優先させる措置を執ったため、どうでもいいサイトでもどんどん HTTPS 化している。
ウチも HTTPS にすればいいじゃんと言われるとそれまでなんだけど、IIS 7.5 ではバーチャルホストのどれか一つしか HTTPS のサイトが作れないという欠点があるのだ。現在、ウチのサーバは開発者用のサイトがあるのだが、そいつが HTTPS を使っているため、他のサイトは HTTPS 化できないのである。
IIS 8.0 以降では出来ることは確認しているので、サーバを刷新してからかなぁと思っている。

サンダルとか iPhone のキーボードとか萌え時計とか

12/19 にサンダルが傷み始めたという記事を書いたが、ついに壊れた。ところでお前は毎日サンダルで出社しているのかと言われると、実はその通りで、これは足のムレ対策である。ボクは掌や足の裏に非常に汗をかく体質で、足の風通しをよくするためにサンダルを常用している。

ちなみにかつては臭いもあったのだが、石けんを変えたことによって臭いは全くなくなった。

さて、サンダルの新調である。ボクが履くサンダルはスポーツサンダルでなければならない。理由は車を運転するからで、いわゆる突っかけタイプでは運転中に脱げてしまうと事故の原因になる。カカトを確り固定できるサンダルでなければダメなのだ。
ところがこの手のサンダルは、履いたときにカカトや足首を固定するために結んだり、マジックテープで固定したりしなければならない。これがめんどうくさい<ヲイ
そこで、普通の靴のように足を入れるだけで固定され、かつ風通しがよい履き物はないものだろうか?

ドンキホーテに売ってたwww

ccilu というブランドのサンダルなのか靴なのか解らないが、まぁ、とにかくボディ全体がメッシュになっているので常に空気が入ってくる。これはいいなぁ。しかもお値段 980 円だった。

というわけで、コイツを二足買って、快適に過ごしている。

電車通勤の時間がもったいない。せっかくじっとしてるんだから、シナリオの入力でもできないかなと思って、とりあえず iPhone のフリック入力でやってみたんだけど、正直ストレスがたまるばかり。そこでキーボード付きカバーというのを探してみたのだが……

高い!
う~ん、なんか他にいい方法はないものか。ちなみに、iPhone そのものは自宅のサーバのファイルを直接覗けるようになっていて、小説のファイルも iPhone から編集できるようにしてある。なのであとはキーボードさえ何とかなければなぁ……。

萌えクロックにカウントダウン機能をつけた。どういうことかというと、実際に下に貼ってみたが、発売日とかまでの日にちをカウントダウンする機能。マウスをバナーの上に持ってくるとカウントダウン表示になる。
画像もカウントダウン用(発売日前用)、発売日後が設定できる。つまり発売日後になるとカウントダウンはしなくなり、発売日後の画像が表示されるようになる。

どこか使ってくれないかなぁ~。

いろいろ雑談

iPhone 7 で 1 時間くらいの動画を撮ったら、30% くらい電池を食ったって話。形式は 1920×1080 30ftp。これが 60fps となると 40% 食う。iPhone 6 の 1920×1080 30fps が40% 食ってたことを考えると、それなりに省エネになっているようだ。
しかしこの時気付いたんだけど、iPhone 6 でも 1920×1080 の 60fps って録画できたのね……orz くそー、もっと活用しとけばよかった。

ソシャゲでエロゲって難しいなと思ってて、というのも秘匿しておきたいこと(性的趣向とか、好みな女の子の特徴とか、変態的な部分とか)がどうしてもあるので、なかなかソーシャルに持って行けないというか。
あとヒロインの種類は決められている上に、それぞれのプレイヤーにそのヒロイン達はいるから、自動的にヒロインはビッチになってしまう(ゲーム上ではプレイヤーと一対一に接してたとしても)。

まぁ、なんで、単純に好きな女の子のカードをタップして、エッチすればそれでいいかっていう、ただそれだけのアイデア。エッチのバリエーションはお金出してねって言う。色んなエッチのシチュエーション考えるのが大変かなwww

ネットとかで得られる運行情報ってさ、止まってます/動いてます、何分遅れてます、○○~○○間運転見合わせってのはわかるんだけど、じゃぁその他の区間は本当に運行しているのかとか、○○~○○間見合わせとかの情報がなくて、今いる場所が事故箇所から遠い場合、どこまでいけるのかとか、その辺は行ってみないと解らないよね。
電話で確認できるのかな。でも、電話は迷惑な気もするが……。

この辺の情報をわかりやすくまとめて、一般人に提供するのは難しそうだけど、いつか実現して欲しいなぁ。

そして事件は起こった…

馬鹿話を一つ。
2/1 に iPhone の電磁マネーの使い心地についてレビューしたが、その時に出向先のビルに入るのに SUICA を利用していると書いた。いわゆるカードキーに  FeliCa を使っているわけだが、iPhone 7 にする前、ボクは PASMO のカードをカードキーとして使っていた。
iPhone 7 で SUICA が使えることに安心したボクは、サイフにかさばるし、いつまでも持っているとどこかになくしちゃいそうだしということで、今まで使ってきた PASMO を帰りがけに返却してしまったのだ。
そしてこの時、ボクはカードキーにもなっていることをすっかり忘れていた<バカー
つまり、iPhone 7 をビルのカードキーとして登録することさえ忘れていたのである。

そう!

次の日、会社に入れなくなったのであるwwww

バカだー。ほんとバカだーwww
そのあとキーの紛失手続きだのなんだので、面倒なことに(汗)。

あー、もー、鳥頭よりタチ悪い。